144件中 41 - 50件表示
  • ロン・キトル

    ロン・キトルから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    に独立リーグのノーザンリーグ、ショウンバーグ・フライヤーズの初代監督に就任し、まで務める。にはボブ・ローガンとの共著で、「Ron Kittle's Tales from the White Sox Dugout」という本を出版するが、侮辱的な内容を記載されたとしてバリー・ボンズから告訴された。ロン・キトル フレッシュアイペディアより)

  • ベニート・サンティアゴ

    ベニート・サンティアゴから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    栄養補助食品会社であるバルコ(BALCO)が運動能力向上薬物を違法提供していたとされるバルコ・スキャンダルに関連して、2003年12月に連邦大陪審に召喚されて証言を行っている。サンフランシスコ・クロニクル紙の報道ではバルコ社と関わりがあり、バリー・ボンズの専属トレーナーであるグレッグ・アンダーソンから提供されたクリア(THG)やクリーム(THGとセットで使用)を使用した事を認めたとされている。ベニート・サンティアゴ フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・ジアンビ

    ジェイソン・ジアンビから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    は不振に陥り、シーズン中盤には9年ぶりにマイナーへ降格した。9月14日にメジャーに復帰したが、復帰後も打率.121と低迷。ポストシーズンはロースターから外れた。同年オフにはバリー・ボンズの専属トレーナーが、運動能力向上薬物を提供していたとされるバルコ・スキャンダルに関連してジアンビ本人も連邦大陪審で証言し、アナボリックステロイドの使用を認めていた事が明らかになった。ヤンキースは契約違反としてジアンビを解雇しようとしたが、法律上不可能だった。ジェイソン・ジアンビ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のメジャーリーグベースボール

    2006年のメジャーリーグベースボールから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    5月27日 - サンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズ外野手が今シーズン第7号ホームランを放ち、個人通算ホームランを715本まで伸ばし、ベーブ・ルースの記録を抜き、メジャー通算2位となった。2006年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ウェイド・ボッグス

    ウェイド・ボッグスから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    本塁打の少ない選手だったが、打率と勝負強さから相手投手からは恐れられ、6年連続・6回の敬遠数リーグ1位を記録した。連続記録・回数記録いずれもバリー・ボンズに次ぐ記録であり、1試合3敬遠のア・リーグ記録も樹立している。また、1985年から1989年にかけて5年連続出塁率リーグ1位という記録も残している。ウェイド・ボッグス フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・バンスライク

    アンディ・バンスライクから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    当時のパイレーツは左翼手がバリー・ボンズ、右翼手がボビー・ボニーヤと強打者揃いで、その真ん中にあって好守・巧打と俊足を誇り、リーグ最強の外野陣の声もあがった(ただしボンズとは仲が悪く、試合中に口論をしたこともあった)。アンディ・バンスライク フレッシュアイペディアより)

  • マット・キニー

    マット・キニーから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    2004年4月12日のジャイアンツ戦では、バリー・ボンズに歴代3位のウィリー・メイズの記録に並ぶ通算660号本塁打をライト場外へ打たれている。マット・キニー フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の野球

    1996年の野球から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    4月27日 - サンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズが通算300本塁打を達成。1996年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • シルバースラッガー賞

    シルバースラッガー賞から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    73本塁打のシーズン最多本塁打記録保持者のバリー・ボンズは、外野手として史上最多の12回のシルバースラッガー賞を受賞している。それに次ぐ受賞回数は、捕手のマイク・ピアッツァと、三塁手のアレックス・ロドリゲスの10回である。ロドリゲスは、遊撃手として7回、三塁手として3回の計10回である。ポジション別の最多受賞回数は、三塁手がウェイド・ボッグスの8回、遊撃手はバリー・ラーキンの9回、二塁手はライン・サンドバーグの7回、投手はマイク・ハンプトンの5回、一塁手はトッド・ヘルトンの4回、指名打者はデビッド・オルティーズの5回である。シルバースラッガー賞 フレッシュアイペディアより)

  • エリック・デービス

    エリック・デービスから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    同年「30本塁打・50盗塁」は史上初(1990年にバリー・ボンズが2人目となったが、現在もその2例のみ)エリック・デービス フレッシュアイペディアより)

144件中 41 - 50件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード