126件中 11 - 20件表示
  • AT&Tパーク

    AT&Tパークから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    そのため、ジャイアンツ所属選手でこの球場が本拠地となった2000年以降、シーズン30本塁打以上を記録した選手はバリー・ボンズ(2000年〜2004年)、ジェフ・ケント(2000年、2002年)、リッチ・オーリリア(2001年)のわずか3人である(しかも40本塁打以上はボンズのみ)。左打者に至ってはボンズを除くと2010年にオーブリー・ハフが26本塁打を記録するまで2000年のJ.T.スノーが記録した19本塁打が最多であり、スイッチヒッターを含めても2006年のレイ・ダーラムが記録した26本塁打が最多であった。AT&Tパーク フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    ワールドシリーズ制覇5回を誇る名門チームであり、第1回のワールドシリーズにも出場している。チームの黄金時代は1970年代、ロベルト・クレメンテやウィリー・スタージェルといった名選手が揃い、地区優勝6回を果たすなど、圧倒的な強さを誇った。1990年から1992年にはジム・リーランド監督の下、バリー・ボンズらの活躍で地区3連覇を果たしている。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ハンク・アーロン

    ハンク・アーロンから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    通算本塁打755本はベーブ・ルースを超え、2007年にバリー・ボンズに抜かれるまで33年間MLB歴代1位だった。あだ名は「ハマー」。M.C.ハマーの憧れの存在としても知られる。ベジタリアンとしても有名である。ハンク・アーロン フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・シェフィールド

    ゲイリー・シェフィールドから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    バットの先端が下を向くほど大きくヒッチするフォームを特徴とする。バットスピードの速さはバリー・ボンズに次ぐと言われ、そのリストの強さを生かし、変化球にとても強い。選球眼が非常に良いため四球を多く選び、1996年から2003年にかけて8年連続で出塁率4割超を記録した。更にシーズン40本以上の本塁打を打てる強打者であるにもかかわらず三振が非常に少なく、20年間のキャリアで最大でも1シーズン83三振しかしていない。非常に高いバランスのとれた打撃技術を持つ。ゲイリー・シェフィールド フレッシュアイペディアより)

  • マーク・マグワイア

    マーク・マグワイアから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    のメジャー・リーグ薬物使用疑惑で米議会で証人喚問された際、薬物使用を問われ、「過去の自分の行為は現在のスキャンダルとは無関係なのでお答えできません」と涙まじりに議員に懇願した。法律上は当時の薬物疑惑は偽証罪に問われるかどうかの問題であるため黙秘権を行使すればバリー・ボンズのように法律上起訴されてしまうことはない。マーク・マグワイア フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    は股関節の手術により少なくとも前半戦を欠場することになった。1月29日には、ヒト成長ホルモン、テストステロンなどを様々な禁止薬物をマイアミの自称医師から購入していたことが報じられた。明らかになった資料によると、薬物の代金は2009年から医師の口座に振り込まれており、2012年まで継続して支払われていた。ロドリゲスは即座に専属広報を通して報道を否定する声明を出したが、もはや彼を信用する者は皆無で、メディアやファンから「今すぐ引退するべき」という激しいバッシングを受けた。全国紙USAトゥデイは「ロドリゲスはタイ・カッブ、バリー・ボンズを超えてメジャーリーグ史上最悪の嫌われ者になった」と述べた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • 王貞治

    王貞治から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    王が756号を打った当時、日本では「世界一」と評されたが、ギネスブックは、球技においてはリーグのレベル等条件が必ずしも平等でないという観点から、競技全体の世界記録という概念を認めておらず、確認できる最高記録と一定のレベルのリーグ戦における記録を併記していることが多い (これは野球に限らず、どの球技についても同様である) 。王の記録は、アーロン、バリー・ボンズやジョシュ・ギブソンの記録と並んで本塁打記録のひとつとして記載されている。また、本塁打においては球場の広さも重要な因子となるが、王の現役時代に巨人が本拠地としていた後楽園球場は、当時のメジャーリーグの球場と比較しても著しく狭い球場であった。王貞治 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    8月7日 - バリー・ボンズがメジャーリーグ新記録となる通算756本塁打を放った。2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    2006 ワールド・ベースボール・クラシックから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    12月5日にアメリカMLB機構はその時点で出場に合意したMLB所属の177選手を発表した。ドミニカ共和国代表にデビッド・オルティーズ内野手(ボストン・レッドソックス)、アルバート・プホルス内野手(セントルイス・カージナルス)、ロビンソン・カノ内野手(ニューヨーク・ヤンキース)ら29人。オランダはアンドリュー・ジョーンズ外野手(アトランタ・ブレーブス)、プエルトリコはイバン・ロドリゲス捕手(デトロイト・タイガース)、ベネズエラはヨハン・サンタナ投手(ミネソタ・ツインズ)らMLB各チーム主力の名前が並んだ。米国代表にはバリー・ボンズ外野手(サンフランシスコ・ジャイアンツ)、ロジャー・クレメンス投手(ニューヨーク・ヤンキース)らのほかに、オーナーが出場に消極的と伝えられているニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーター内野手ら42人が名を連ねた。2006 ワールド・ベースボール・クラシック フレッシュアイペディアより)

  • バリーボンズ

    バリーボンズから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    バリーボンズ フレッシュアイペディアより)

126件中 11 - 20件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード