232件中 81 - 90件表示
  • リチャード・イワイ

    リチャード・イワイから見たバヌアツバヌアツ

    リチャード・イワイ(Richard Iwai、1979年3月15日 - )は、バヌアツのサッカー選手。ポジションはフォワード。リチャード・イワイ フレッシュアイペディアより)

  • 南太平洋潮位・気候監視プロジェクト

    南太平洋潮位・気候監視プロジェクトから見たバヌアツバヌアツ

    SEAFRAME は1992年から1994年にかけて参加する11の国々、すなわちフィジー、キリバス、トンガ、クック諸島、サモア、バヌアツ、ツバル、マーシャル諸島、ナウル、ソロモン諸島、パプア・ニューギニア(マヌス島)の島の波止場に1つずつ設置された。 やや間が開いて2001年にはミクロネシア連邦のポンペイ島にも12基目の SEAFRAME が作られた。 この他、パラオとニウエにも設置が検討されていたが、2010年現在実現していない。南太平洋潮位・気候監視プロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • (株)世界衝撃映像社

    (株)世界衝撃映像社から見たバヌアツバヌアツ

    ペナルティが世界各地の危険地帯でホッピングを行う企画。ホッピングを行うのはワッキー。これまでにノルウェーの宙に浮く岩、アメリカの孤立した岩(マッシュルームタワー)、バヌアツの火山口でホッピングを成功させている。(株)世界衝撃映像社 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年世界ボクシング選手権大会

    2015年世界ボクシング選手権大会から見たバヌアツバヌアツ

    2015年世界選手権にはロシア、カタール、 バヌアツ、タイ、ベネズエラの5ヶ国が立候補。2013年7月17日、バンコクとの決選投票を制して国際ボクシング協会 (AIBA)から認められた。2015年世界ボクシング選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 砂絵

    砂絵から見たバヌアツバヌアツ

    文字通り砂地に、棒で曳いて描いた絵で、ソナ(Sona。特に一筆絵『Lusona』)は アンゴラ・コンゴ民主共和国国境のTchokwe族により、経路を示したり、動物を表す。ニタス(Nitus)はバヌアツで航路などを表す。一筆巡回紋様であるところはコーラムに似ている。砂絵 フレッシュアイペディアより)

  • 砂絵

    砂絵から見たバヌアツ共和国バヌアツ

    約82の群島からなるバヌアツ共和国には、古来より各島々の部族との通信・伝達手段として、また民族儀式や記録手段として継承されてきた砂絵が残る。砂や火山灰、粘土の上に、砂絵に対する造詣が深い熟練者により、一本の指先で一筆書きで描かれる幾何学模様である。幾何学模様の部分ごとに意味する意図があり、解読する側もまた模様に対する幅広い造詣が求められる。「バヌアツの砂絵(Vanuatu Sand Drawings)」は、2003年に世界無形文化遺産に登録された。砂絵 フレッシュアイペディアより)

  • ゴシキセイガイインコ

    ゴシキセイガイインコから見たバヌアツバヌアツ

    オーストラリア、インドネシア東部、パプアニューギニア、ニューカレドニア、ソロモン諸島、バヌアツ。オーストラリアでは、ゴシキセイガイインコはクイーンズランド州から南オーストラリア州、タスマニア州北西部にかけての東海岸で普通に分布する。生息地は雨林や海岸線の低木地帯、森林地帯である。ゴシキセイガイインコ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ウィリアムズ (宣教師)

    ジョン・ウィリアムズ (宣教師)から見たバヌアツバヌアツ

    1839年にバヌアツのイロマンゴ島で人食い人種に襲われて殺され、その遺体は食べられた。ロンドン宣教師協会からは殉教死と認定される。ジョン・ウィリアムズ (宣教師) フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ王配信仰

    フィリップ王配信仰から見たバヌアツバヌアツ

    フィリップ王配信仰 (Prince Philip Movement) は、バヌアツ・タンナ島の村 (Yaohnanen) に存在する信仰である。いわゆるカーゴ・カルトの一種と見なされている。フィリップ王配信仰 フレッシュアイペディアより)

  • ナギモドキ属

    ナギモドキ属から見たバヌアツバヌアツ

    (syn. ) - "Pacific Kauri", "Dakua" (フィジー、バヌアツ、ソロモン諸島)ナギモドキ属 フレッシュアイペディアより)

232件中 81 - 90件表示

「バヌアツ」のニューストピックワード