144件中 11 - 20件表示
  • アルバート・プホルス

    アルバート・プホルスから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    は主に左翼で出場し、打率.314・34本塁打・127打点を記録し、MLB史上初のデビュー年から2年連続で3割・30本塁打・100打点を達成。MVP投票ではバリー・ボンズに次ぐ2位となる。には打率.359・212安打を記録し、自身初の打撃タイトルとなる首位打者・最多安打を獲得した。95長打・51二塁打でもリーグ1位となった他、本塁打は自己最多の43本を放ち、のロジャース・ホーンスビー以来となる球団史上2人目の40本塁打・200安打を達成した。MVP投票ではまたもボンズに次ぐ2位だったが、この活躍を受けて球団は翌のシーズン開幕前に、7年1億ドルの契約を結んでいる。アルバート・プホルス フレッシュアイペディアより)

  • ストッパー毒島

    ストッパー毒島から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    主人公・毒島大広の実兄。劇中で木暮スカウトが「和製バリー・ボンズ」と称し、ケガをしなかったらメジャーでトリプルスリーを軽くクリアする逸材と評価する天才。リトルリーグで世界制覇の経験があり、高校卒業後渡米しマイナーリーグへ入団するが、交通事故で瀕死の重傷を負いメキシコシティ・ソリタリオへ移籍。メキシコでのリハビリ中には拳銃自殺実行一歩手前まで至るも思いとどまり、1996年のドラフト3位でロッテに入団。実は木暮は大広よりもこの貴志を獲ろうとしていた。ストッパー毒島 フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール

    メジャーリーグベースボールから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    のマーク・マグワイアとサミー・ソーサによるシーズン最多本塁打記録争いなどで盛り上がり、観客数もスト前の水準に回復した。1990年代後半から2000年代前半に本塁打量産ブームが起き、にはバリー・ボンズが73本塁打を放ち、現在のシーズン本塁打記録を樹立した。しかし12月13日に発表されたミッチェル報告書と呼ばれる報告書では89人の実名が挙げられ、その中にはバリー・ボンズ、アレックス・ロドリゲス、マニー・ラミレス、マーク・マグワイア、ラファエル・パルメイロ、ジェイソン・ジアンビ、ホセ・カンセコら多くのMLBを代表する強打者がアナボリックステロイドを使用していたことが後に判明した。メジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • マーク・マグワイア

    マーク・マグワイアから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    3月のメジャーリーグベースボールのドーピング問題で米議会で証人喚問された際、薬物使用を問われ、「過去の自分の行為は現在のスキャンダルとは無関係なのでお答えできません」と涙まじりに議員に懇願した。法律上は当時の薬物疑惑は偽証罪に問われるかどうかの問題であるため黙秘権を行使すればバリー・ボンズのように法律上起訴されてしまうことはない。マーク・マグワイア フレッシュアイペディアより)

  • ジム・リーランド

    ジム・リーランドから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    からまでシカゴ・ホワイトソックスのコーチ、からまでピッツバーグ・パイレーツの監督を歴任。バリー・ボンズとボビー・ボニーヤの「B-Bキャノン」でから3年連続地区優勝を果たすも、ワールドシリーズにはついに出場出来ず。ジム・リーランド フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    杉浦は様々な外国人選手を演じているが、山内が演じているのは小田幸平や吉永幸一郎などの「眼鏡をかけた捕手」、もしくは阪神ファン、カメラマン、場外に広がる海でバリー・ボンズのボールを取ろうとするファンなどの端役である。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    シスラーの記録は年間154試合制での記録で、イチローは160試合目での記録到達であったため、現地では少なからず疑問視する見方もあったものの、この記録は内外で高い評価を受け、アメリカでは多くの新聞でその偉業を称える記事が掲載され、『USAトゥデイ』紙にもバリー・ボンズが700号本塁打を放った時以来の全面広告でメジャーリーグ機構が祝福の意を表した。ジョージ・シスラーの記録そのものが「破るのが困難な記録」とされていたこともあり、イチローは史上8人目となるコミッショナー特別表彰を受け、アメリカ野球殿堂には特別ブースが用意された。日本においては正力松太郎賞特別賞が授与された。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • AT&Tパーク

    AT&Tパークから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    ジャイアンツ所属選手で、この球場が本拠地となった2000年以降、シーズン30本塁打以上を記録した選手はバリー・ボンズ(2000年〜2004年)、ジェフ・ケント(2000年、2002年)、リッチ・オーリリア(2001年)のわずか3人である(しかも40本塁打以上はボンズのみ)。左打者に至ってはボンズを除くと、2010年にオーブリー・ハフが26本塁打を記録するまでは2000年のJ.T.スノーが記録した19本塁打が最多で20本塁打超えすらおらず、スイッチヒッターを含めても2006年のレイ・ダーラムが記録した26本塁打が最多である(2012年シーズン終了時点)。AT&Tパーク フレッシュアイペディアより)

  • 王貞治

    王貞治から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    王が756号を打った当時、日本では「世界一」と評されたが、ギネスブックは、球技においてはリーグのレベル等条件が必ずしも平等でないという観点から、競技全体の世界記録という概念を認めておらず、確認できる最高記録と一定のレベルのリーグ戦における記録を併記していることが多い(これは野球に限らず、どの球技についても同様である)。王の記録は、アーロン、バリー・ボンズやジョシュ・ギブソンの記録と並んで本塁打記録のひとつとして記載されている。また、本塁打においては球場の広さも重要な因子となるが、王の現役時代に巨人が本拠地としていた後楽園球場は、当時のメジャーリーグの球場と比較すると著しく狭い球場であった。王貞治 フレッシュアイペディアより)

  • 755

    755から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    メジャーリーグでは永らくハンク・アーロンが記録した755本塁打が、世界記録と認められてきた。(2007年8月7日に、バリー・ボンズによって記録更新されたが、薬物疑惑やスキャンダルにより今でもアーロンが記録保持者だという声は多い。バリー・ボンズの項も参照。)755 フレッシュアイペディアより)

144件中 11 - 20件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード