126件中 91 - 100件表示
  • アメリカ合衆国のスポーツ

    アメリカ合衆国のスポーツから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    現在、アメリカのスポーツ界で最も深刻なのがプロやアマ選手のドーピング問題である。たとえば、2007年12月14日にメジャーリーグベースボール機構のバド・セリグコミッショナーから選手のドーピングに関する調査責任者の就任任命を受け調査を進めていた、ジョージ・J・ミッチェル元上院議員による調査報告書が発表され、その中でロジャー・クレメンス、バリー・ボンズ、ゲイリー・シェフィールド、ミゲル・テハダ、エリック・ガニエといった有名選手の疑惑が取り上げられた。ただ、ドーピング問題に関してはファンも含めてアメリカ国内では寛容的な考え方のため、なかなか表沙汰にならない事が多い。ステロイド剤などの禁止薬物は主に隣国のメキシコから「栄養補助食品」という名目でアメリカ国内に輸入する方法が一般的である。アメリカ合衆国のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 刑事ナッシュ・ブリッジス

    刑事ナッシュ・ブリッジスから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    ゲストスターの顔ぶれが豪華で、(ヴァン・ヘイレンの2代目・4代目ボーカリスト)サミー・ヘイガーやルーシー・リュー(女優)、バリー・ボンズ(大リーグ選手)、カール・マローン(NBA選手)、ロバート・ロドリゲス(映画監督)、大ヒットドラマ『特捜刑事マイアミヴァイス』でドン・ジョンソンと共演したフィリップ・マイケル・トーマス、ジョン・ディール、グレン・フライ(イーグルスのリーダー)等も登場する。ナッシュの兄ロバートを演じたジャン・マイケル・ヴィンセントは、言うまでもなく『超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ』のストリングフェロー・ホーク。刑事ナッシュ・ブリッジス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ボウカー

    ジョン・ボウカーから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    かつてメジャーでは「バリー・ボンズの後継者」として将来を嘱望されていた。ジョン・ボウカー フレッシュアイペディアより)

  • 73

    73から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    大リーグの年間最多本塁打記録はバリー・ボンズの73本である。73 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    (現地時間)-【MLB】サンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズ外野手が今シーズン第7号ホームランを放ち、個人通算ホームランを715本まで伸ばし、ベーブ・ルースの記録を抜き、メジャー通算2位となった。2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • カエデ

    カエデから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    サトウカエデのこと。北米、カナダ産出。重硬で肌目は緻密で衝撃にも強い。心材は硬く、辺材が用いられることが多い。鳥眼目(バーズアイ・メイプル)が現れることがある。建築材、家具、ボウリングのレーンやピン・楽器・バット(バリー・ボンズが使いはじめたことにより広まった)に使用される。カエデ フレッシュアイペディアより)

  • 林威助

    林威助から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    バリー・ボンズを参考にした打撃フォームが特徴。同じく台湾出身で阪神にも在籍していた大豊泰昭を目標としている。林威助 フレッシュアイペディアより)

  • マイク・トラウト

    マイク・トラウトから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    終盤の失速で首位打者は逃したものの、49盗塁で盗塁王を獲得。打率.326・30本塁打・83打点・OPS.963と打撃でも大活躍し、シーズンで打率.320・30本塁打・45盗塁以上を記録したメジャー史上初の選手となった。さらに守備でも本塁打阻止4回・センター守備防御点23とトップクラスの数値を記録した。11月12日に満票でアメリカンリーグの新人王に選出された。総合指標のWARでは1900年以降のア・リーグでは歴代13位、過去20年ではバリー・ボンズがとに記録した11.6に次いで3番目に高い10.7を記録(Baseball-Reference調べ)。この数値は三冠王ミゲル・カブレラを大きく上回っており、トラウトをMVPに推す声も多かったが、MVPの投票では1位票が6票、2位票が21票、3位票が1票に留まり、1位票を22票、2位票を6票獲得したカブレラに及ばず次点に終わった。セイバーメトリクスでの傑出度よりも三冠王のインパクトとプレーオフ進出の有無が影響したという見方が強い。マイク・トラウト フレッシュアイペディアより)

  • チャック・ノリス・ファクト

    チャック・ノリス・ファクトから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    バリー・ボンズは、ステロイドを注射していない。 彼はチャック・ノリスの汗を注射していた)チャック・ノリス・ファクト フレッシュアイペディアより)

  • ブライス・ハーパー

    ブライス・ハーパーから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    ビッグマウスで、目標を聞かれると「殿堂入りさ。史上最も偉大なベースボ?ル・プレーヤーと思われたいね」と語り、「GQ」誌で「球界にはもっとスーパースターが必要だ」「アルバートと俺は互いに尊敬し合っている」と発言した。1A+でプレーしていた頃は、ホームランを打った後感触を味わうように打球を見送り、投手に何か言われるとホームインの時にキスの仕草で応じ、「エフ(ファック)・ユー」とつぶやいた。走攻守に秀でた才能と共にこういった部分を指して、「GQ」誌は「ネクスト・バリー・ボンズ」と形容した。ブライス・ハーパー フレッシュアイペディアより)

126件中 91 - 100件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード