126件中 21 - 30件表示
  • Barry Bonds

    Barry Bondsから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    Barry Bonds フレッシュアイペディアより)

  • マイク・スタントン (左投手)

    マイク・スタントン (左投手)から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    終了時点で史上2位の1178試合登板(1位はジェシー・オロスコの1251試合登板)を記録していたが、同年オフにミッチェル報告書に「スタントンが成長ホルモンを使用していたと」いう報告があった(本人は否定)。この影響もあってか、開幕直前の3月28日に、所属していたシンシナティ・レッズの若返りの方針もあって解雇された。ミッチェル報告書の「目玉」でもあったバリー・ボンズやロジャー・クレメンス同様、他の球団との契約には至らなかった。マイク・スタントン (左投手) フレッシュアイペディアより)

  • ロン・キトル

    ロン・キトルから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    にマイナーリーグ、ショウンバーグ・フライヤーズ(特定メジャー球団の傘下ではない)の初代監督に就任し、まで務める。にはボブ・ローガンとの共著で、「Ron Kittle's Tales from the White Sox Dugout」という本を出版するが、侮辱的な内容を記載されたとしてバリー・ボンズから告訴された。ロン・キトル フレッシュアイペディアより)

  • ラス・スプリンガー

    ラス・スプリンガーから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    アストロズの本拠地ミニッツ・メイド・パークで行われた5月16日のジャイアンツ戦では、ベーブ・ルースの通算本塁打記録にあと1本とに迫ったバリー・ボンズに対し死球を与え、アストロズのファンはスプリンガーに対し声援を送った。声援に対してフェリペ・アルーは批判をした。ラス・スプリンガー フレッシュアイペディアより)

  • バルコ・スキャンダル

    バルコ・スキャンダルから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    バルコは1984年、タワー・オブ・パワーのベーシストだったビクター・コンテによって設立された。1988年から2002年にかけて、バルコはスポーツ選手に運動能力向上薬を提供していたとされる。その顧客には陸上競技のマリオン・ジョーンズ、ティム・モンゴメリ、野球のバリー・ボンズといった一流選手が名を連ねていた。バルコ・スキャンダル フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・ジョンソン

    ハワード・ジョンソンから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    また、「30-30」を三回達成したのは、当時ボビー・ボンズ(バリー・ボンズの父)に次いで大リーグ史上二人目であった。現時点で他に3回以上達成したのはボビー、バリーのボンズの親子の他に、現役のアルフォンゾ・ソリアーノ(カブス)のみである。ハワード・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・フェリス

    ペドロ・フェリスから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    は、主砲バリー・ボンズが故障した為、主砲として期待された。開幕当初は、昨季主に守った一塁手からボンズの代役として左翼手としてプレー。しかし、7月のランディ・ウィン獲得や、それまで主に三塁手を務めていたエドガルド・アルフォンゾの故障などもあり、三塁手へ移った。結局、左翼手と三塁手で各67試合に先発出場、ほかに一塁手もこなすなど、持ち前の器用さを発揮。打撃面でも、打率こそ.250と低調だったものの、20本塁打・81打点をマークし、主軸としての役割を果たした。ペドロ・フェリス フレッシュアイペディアより)

  • メジャー・リーグ薬物使用疑惑

    メジャー・リーグ薬物使用疑惑から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    1990年代にMLBの選手がステロイドを使用していることはすでに報道されていたが、その問題をコミッショナーのバド・セリグや選手会は軽視していた。2003年に罰則なしの薬物検査が導入され、2004年には5回の違反で1年間の出場停止とする罰則が設けられたが、批判をかわすには不十分なものだった。しかし同年12月、バルコ・スキャンダルに関わる証人喚問でバリー・ボンズ、ジェイソン・ジアンビらがステロイドの使用を認める証言を行ったことが判明し、MLBはさらなる規制強化に踏み切らざるを得なくなった。2005年1月には、それまでシーズン中1度までだった薬物検査が、回数無制限の抜き打ち検査に変更された。2006年シーズンからは、3度の違反で永久追放となる「三振制度(three-strikes policy)」が導入された。メジャー・リーグ薬物使用疑惑 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリー・マッコビー

    ウィリー・マッコビーから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    マッコビーの背番号「44」はジャイアンツの永久欠番に選出されている。現在のジャイアンツの本拠地AT&Tパークの右翼席後方には、バリー・ボンズのホームランをキャッチしようとカヌーやボートを浮かべている客が大勢いるのは有名な話。その入り江は彼の名を取って、マッコビー・コープと呼ばれている。ウィリー・マッコビー フレッシュアイペディアより)

  • 風光る〜甲子園〜

    風光る〜甲子園〜から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    バリー・ボンズ・・・連載当時、MLB最高のスラッガー。史上最多のリーグMVP7回獲得。風光る〜甲子園〜 フレッシュアイペディアより)

126件中 21 - 30件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード