144件中 31 - 40件表示
  • バディ・ベル

    バディ・ベルから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    現在ではボビー・ボンズ、バリー・ボンズのボンズ親子が合計1,094本と、ベル親子の記録を大幅に更新している。バディ・ベル フレッシュアイペディアより)

  • 風光る (七三太朗・川三番地の漫画)

    風光る (七三太朗・川三番地の漫画)から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    バリー・ボンズ…連載当時、MLB最高のスラッガー。史上最多のリーグMVP7回獲得。風光る (七三太朗・川三番地の漫画) フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボール・オールセンチュリー・チーム

    メジャーリーグベースボール・オールセンチュリー・チームから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    バリー・ボンズ(1986年?2007年)メジャーリーグベースボール・オールセンチュリー・チーム フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ジャイルズ

    ブライアン・ジャイルズから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    パイレーツ初年度となったは39本塁打を放ち一躍スター選手となる。、にはオールスターにも選出された。にはすべてバリー・ボンズに次ぐリーグ2位の出塁率.450、長打率.622、OPS1.072を記録した。当時弱小チームであったパイレーツでは勝負を避けられる傾向にあり、敬遠も多かった。も開幕から正左翼手としてプレーしたが、4月12日に右膝内側側副靱帯を損傷し故障者リスト入りする。5月7日に復帰した。8月26日には、彼の地元エルカホンにほど近いサンディエゴ・パドレスが翌年開場するペトコ・パークの目玉として期待し、オリバー・ペレス、ジェイソン・ベイとマイナー一選手とのトレードで移籍することとなった。ブライアン・ジャイルズ フレッシュアイペディアより)

  • ワールドスタジアムEX

    ワールドスタジアムEXから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    イニシアルは「M」。メジャーリーガーが名前の一部を変えて登場。ジャンソウ、ペドルチナ、マダッテバ、マグオレオ、ミーサ、ピンズなど。過去にははままじん、イチゴー、つよいじょうなど日本人も登場していた。ユニフォームの色は黒。ワールドスタジアムEX フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のMLBシーズン最多本塁打記録対決

    1998年のMLBシーズン最多本塁打記録対決から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    1998年のMLBシーズン最多本塁打記録対決は、セントルイス・カージナルス所属のマーク・マグワイア一塁手とシカゴ・カブス所属のサミー・ソーサ右翼手によるのナショナルリーグの本塁打王争いであり、両者共ににニューヨーク・ヤンキースのロジャー・マリスが樹立したシーズン61本塁打のMLB記録を更新するほどのハイレベルな争いとなり、最終的にマグワイアが70本塁打、ソーサが66本塁打で終えた。232日間に及ぶ長期ストライキ以降に大きく落ち込んでいたMLB全体の観客動員数も1998年シーズンはスト以前の水準にまで戻るほどの盛り上がりを見せた。マグワイアはシアトル・マリナーズのケン・グリフィー・ジュニアと共にアメリカ合衆国における野球人気復活の立役者となり、このシーズンに成績を大きく向上させたソーサも一躍ドミニカ共和国の国民的英雄となった。なお、マグワイアが樹立した70本塁打のシーズン本塁打記録は3年後のにサンフランシスコ・ジャイアンツ所属のバリー・ボンズによって破られ、73本塁打に更新された。1998年のMLBシーズン最多本塁打記録対決 フレッシュアイペディアより)

  • レッスルマニアX8

    レッスルマニアX8から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    今大会でもっとも注目された一戦は、第9試合で行われたザ・ロック対ハルク・ホーガンであった。1993年以来、約9年ぶりに古巣のWWFに復帰したかつての大エース・ホーガンと、現エースであったロックとの新旧スーパースター対決は、「ICON vs ICON(象徴vs象徴)」「モハメド・アリvsマイク・タイソン」「ベーブ・ルースvsバリー・ボンズ」などと様々な形で比喩され、大いに注目を集めた。レッスルマニアX8 フレッシュアイペディアより)

  • ビクター・コンテ

    ビクター・コンテから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    2004年12月3日にはABCのインタビューに答え、マリオン・ジョーンズ、ティム・モンゴメリ、ドウェイン・チェンバース、ケリー・ホワイト、ビル・ロマノフスキーに禁止薬物を渡していたと証言した。 バリー・ボンズが禁止薬物を使用したか否かについては、ボンズの専属トレーナーであるグレッグ・アンダーソンに渡したがその先は不明とした。 ジョーンズはシドニーオリンピックの数週間前から使用を始め、終了後も使用を続けた。その間に何度もドーピング検査を受けたが、1度も陽性反応は出なかったという。バルコから提供された薬物を使い、検査で陰性だった選手が他にも多数いたと語っている。ビクター・コンテ フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・ベル

    ジェイ・ベルから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    翌9月29日の古巣のツインズ戦で9番・二塁手としてメジャーデビュー。この試合の先発で、交換トレードの相手だったブライレブンからメジャー初打席初本塁打を放つ。その後は内野の控えとしてメジャーに残ったが、開幕前の3月25日、デニー・ゴンザレスとのトレードの後日発表選手として、ピッツバーグ・パイレーツへ移籍。その年の後半から遊撃のレギュラーを獲得。翌からはアンディ・バンスライク、バリー・ボンズ、ボビー・ボニーヤらの主軸へつなぐ二番打者として、パイレーツのナ・リーグ東部地区(当時)3連覇に大きく貢献した。ジェイ・ベル フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のメジャーリーグベースボール

    2015年のメジャーリーグベースボールから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    マイアミ・マーリンズは、2016年度の監督・コーチ人事を発表。バリー・ボンズが打撃コーチに就任した。2015年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

144件中 31 - 40件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード