478件中 71 - 80件表示
  • バラ

    バラから見たレーニエ3世

    レーニエ3世 - 品種名は「ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ」。即位50周年を記念して捧げられた。バラ フレッシュアイペディアより)

  • バラ

    バラから見た大阪府立花の文化園

    大阪府立花の文化園 バラ園(大阪府河内長野市高向)バラ フレッシュアイペディアより)

  • バラ

    バラから見たエッフェル塔

    エッフェル塔 - 品種名は「トゥール・エッフェル2000」。バラ フレッシュアイペディアより)

  • バラ

    バラから見たとっとり花回廊

    とっとり花回廊 バラ園(鳥取県西伯郡南部町)バラ フレッシュアイペディアより)

  • バラ

    バラから見た川口市

    その後、バラが接ぎ木で増やせることから、優秀な接ぎ木職人のいる東京郊外の川口市の安行や京阪神地域の郊外・宝塚市山本で栽培が行われるようになった。バラは皇族、華族、高級官僚といったパトロンを得て、日本でも徐々に愛好され始め、生産量も増え始めた。大正から昭和のころには一般家庭にも普及し、宮沢賢治が「グリュース・アン・テプリッツ(和名:日光)」を愛し、北原白秋の詩にもバラが登場している。バラ フレッシュアイペディアより)

  • バラ

    バラから見たクレオパトラ7世

    古代ギリシア・ローマでは、バラは愛の女神アプロディテもしくはウェヌス(ヴィーナス)と関係づけられた。また香りを愛好され、香油も作られた。プトレマイオス朝エジプトの女王クレオパトラはバラを愛好し、ユリウス・カエサルを歓待したときもふんだんにバラの花や香油を使用したと伝えられている。バラ フレッシュアイペディアより)

  • バラ

    バラから見た香水

    現在では鑑賞用として栽培されることが圧倒的に多いが、他にもダマスクローズ(Damask rose)の花弁から精油を抽出した「ローズオイル(Rose oil)」は、香水の原料やアロマセラピーに用いられる。バラ フレッシュアイペディアより)

  • バラ

    バラから見たエディブル・フラワー

    日本では農薬のかかっていない花弁をエディブル・フラワーとして生食したり、花びらや実をジャムや砂糖漬けに加工したり、乾燥させてハーブティーとして飲用することもある。バラ フレッシュアイペディアより)

  • バラ

    バラから見た浜名湖ガーデンパーク

    浜名湖ガーデンパーク バラ園(静岡県浜松市西区)バラ フレッシュアイペディアより)

  • バラ

    バラから見たマリア・ルイーザ (パルマ女公)

    マリー・ルイーズ・ドートリッシュ - 品種名は「マリー・ルイーズ」。バラ フレッシュアイペディアより)

478件中 71 - 80件表示

「バラの花情報」のニューストピックワード