88件中 71 - 80件表示
  • バヌアツ

    バヌアツから見たトルバ州

    トルバ州 (Torba) - トーレス諸島とバンクス諸島が所属(人口7,000人, 面積882 km2)バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見たシンクタンク

    1980年7月30日にイギリス連邦加盟の共和国としてバヌアツが独立、フランスは政情不安を理由に最後まで独立に反対の立場であったが、これにより事実上、イギリス・フランスの共同統治下から独立し、大統領を元首とする「バヌアツ共和国」として出発した。独立した同年に親ソ派でメラネシア社会主義を掲げるバヌア・アク党のウォルター・リニが首相に就任。徹底したソ連偏重策を背景に独裁的性格を強めたが、1991年にソ連が崩壊し、ソ連という後ろ盾を失ったウォルター・リニは党内外から批判が高まり、1991年に解任された。その後、総選挙によりフランス語系の穏健諸党連合のカルロが首相に就任、国家連合党と連立政権を成立させた。2006年7月には環境NGO「地球の友」とシンクタンク「新経済財団」が「地球上で最も幸せな国」に選んだ。バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見た元首

    国家元首の大統領は、儀礼的・象徴的役職である。任期5年で、議会の議員と各州議会議長によって構成される大統領選挙会における投票によって次期大統領を決定する。当選には、3分の2以上の得票が必要で、その条件を充たすまで何度も投票を繰り返す。2004年の大統領選挙では、32人が立候補し、4月8日から12日まで4回の投票を行い、ようやく決定した。バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見たセブンスデー・アドベンチスト

    宗教は、長老派教会 36.7%、英国国教会 15%、カトリック教会 15%、地域固有の伝統信仰 7.6%、セブンスデー・アドベンチスト 6.2%、キリスト教会 3.8%、その他 15.7%。その他には、ジョン・フラム信仰が含まれる。ジョン・フラム信仰とは、太平洋戦線からアメリカ軍が去った第二次世界大戦後、メラネシアの各地で広まったカーゴ・カルト(積荷信仰)の1つで、ジョン・フラムという白人の聖者が莫大な財宝(積み荷)を持って自分たちの島を訪れるというものである。タンナ島では、毎年2月15日に彼を迎えるための盛大な祭りが行われている。バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見たウガンダ

    バヌアツには国営放送のVBTCがあり、インターネットにおいてはウガンダ共和国のプロバイダを使うことが多い。バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見た長老派教会

    宗教は、長老派教会 36.7%、英国国教会 15%、カトリック教会 15%、地域固有の伝統信仰 7.6%、セブンスデー・アドベンチスト 6.2%、キリスト教会 3.8%、その他 15.7%。その他には、ジョン・フラム信仰が含まれる。ジョン・フラム信仰とは、太平洋戦線からアメリカ軍が去った第二次世界大戦後、メラネシアの各地で広まったカーゴ・カルト(積荷信仰)の1つで、ジョン・フラムという白人の聖者が莫大な財宝(積み荷)を持って自分たちの島を訪れるというものである。タンナ島では、毎年2月15日に彼を迎えるための盛大な祭りが行われている。バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見たピジン言語

    言語は、3つの公用語(ビスラマ語、英語、フランス語)の他、100以上の地方言語がある。共通語は、ピジン英語のビスラマ語(ビシュラマ語)である。ビスラマ語は英語を基本に、大洋州諸語のポリネシア諸語や南オセアニア諸語とフランス語が混ぜ合わさってできたクレオール語で共通語としての役割を担っている。バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見たトーレス諸島

    トルバ州 (Torba) - トーレス諸島とバンクス諸島が所属(人口7,000人, 面積882 km2)バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見たタフェア州

    タフェア州 (Tafea) - タンナ島、フツナ島、エロマンガ島、アネイチュム島、アニワ島などが所属(人口27,000人, 面積1,627 km2)バヌアツ フレッシュアイペディアより)

  • バヌアツ

    バヌアツから見たソビエト連邦

    1980年7月30日にイギリス連邦加盟の共和国としてバヌアツが独立、フランスは政情不安を理由に最後まで独立に反対の立場であったが、これにより事実上、イギリス・フランスの共同統治下から独立し、大統領を元首とする「バヌアツ共和国」として出発した。独立した同年に親ソ派でメラネシア社会主義を掲げるバヌア・アク党のウォルター・リニが首相に就任。徹底したソ連偏重策を背景に独裁的性格を強めたが、1991年にソ連が崩壊し、ソ連という後ろ盾を失ったウォルター・リニは党内外から批判が高まり、1991年に解任された。その後、総選挙によりフランス語系の穏健諸党連合のカルロが首相に就任、国家連合党と連立政権を成立させた。2006年7月には環境NGO「地球の友」とシンクタンク「新経済財団」が「地球上で最も幸せな国」に選んだ。バヌアツ フレッシュアイペディアより)

88件中 71 - 80件表示

「バヌアツ」のニューストピックワード