144件中 91 - 100件表示
  • 1994年から1995年のMLBストライキ

    1994年から1995年のMLBストライキから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    メジャーリーグベースボール(MLB)に所属する選手の平均年俸は年々増加の一途をたどり、には49万ドル(当時約5880万円)だったのに対し、には倍以上の115万ドル(当時約1億3800万円)へと膨れ上がっていた。その人材費増大は特に小規模市場の球団経営を圧迫し、スター選手が大規模市場球団へフリーエージェント(FA)などで移籍することで、球団間の戦力格差に繋がるデメリットも生じていた。その象徴がピッツバーグ・パイレーツであり、からナショナルリーグ東地区で3連覇を遂げながら、バリー・ボンズらの主力選手が流出し、には5位に転落した。逆にボンズを獲得したサンフランシスコ・ジャイアンツは、サンフランシスコへ移転して以来最高の観客動員数を1993年に記録していた。さらにピーター・ユベロスコミッショナーの時代に締結された高額テレビ契約も1993年に切れ、放映権料の収入が大幅にダウンした。1994年から1995年のMLBストライキ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・バックナー

    ビル・バックナーから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    よほどワールドシリーズのエラーの印象が強いためか、レッドソックスの大先輩テッド・ウィリアムズよりも61本多い、メジャー歴代62位(2012年終了時点)の通算2,715安打を打ちながら、アメリカ野球殿堂入りは果たせていない。現時点で、バックナーよりも多くの安打を記録した選手で、殿堂入り資格(引退後5年以上経過)がありながら殿堂入りを果たせていないのは、永久追放となったピート・ローズの他、アル・オリバー、ペイダ・ピンソン、ハロルド・ベインズ、ラファエル・パルメイロ(薬物使用が発覚)、バリー・ボンズ(に資格取得したばかりでなおかつ薬物疑惑を抱えている)のみである。ビル・バックナー フレッシュアイペディアより)

  • ドン・ワカマツ

    ドン・ワカマツから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    カリフォルニア州のヘイワード高等学校時代はアメリカンフットボールと野球をプレイしていたが、アメリカンフットボール選手としては体格が小さかったため野球の道を選んだ。その後進学したアリゾナ州立大学ではバリー・ボンズらとともにプレーし、捕手としてオール・パック・テンに3年間選出される。ドン・ワカマツ フレッシュアイペディアより)

  • モイゼス・アルー

    モイゼス・アルーから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    シーズンでは怪我で長期離脱し、出場したのは11年ぶりの100試合以下となる98試合と少なかったが、打率.301・22本塁打・74打点をマーク。自己ベストの26本塁打を放ったレイ・ダーラムと共に、2002年オフのジェフ・ケント放出以来、本格的な主砲バリー・ボンズの擁護役として存在感を示した。そして、この年は通算300本塁打を達成し、9月24日に通算2000本安打、9月27日に通算400二塁打を達成するなど、記録ずくめのシーズンとなった。ちなみに9月27日には、ダーラムとダブルスチールを試み、ホームスチールを成功させ、自らの記録達成に花を添えている。オフにFAとなった。モイゼス・アルー フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・ロバーツ (外野手)

    デーブ・ロバーツ (外野手)から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    その後、サンディエゴ・パドレスへ移籍し、は、前年オフにメジャー屈指の中堅手であるマイク・キャメロンが加入したため、左翼手にコンバートされた。6月には守備の際にフェンスに激突し、故障者リスト入りするなど故障が多いので左投手が先発するときは休養を取りながらプレーした。この年に記録した13三塁打は、トニー・グウィンと並ぶ球団記録であった。2006年オフにサンフランシスコ・ジャイアンツと3年総額1800万ドルの契約を結び、は最も得意な中堅を守ることになった。この年は故障で戦線離脱したが、チーム最多の31盗塁を決め、バリー・ボンズ以来球団史上10年ぶりに30盗塁を達成した。4月10日にジャイアンツから放出され、12日に現役引退を発表。デーブ・ロバーツ (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • 塁打

    塁打から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    400塁打以上は2001年に上記のソーサ、ゴンザレスの他、バリー・ボンズ、トッド・ヘルトンが記録して以来現在まで達成者なし塁打 フレッシュアイペディアより)

  • トニー・グウィン

    トニー・グウィンから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    打者に不利な球場であるクァルコム・スタジアムを本拠地とし、好成績を残し続けた。8度の首位打者(1984年、1987年、1988年、1989年、1994年、1995年、1996年、1997年)を獲得しており、メジャーリーグ史上歴代2位の記録(1位はタイ・カッブによる12回)である。本塁打が少ない打者だったにもかかわらず、現役時代は相手投手から同時期に活躍していたケン・グリフィー・ジュニアやバリー・ボンズと同列に語られることが多かった。グレッグ・マダックスはボンズと同列でグウィンの名前を挙げ、「真のバッターだ。彼から三振を取るのは難しかった」と述べている。トニー・グウィン フレッシュアイペディアより)

  • ジム・トーミ

    ジム・トーミから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    打撃では昔ながらのクラシックなパワーヒッターとしての球のとらえ方を持ち味とする。打席から一塁到達までのスピードは4.7秒と平均を大きく下回るが、強靭な脚力を生かしてバランスを保ち、バリー・ボンズやジェイソン・ジアンビと比べてテクニックよりも純粋なパワーをもってして極端なアッパースイングから打球を飛ばし、インパクトの瞬間は独特の音を発する。ジェイコブス・フィールドで511フィート(約156メートル)の飛距離を記録したこともあるパワーは40歳を超えてなお健在で、2010年には本塁打の出にくいターゲット・フィールドを本拠地としながら25本中15本塁打をホームで放ち、メジャー屈指の飛距離を維持している。ジム・トーミ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のメジャーリーグベースボール

    2017年のメジャーリーグベースボールから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    サンフランシスコ・ジャイアンツは球団CEO付特別アドバイザーにバリー・ボンズを任命。2017年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • トッド・リンデン

    トッド・リンデンから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    8月18日に、メジャーデビューを果たした。9月22日に、石井一久からメジャー初本塁打を放った。それからは主にバリー・ボンズの守備固めに入る控え選手としてプレーしていた。トッド・リンデン フレッシュアイペディアより)

144件中 91 - 100件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード