126件中 41 - 50件表示
  • シルバースラッガー賞

    シルバースラッガー賞から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    73本塁打のシーズン最多本塁打記録保持者のバリー・ボンズは、外野手として史上最多の12回のシルバースラッガー賞を受賞している。それに次ぐ受賞回数は、捕手のマイク・ピアッツァと、三塁手のアレックス・ロドリゲスの10回である。ロドリゲスは、遊撃手として7回、三塁手として3回の計10回である。ポジション別の最多受賞回数は、三塁手がウェイド・ボッグスの8回、遊撃手はバリー・ラーキンの9回、二塁手はライン・サンドバーグの7回、投手はマイク・ハンプトンの5回、一塁手はトッド・ヘルトンの4回、指名打者はデビッド・オルティーズの5回である。シルバースラッガー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のMLBオールスターゲーム

    2007年のMLBオールスターゲームから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    ファン投票は4月27日から6月28日まで大リーグ公式サイトなどで行われ、結果は7月1日に発表された。総投票数は約1,850万票だった。最多得票は、ナショナルリーグがケン・グリフィー・ジュニア(レッズ)、アメリカンリーグがアレックス・ロドリゲス(ヤンキース)。地元ジャイアンツからは、バリー・ボンズがただ一人選ばれた。結果は以下の通り。2007年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • トリー・ハンター

    トリー・ハンターから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    守備の名手として知られ、2001年から2009年までに9年連続でゴールドグラブ賞を受賞した。2002年のオールスターゲームでバリー・ボンズの放った本塁打性の打球をジャンプしてもぎ取ったプレーが注目を浴びて以来、本塁打になりそうな打球をジャンプで捕球するプレーが代名詞となり、そこからホームラン・ハンターのニックネームがつけられている。同じく外野手をポジションとし、2001年から10年連続でゴールドグラブ賞を受賞しているイチローとは互いに意識しあっている。トリー・ハンター フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ボンズ

    ボビー・ボンズから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    ボビー・ボンズ(Bobby Lee Bonds、1946年3月15日 - 2003年8月23日) は、メジャーリーグの元野球選手。外野手。右投げ右打ち。アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。バリー・ボンズの父。ボビー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ドーソン

    アンドレ・ドーソンから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    アンドレ・ドーソン(Andre Nolan Dawson , 1954年7月10日 - )はアメリカ・メジャーリーグで活躍した元野球選手。外野手。右投右打。アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身。愛称は「ホーク」。ドーソンが記録した400本塁打・300盗塁はウィリー・メイズ、バリー・ボンズを含めメジャー史上3人しか達成していない。アンドレ・ドーソン フレッシュアイペディアより)

  • 300-300クラブ

    300-300クラブから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    300-300達成者は、守備面においても高い能力を発揮した選手が多い。彼らのゴールドグラブ賞受賞回数は、ウィリー・メイズ12回、アンドレ・ドーソン8回、バリー・ボンズ8回など合計38回である。300-300クラブ フレッシュアイペディアより)

  • バディ・ベル

    バディ・ベルから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    現在ではボビー・ボンズ、バリー・ボンズのボンズ親子が合計1,094本と、ベル親子の記録を大幅に更新している。バディ・ベル フレッシュアイペディアより)

  • ロズウェル (ニューメキシコ州)

    ロズウェル (ニューメキシコ州)から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    プロ野球の1シーズン72本のホームラン記録は1954年、ロズウェルに居を構えていたロズウェル・ロケッツのジョー・バウマンが打ち立てた(記録は2001年にバリー・ボンズに抜かれた)。ロズウェル (ニューメキシコ州) フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム

    ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    2002年には、地区2位だったものの、99勝63敗でワイルドカードを獲得。ディビジョンシリーズでヤンキースを3勝1敗で下し、リーグチャンピオンシップシリーズではツインズを4勝1敗で下して初のリーグ優勝を果たした。ワールドシリーズではバリー・ボンズ擁するジャイアンツと対戦。ジャイアンツもワイルドカードから勝ちあがっており、史上初のワイルドカード獲得チーム同士の対戦となった。第1戦では敗れたものの、第2戦では弱冠20歳のフランシスコ・ロドリゲスが中継ぎとして登板し、3回を投げて初勝利をあげ、史上最年少のワールドシリーズ勝利投手として一躍注目を浴びた。続く第3戦は10対4で勝利。しかし、第4戦、第5戦と連敗し、ジャイアンツに王手をかけられてしまう。地元に戻った第6戦では、7回まで0対5とリードされていたが、7回と8回に3点ずつ取って、6対5で逆転勝利を収めた。第7戦では、先発のジョン・ラッキーが6回まで投げ、ジャイアンツを1点に抑え込むと、ドネリー、ロドリゲス、トロイ・パーシバルと繋ぎ、最終的に4対1で勝利。球団創設42年目にして初のワールドシリーズ制覇を成し遂げた。ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム フレッシュアイペディアより)

  • ビル・バックナー

    ビル・バックナーから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    よほどワールドシリーズのエラーの印象が強いためか、レッドソックスの大先輩テッド・ウィリアムズよりも61本多い、メジャー歴代54位(2008年終了時点)の通算2,715安打を打ちながら、アメリカ野球殿堂入りは果たせていない。現時点で、バックナーよりも多くの安打を記録した選手で、殿堂入り資格(引退後5年以上経過)がありながら殿堂入りを果たせていないのは、ピート・ローズ(永久追放)の他、アル・オリバー、ペイダ・ピンソン、ハロルド・ベインズ(2007年に資格所得したばかり)の4人だけである(比較的最近までプレイし、まだ殿堂入り資格のないラファエル・パルメイロ、クレイグ・ビジオ、バリー・ボンズを除く)。ビル・バックナー フレッシュアイペディアより)

126件中 41 - 50件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード