66件中 31 - 40件表示
  • バヌアツ

    バヌアツから見た環太平洋火山帯

    バヌアツの島の約半分は火山島で、険しい山の周りに平地が僅かにある。特にアンブリム島、タンナ島、ロペヴィ島の火山は活火山として活動が継続している。残りは、サンゴ礁からなる島である。バヌアツの火山は、太平洋プレートがオーストラリアプレートに潜り込むサブダクション帯によるものであり、環太平洋火山帯の一部をなしている。近海ではたびたびマグニチュード7超の強い地震が起きている。バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見たエファテ島

    シェファ州(Shefa) シェパード諸島(エピ島とエファテ島の間にある)とエピ島とエファテ島(首都ポートビラが所在)などが所属(人口49,000人, 面積1,455 km2)バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見たエスピリトゥ・サント島

    ヨーロッパ人で最初にこの島を訪れたのは、ポルトガル人のペドロ・フェルナンデス・デ・キロスで、1606年4月27日にサント島に上陸している。ヨーロッパ人による植民が始まったのは、ジェームズ・クックによる調査が行われた18世紀末以降のことである。1774年、クックがこの地域をニューへブリデスと命名した。イギリスとフランスの間で衝突が繰り返された後、1906年に両国は、ニューヘブリデス諸島を共同統治領とすることに合意した。1960年代になって、バヌアツの人々は自治と独立を要求し始めたが、英語系とフランス語系の島民が対立し、1974年にフランス語系のタンナ島でタンナ共和国として独立を宣言した(フランス軍による島の制圧で終わった)。1975年にはサント島を中心とした島々でナグリアメル連邦として分離独立の宣言も起きた。1980年に入るとバヌアツの独立を求める声が高まったが、タンナ島で再びタフェアン共和国として独立運動が起きた(これはイギリス軍の制圧で分離独立運動は終結した)。8月21日にはエスピリトゥ・サント島のフランス語系住民が独立に反対し分離運動が起き、ベマラナ共和国と名付け分離独立が起きた。バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見た共和制国家

    バヌアツ共和国(バヌアツきょうわこく、通称:バヌアツ)は、南太平洋のシェパード諸島の火山島上に位置する共和制国家である。西にオーストラリア、北にソロモン諸島、東にフィジー、南にフランス海外領土のニューカレドニアがある。イギリス連邦加盟国。バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見た議会

    議会は、一院制。議席数は52で、全て民選。任期4年。前回選挙は、2002年5月2日投票。穏健諸党連合 15、バヌア・アク党 14、バヌアツ共和党 3、メラネシア進歩党 2、その他または無所属 18。バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見たコンスタンティノープルの陥落

    1452年から1453年にかけて、海底火山の大噴火が複数回起こり、世界の歴史に大きな影響を与えた。(夏のない年、コンスタンティノープルの陥落バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見た太平洋

    バヌアツ共和国(バヌアツきょうわこく、通称:バヌアツ)は、南太平洋のシェパード諸島の火山島上に位置する共和制国家である。西にオーストラリア、北にソロモン諸島、東にフィジー、南にフランス海外領土のニューカレドニアがある。イギリス連邦加盟国。バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見たバンジージャンプ

    バンジージャンプの起源となった成人の儀式「ナゴール」が有名である。バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見たマレクラ島

    マランパ州(Malampa)マレクラ島、アンブリム島、そしてアンブリュム島のすぐ南にある小さな島・パーマ島からなっている。(人口32,000人, 面積2,779 km2)バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見たポルトガル

    ヨーロッパ人で最初にこの島を訪れたのは、ポルトガル人のペドロ・フェルナンデス・デ・キロスで、1606年4月27日にサント島に上陸している。ヨーロッパ人による植民が始まったのは、ジェームズ・クックによる調査が行われた18世紀末以降のことである。1774年、クックがこの地域をニューへブリデスと命名した。イギリスとフランスの間で衝突が繰り返された後、1906年に両国は、ニューヘブリデス諸島を共同統治領とすることに合意した。1960年代になって、バヌアツの人々は自治と独立を要求し始めたが、英語系とフランス語系の島民が対立し、1974年にフランス語系のタンナ島でタンナ共和国として独立を宣言した(フランス軍による島の制圧で終わった)。1975年にはサント島を中心とした島々でナグリアメル連邦として分離独立の宣言も起きた。1980年に入るとバヌアツの独立を求める声が高まったが、タンナ島で再びタフェアン共和国として独立運動が起きた(これはイギリス軍の制圧で分離独立運動は終結した)。8月21日にはエスピリトゥ・サント島のフランス語系住民が独立に反対し分離運動が起き、ベマラナ共和国と名付け分離独立が起きた。バヌアツ フレッシュアイペディアより)

66件中 31 - 40件表示

「バヌアツ」のニューストピックワード

  • 機械学習/ディープラーニング活用サービス