908件中 71 - 80件表示
  • ま・り・あ

    ま・り・あから見たバラバラ

    私立のカトリック系名門校。通称・グリーンガーデン。その名のとおり、花が多く植えられており、特に薔薇の種類が多い。敷地内に男子禁制の女子寮「グリーンハウス」があり、その規則は厳しく、夜8時の門限に遅れると退寮(退学)となる。ま・り・あ フレッシュアイペディアより)

  • カルロヴォ

    カルロヴォから見たバラバラ

    カルロヴォは、海抜386メートルのところにある。バラの谷と呼ばれる大規模なバラの産地の一角をなしている。町を訪れると、目の前に雄大なバルカン山脈が覆いかぶさるように見える。この山脈の最高峰は2376メートルのボテフ峰(Botev)であり、カルロヴォのすぐ近くにある。町はブルガリアの首都ソフィアから140キロメートル、ブルガリア第2の都市でプロヴディフ州の州都であるプロヴディフから60キロメートルのところにある。カルロヴォ フレッシュアイペディアより)

  • ギュルラッチ

    ギュルラッチから見たバラバラ

    ギュルラッチ(、IPA:1)とは、トルコにてラマザン(ラマダーン)時に食べる代表的なデザート。名称はトルコ語でバラを意味するギュル(Gül)に由来し、薔薇水を使って作る。ギュルラッチ フレッシュアイペディアより)

  • ドラモンビル

    ドラモンビルから見たバラバラ

    ドラモンビル(仏:Drummondville)は、ケベック州・センター・デュ・ケベック地方に位置する都市。人口4万6,599人(2001年統計)。バラの温室栽培が盛んである。ドラモンビル フレッシュアイペディアより)

  • ギュールズ

    ギュールズから見たバラバラ

    ギュールズという言葉は、ラテン語で「喉(のど)」を意味する gula を語源とする。このラテン語の単語に由来する古フランス語の gole 及び赤い毛皮の襟巻きを意味する gueules から 中英語の goules へ伝わったとする説、同じラテン語の単語を起源とする英語の食道、のど又は咽頭を意味する gullet から来る動物の口を表す言葉に由来しているという説がある。前者のほうが有力であるが、口と喉はいずれも赤であり、それゆえにこれは意味の転換である。紋章学の書物を著した者たちは、長らくこの言葉が赤い花をつけるバラを意味する gul というペルシア語の単語に由来し、十字軍の帰還によってもたらされたか、ムスリム・スペインを通じてヨーロッパにやって来たものであろうと思っていた。しかし、Brault によれば、この起源を支持する証拠はない。ギュールズ フレッシュアイペディアより)

  • 杉山バラ園

    杉山バラ園から見たバラバラ

    杉山バラ園有限会社(すぎやまバラえん)は、静岡県駿東郡清水町にあるバラ園。愛称は、エルローザ(el-rosa)。杉山バラ園 フレッシュアイペディアより)

  • 薔薇色にチェリースカ

    薔薇色にチェリースカから見たバラバラ

    鮮やかな紅白の薔薇色に輝くウロコを持ち、人間の女性に変身する能力を持った蛇。エルゼンドラにおいて蛇は文字通り「蛇蝎の如く」嫌われていることから人間(特に、優生会メンバー)に対する敵愾心が非常に強いが、ヒロはマシュテバリ学園の生徒であるにも関わらず自分を迫害する意志を持たなかったことから「宿主」となることを命じ、以後の行動を共にする。人語を解したり、傷を治癒するなど様々な特殊能力を持つが、その生い立ちは謎に包まれている。薔薇色にチェリースカ フレッシュアイペディアより)

  • ゲラニオール

    ゲラニオールから見たバラバラ

    ゲラニオール (geraniol) はゼラニウムから発見された直鎖モノテルペノイドの一種。主にローズオイル、パルマローザ油、シトロネラ油に含まれる。また、ゼラニウムやレモン、いくつかの精油にも含まれている。無色または薄い黄色の液体で、水には溶けないが多くの有機溶媒には溶ける。バラに似た芳香を持ち、広く香水に使われている。また、モモ、ラズベリー、グレープフルーツ、リンゴ、プラム、ライム、オレンジ、レモン、スイカ、パイナップル、ブルーベリーのような芳香としても用いられる。ゲラニオール フレッシュアイペディアより)

  • ほしのひかる

    ほしのひかるから見たバラバラ

    花はユリ、バラ、黄色のフリージアなど。嫌いな食べ物はあんみつで、見るのも嫌だそうだ。ほしのひかる フレッシュアイペディアより)

  • トリアコンタノール

    トリアコンタノールから見たバラバラ

    1-トリアコンタノール(1-triacontanol)は、化学式がC30H62Oで表される脂肪族アルコールである。メリッシルアルコール(melissyl alcohol)またはミリシルアルコール(myricyl alcohol)とも。植物のクチクラ層や蜜蝋中で見られる。植物における成長因子の一つで、特にバラにおいて分けつ(株分かれ)の数を急激に増加させる。トリアコンタノール フレッシュアイペディアより)

908件中 71 - 80件表示

「バラの花情報」のニューストピックワード