前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
144件中 1 - 10件表示
  • 2007年のメジャーリーグベースボール

    2007年のメジャーリーグベースボールから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    サンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズ外野手がペトコパークで行われた対サンディエゴ・パドレス戦でクレイ・ヘンズリー投手から今季21号ホームランを放ち、通算ホームランを755本として、ハンク・アーロンの持つメジャー歴代1位記録に並んだ。2007年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ケント

    ジェフ・ケントから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    - まで6年連続、 - まで2年連続で20本塁打・100打点以上を記録している。サンフランシスコ・ジャイアンツ時代には、メジャー屈指の強打者である3番バリー・ボンズの擁護役として4番に座り、にMVPを獲得した。ジェフ・ケント フレッシュアイペディアより)

  • サンフランシスコ・ジャイアンツ

    サンフランシスコ・ジャイアンツから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    メジャーリーグ屈指の名門球団であり、20世紀初頭のジョン・マグロー監督時代の黄金期、ウィリー・メイズらが活躍した1950年代までにワールドシリーズ優勝を5回果たしている。サンフランシスコ移転後には2010年、2012年、2014年に優勝を達成。リーグ優勝通算23回、ワールドシリーズ進出20回はともにナショナルリーグ最多である。1993年から2007年まではバリー・ボンズが在籍し、通算、シーズン双方の本塁打記録を更新している。サンフランシスコ・ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • ゲーム・オブ・シャドウズ

    ゲーム・オブ・シャドウズから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    ゲーム・オブ・シャドウズ:バリー?ボンズ、BALCO、そしてプロスポーツを揺るがしたステロイドスキャンダル(Game of Shadows: Barry Bonds, BALCO, and the Steroids Scandal that Rocked Professional Sports)は、3月23日にサンフランシスコ・クロニクル紙記者であるマーク・ファイナル・ワダとランス・ウィリアムズの共著によって出版されたノンフィクションのベストセラー本であり、バルコ・スキャンダルを中心に描かれている。著者はから少なくとも5シーズンにわたり、バリー・ボンズがアナボリックステロイドやヒト成長ホルモン(HGH)などの様々な運動能力向上薬物を使い続けたと主張している。ボンズ以外にベニート・サンティアゴ、マリオン・ジョーンズ、ティム・モンゴメリ、ビル・ロマノフスキーらの薬物使用疑惑も取り上げている。ゲーム・オブ・シャドウズ フレッシュアイペディアより)

  • ミッチェル報告書

    ミッチェル報告書から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    アメリカ合衆国上院議員を務めた経験を有するジョージ・J・ミッチェルは、3月30日にバド・セリグコミッショナーからメジャーリーグベースボール(MLB)での運動能力向上薬物の使用を調査するよう要請された。当時、本塁打王のタイトルを獲得したバリー・ボンズによるアナボリックステロイドやヒト成長ホルモン(HGH)などの薬物の使用を取り上げた『ゲーム・オブ・シャドウズ』によって、この問題に批判が集まっていたのが原因であった。この決定の前に複数の議員からMLBでの薬物取締活動の実効性に疑義が呈された事が、セリグコミッショナーやドナルド・フェア選手会専務理事を決断させたと報道されている。ミッチェル報告書 フレッシュアイペディアより)

  • 30-30クラブ

    30-30クラブから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    バリー・ボンズ(1990年に53盗塁、2001年に73本塁打。)30-30クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    2006 ワールド・ベースボール・クラシックから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    12月5日にMLB機構はその時点で出場に合意したMLB所属の177選手を発表した。ドミニカ共和国代表にデビッド・オルティーズ内野手(ボストン・レッドソックス)、アルバート・プホルス内野手(セントルイス・カージナルス)、ロビンソン・カノ内野手(ニューヨーク・ヤンキース)ら29人。オランダはアンドリュー・ジョーンズ外野手(アトランタ・ブレーブス)、プエルトリコはイバン・ロドリゲス捕手(デトロイト・タイガース)、ベネズエラはヨハン・サンタナ投手(ミネソタ・ツインズ)らMLB各チーム主力の名前が並んだ。米国代表にはバリー・ボンズ外野手(サンフランシスコ・ジャイアンツ)、ロジャー・クレメンス投手(ニューヨーク・ヤンキース)らのほかに、オーナーが出場に消極的と伝えられているニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーター内野手ら42人が名を連ねた。2006 ワールド・ベースボール・クラシック フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    ワールドシリーズ制覇5回を誇る名門チームであり、第1回のワールドシリーズにも出場している。チームの黄金時代は1970年代、ロベルト・クレメンテやウィリー・スタージェルといった名選手が揃い、地区優勝6回を果たすなど、圧倒的な強さを誇った。1990年から1992年にはジム・リーランド監督の下、バリー・ボンズらの活躍で地区3連覇を果たしている。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ハンク・アーロン

    ハンク・アーロンから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    通算本塁打755本は、ベーブ・ルースを超え、2007年にバリー・ボンズに抜かれるまで33年間MLB歴代1位だった。ベジタリアンとしても有名である。ハンク・アーロン フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・シェフィールド

    ゲイリー・シェフィールドから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    バットの先端が下を向くほど大きくヒッチするフォームを特徴とする。バットスピードの速さはバリー・ボンズに次ぐと言われ、そのリストの強さを生かし、変化球にとても強い。ゲイリー・シェフィールド フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
144件中 1 - 10件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード