232件中 61 - 70件表示
  • リオデジャネイロオリンピックバヌアツ選手団

    リオデジャネイロオリンピックバヌアツ選手団から見たバヌアツバヌアツ

    リオデジャネイロオリンピックバヌアツ選手団は、2016年8月5日から8月21日までブラジルのリオデジャネイロで開催されたリオデジャネイロオリンピックバヌアツ選手団の名簿。リオデジャネイロオリンピックバヌアツ選手団 フレッシュアイペディアより)

  • トク・ピシン

    トク・ピシンから見たバヌアツバヌアツ

    このトク・ピシンは、支配する側と支配される側の意思疎通言語として、そして母語が違う者同士の共通言語として、つまりリングワ・フランカとして機能するようになる。同様に発展していくピジン言語・クレオール言語には、バヌアツの公用語にもなっているビスラマ語やソロモン諸島で用いられるピジン語がある。トク・ピシン フレッシュアイペディアより)

  • ツツバ語

    ツツバ語から見たバヌアツ共和国バヌアツ

    ツツバ語(Tutuba)はバヌアツ共和国の住人が日常語として用いている言語である。語族はオーストロネシア語族で、記述のための文字は持たない。ツツバ語 フレッシュアイペディアより)

  • ビスラマ語

    ビスラマ語から見たバヌアツ共和国バヌアツ

    ビスラマ語(ビスラマご、Bislama)はメラネシア・ピジンに分類される一言語。バヌアツ共和国の公用語。英語とフランス語が交じり合い、変化して生まれた言語。正書法はまだ確立していない。ビスラマ語 フレッシュアイペディアより)

  • ムボットゴテ族

    ムボットゴテ族から見たバヌアツ共和国バヌアツ

    ムボットゴテ族(ムボットゴテぞく、Mbotgote)は、バヌアツ共和国のマレクラ島に住む少数民族。小ナンバ族()とも呼ばれる。ムボットゴテ族 フレッシュアイペディアより)

  • ラガ語

    ラガ語から見たバヌアツバヌアツ

    ラガ語(Raga)とは主にバヌアツの北部で話されている言語である。「ラガ」はペンテコスト島全体を指す言葉であるがその南部では、、といった異なる言語が話されており、本言語を指して北部ラガ語()とする場合もある。現地ではHanoという呼称が好まれる。ラガ語 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の国際関係

    中華人民共和国の国際関係から見たバヌアツバヌアツ

    中華人民共和国はオセアニアにおいて8つの国(オーストラリア、フィジー、ミクロネシア連邦、ニュージーランド、パプアニューギニア、サモア、トンガ、バヌアツ)と外交関係を築いている。中華民国は中華人民共和国と国交のない6カ国と外交関係を持っている。太平洋地域は中華人民共和国と中華民国の外交における激しい戦場になっており、そのうちのいくつかの国(ナウル、キリバス、バヌアツ、トンガ、マーシャル諸島)は少なくとも1回は外交相手を変更した。中華人民共和国と中華民国は国交のある国に対して開発の支援を行っている。中華人民共和国の国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • シェパード諸島

    シェパード諸島から見たバヌアツバヌアツ

    シェパード諸島()はバヌアツのシェファ州のからエファテ島の間に存在する諸島。合計の面積は88km2で、では人口は3634人。シェパード諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 白豪主義

    白豪主義から見たバヌアツバヌアツ

    白豪主義は、大英帝国が1788年、オーストラリア大陸を植民地化して、アボリジニを征服・迫害したことに始まる。入植者によって、多くのアボリジニの人々が免疫の無い病気に晒され、また、スポーツハンティングの延長としてアボリジニを殺害したケースすらあった。タスマニアでは一列に並んで島を縦断し、拉致確保した先住民以外は殲滅されたともいわれ、19世紀後半には純血のアボリジニ・タスマニア島民は絶滅したともいわれる。1870年代にはクイーンズランド州で砂糖産業が成長し、ソロモン諸島、バヌアツ、サモア、キリバス、ツバルなどの太平洋諸島のカナカ人(Kanakas)らが年季奉公として徴募される。また強制連行ないし誘拐もあったとされる(こうした奴隷貿易的行為はBlackbirdingといわれる)。連行されたカナカ人らはクイーンズランドやフィジーの砂糖農園(プランテーション)で労働に従事した。白豪主義 フレッシュアイペディアより)

  • メラネシア

    メラネシアから見たバヌアツバヌアツ

    (Southern Oceanic) - フランス領ニューカレドニア、バヌアツメラネシア フレッシュアイペディアより)

232件中 61 - 70件表示

「バヌアツ」のニューストピックワード