908件中 11 - 20件表示
  • イヌバラ

    イヌバラから見たバラバラ

    イヌバラ (Rosa canina) はバラの一種。学名からロサ・カニーナとも呼ばれる。ヨーロッパ・北アフリカ・西アジアに自生する。イヌバラ フレッシュアイペディアより)

  • シャネルNo.22

    シャネルNo.22から見たバラバラ

    シャネル N°22は、バラ、ジャスミン、月下香などの白い花のノートを持つフローラルアルデヒド系に分類される。シャネルNo.22 フレッシュアイペディアより)

  • 薔薇と海賊

    薔薇と海賊から見たバラバラ

    三島は、『鹿鳴館』を「ロマンチックな芝居」だとすれば、『薔薇と海賊』は、〈私流にずつとリアリスティックな芝居〉だと述べ、『薔薇と海賊』の主題に関わる〈薔薇〉については、次のように解説している。薔薇と海賊 フレッシュアイペディアより)

  • クラック・コカイン

    クラック・コカインから見たバラバラ

    主な方法としては、水タバコを用いる手法と、"convenience store crack pipes"と呼ばれる、元々は小型の人工バラが入ったガラス管(通称love roses)を利用する手法がある。クラック・コカイン フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ド・フュネス

    ルイ・ド・フュネスから見たバラバラ

    園芸会社メイアン社によって、死去の翌年の1984年、彼の名を賛してルイ・ド・フュネスと名付けられたオレンジ色のバラが開発された。1987年に園芸品種名として認定され、ジュネーヴとモンザの品評会で金賞を得た。(日本での流通名はルイドゥフューネまたはルイ・ド・フューネと表記される)立生種のハイブリッド・ティーと、ツルバラ(ルイ・ド・フュネス・グランパン)の2種がある。八重咲きで四季咲き、花びらの数は20枚である。色はいわゆるオレンジ色だが公式には「カプチーノ色」と表現される。ルイ・ド・フュネス フレッシュアイペディアより)

  • 市民四季の森

    市民四季の森から見たバラバラ

    市民四季の森(しみんしきのもり)は、愛知県小牧市にある公園である。通称「四季の森」。公園分類は"総合公園"。敷地面積は27.8ha。アジサイやバラなどの多数植物が植えられている他、動物と触れ合える施設やスポーツ施設などがある。一部のスポーツ施設を除したほとんどの施設が無料で利用できることから、人気を博している。市民四季の森 フレッシュアイペディアより)

  • フォア・ローゼズ

    フォア・ローゼズから見たバラバラ

    フォア・ローゼズ(Four Roses)は、フランスの酒造メーカーであるペルノ・リカールの傘下で1888年に創業したアメリカ合衆国産バーボンの銘柄で、現在は日本のキリンホールディングス(旧:麒麟麦酒(初代))の子会社の麒麟麦酒(二代目、以下キリンビール)が所有している。フォア・ローゼズ(Four Roses、四つの薔薇)の由来は、創業者の Rufus Mathewson Rose と、その兄弟と、二人の息子の4名の Rose によると推測されているが、他にも諸説があり、明らかでない。また、ケンタッキー州のローレンスバーグ蒸溜所は1910年に設立されたミッション・リバイバル様式の建物で、アメリカ合衆国国家歴史登録財となっている。今日でも、ケンタッキー州のローレンスバーグで蒸留されており、米国内では主としてケンタッキー州、国外ではアジアと欧州で販売されている。フォア・ローゼズ フレッシュアイペディアより)

  • 円通院 (宮城県松島町)

    円通院 (宮城県松島町)から見たバラバラ

    円通院(えんつういん。旧字体:圓通院)は、宮城県宮城郡松島町(日本三景・松島)にある臨済宗妙心寺派の寺院である。本尊は聖観世音菩薩。瑞巌寺の南側に隣接してある。通称「バラ寺」「薔薇寺」。円通院 (宮城県松島町) フレッシュアイペディアより)

  • 精油

    精油から見たローズオットーバラ

    水蒸気を利用した蒸留法には、熱水蒸留法(英:hydrodistillation 水蒸留法、直接蒸留法、ハイドロ式蒸留法、らんびき式蒸留法、煮だし式蒸留法)、水蒸気蒸留法(英:steam distillation スチーム蒸留法、常圧水蒸気蒸留)、水拡散法、低温真空蒸留法(英:hydrodiffusion 減圧水蒸気蒸留法)などがある。水蒸気を利用した蒸留は古代から用いられた方法で、原理や作業も単純である。精油のほとんどが水蒸気で分離できることから広く利用された。熱水蒸留法では材料植物を水と混ぜて撹拌し、これを蒸留器(アランビック、らんびき)に入れて沸騰させる。植物を煮るため、エステルなどの化合物は分解される。熱水蒸留法は、ローズオットーの抽出などに用いられる。水蒸気蒸留法では、植物に下から蒸気を吹きかける。精油の製造で主に利用されるのはこの方法である。熱水蒸留法・水蒸気蒸留法では、精油成分を含む蒸気は蒸留器上部から伸びる水冷管で冷却し、精油と水蒸気は別の容器に集められる。精油は疎水性であるため、水と分離している。(詳細は「水蒸気蒸留」を参照。)水拡散法は水蒸気蒸留法とほとんど同じやり方だが、冷却水を節約するために、上記の吹き出し口が蒸留器の上部に、凝縮器への排出口が下部にある。これら蒸気を用いた方法は、100℃以上の熱がかかるので、熱により香りが変質する精油の採油方法としては適切でない。精油 フレッシュアイペディアより)

  • テルペン

    テルペンから見たバラバラ

    リナロールはバラ、ラベンダーに含有される。コリアンダーの葉やパルマローザ油はゲラニオールとネロールを含む。シトロネロールはシトロネラ油から、ミルセノールはタイム油から得られる。ラベンダー油にはラバンジュロールもみられる。イプスジエノールはランの花の香り成分である。これらはモノテルペノイドアルコールである。テルペン フレッシュアイペディアより)

908件中 11 - 20件表示

「バラの花情報」のニューストピックワード