232件中 51 - 60件表示
  • ジョルジュ・タニエル

    ジョルジュ・タニエルから見たバヌアツバヌアツ

    ジョルジュ・タニエル(Georges Taniel、1959年12月18日-)はバヌアツの男子陸上競技選手。専門は短距離走だが、バヌアツ国内の走り幅跳びや三段跳びの国内記録も保持している。ジョルジュ・タニエル フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の気象・地象・天象

    2011年の気象・地象・天象から見たバヌアツバヌアツ

    8月21日 ? 南太平洋のバヌアツ沖でM7.1(深さ40.6km)の地震発生。2011年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス・モーソン

    ダグラス・モーソンから見たバヌアツバヌアツ

    シドニー大学で学んだ。1903年に地質学者としてバヌアツの調査隊に加わり、メラネシアの地質学研究の最初の報告である The geology of the New Hebrides を発表した。1905年にはアデレード大学の岩石学と鉱物学の講師となった。ダグラス・モーソン フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の地震

    2013年の地震から見たバヌアツバヌアツ

    マグニチュード 6.1 バヌアツ, 7月26日 震源の深さ。2013年の地震 フレッシュアイペディアより)

  • インド・オーストラリアプレート

    インド・オーストラリアプレートから見たバヌアツバヌアツ

    また、ニューカレドニアの東方沖からは、バヌアツの西方沖?ソロモン諸島の南方沖?ニューブリテン島の南方沖まで連なる曲がりくねった海溝となる。南から順に南ニューヘブリデス海溝、トレス海溝、南ソロモン海溝、ニューブリテン海溝と呼ばれている。この付近からティモール島までの地域は、海溝や山脈、群島が何重にも並ぶ構造で、プレートの境界が長い間はっきりしてこなかった。GPSによる測定を応用していくつかの説が出されているが、まだ確定していないため、便宜的には、ニューギニア島の北岸?ニューギニア島西部を縦断するライン?タニンバル諸島・ティモール島南岸までを境界として扱うことが多い。マッコーリー島付近からここまでは、太平洋プレートとの長い境界である。インド・オーストラリアプレート フレッシュアイペディアより)

  • ニューカレドニアの生物多様性

    ニューカレドニアの生物多様性から見たバヌアツバヌアツ

    しかし、ニューカレドニアの孤立は絶対的なものではなかった。氷河期の海面の上昇や下降によって、近隣の陸地、つまりソロモン諸島、バヌアツ、オーストラリアなどと地続きになることもあったため、生物種の出入りが容易だった時期もあったのである。そうして、ニューカレドニアに新種が入り込んだり、逆にゴンドワナ起源の生物種が東方の島々に進出する機会を得たりしていたのである。ニューカレドニアの生物多様性 フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツの国旗

    バヌアツの国旗から見たバヌアツバヌアツ

    バヌアツの国旗は、1980年2月13日に制定された。バヌアツの国旗 フレッシュアイペディアより)

  • トロイ・ニール

    トロイ・ニールから見たバヌアツバヌアツ

    2001年5月にソウル・梨泰院で、解雇された同僚の外国人選手の送別会で一般市民と口論の末暴行を働き身柄を拘束される事件を起こし、自身も解雇された。その後はバヌアツのエラコア島をレンタル契約で購入し、リゾート開発を行った。トロイ・ニール フレッシュアイペディアより)

  • ソロモン航空

    ソロモン航空から見たバヌアツバヌアツ

    1975年にマックエアとSOLAIRはに買収された。1976年にビーチクラフト クイーンエア モデル80を2機を受領、ソロモン諸島政府は、株式の49パーセントを取得して、残りの51パーセントを次の5年間で取得する権利を得た。その後の5年間は、ゆっくりとではあるが安定して成長した。新造機のを購入、バヌアツへ運航範囲を拡大した。1984年にソロモン諸島政府は、全ての株式の取得を決定した。国営化の完了後、タルエアーからリースされていた2機のデ・ハビランド・カナダ DHC-6と1機のエンブラエル EMB 110は返却された。ソロモン航空 フレッシュアイペディアより)

  • 海底郵便局

    海底郵便局から見たバヌアツバヌアツ

    2003年5月26日、バヌアツのハダウェイ島海洋自然保護区内、水深約3mの海底に設置された郵便局が、現時点で世界唯一の海底郵便局となっている。海底郵便局 フレッシュアイペディアより)

232件中 51 - 60件表示

「バヌアツ」のニューストピックワード