126件中 51 - 60件表示
  • ボール (野球)

    ボール (野球)から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    メジャーリーグでは、特に注目度の高い打撃記録の更新が迫ってきた際に、リーグ機構が特別にシリアルナンバーやホログラムシールのついた試合球を用意する。これは記録達成時に使用されたボールを特定する印をつけることで、オークション等へ贋物が出回ることを防止するための処置である。これまでシリアルナンバー付のボールが使用された例としては、バリー・ボンズの通算本塁打記録達成時、アレックス・ロドリゲスの最年少500本塁打達成時(いずれも2007年)、イチローのシーズン最多安打記録達成時(2004年)などがある。ボール (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 故意四球

    故意四球から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    1998年のメジャーリーグにおいて、バリー・ボンズに対してアリゾナ・ダイヤモンドバックスが2点差の二死満塁から故意四球を与えた。故意四球 フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・オズワルト

    ロイ・オズワルトから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    春にアレックス・ロドリゲスのステロイド使用が発覚した際、自らは一切薬物の力には頼っていないことを強調した上で、ロドリゲスを含む薬物使用者を厳しく批判している。薬物使用の疑いが強い元同僚のロジャー・クレメンスなどについて「もし本当に薬物を使っていたことが立証された場合は、全ての記録およびアワード受賞歴は抹消すべき」と話し、同じく薬物を使用していたとされる通算最多本塁打記録保持者のバリー・ボンズに対しても「自分の中では記録保持者はハンク・アーロンのまま」と語っている。ロイ・オズワルト フレッシュアイペディアより)

  • チャック・フィンリー

    チャック・フィンリーから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    移籍後はシーズン最後の登板となったミルウォーキー・ブルワーズ戦で通算200勝を達成するなど7勝4敗・防御率3.80を記録し、チームの地区優勝に貢献した。アリゾナ・ダイヤモンドバックスとのディヴィジョンシリーズでは第2戦に先発し、7回途中を無失点に抑え勝利に貢献する。サンフランシスコ・ジャイアンツとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し、バリー・ボンズに3点本塁打を浴びるなど5回4失点ながら勝利投手となったが、チームは1勝4敗で敗退しリーグ優勝はならなかった。同年限りで現役を引退。チャック・フィンリー フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ハワード

    ライアン・ハワードから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    ナショナルリーグの本塁打王を2回、打点王を3回獲得した強打者。かつてフィリーズで活躍した強打者であるマイク・シュミットは「私どころか、絶好調時のハワードは全盛期のバリー・ボンズよりさらに危険な打者かもしれない」と語っている。ライアン・ハワード フレッシュアイペディアより)

  • ワールドスタジアムEX

    ワールドスタジアムEXから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    イニシアルは「M」。メジャーリーガが名前の一部を変えて登場。ジャンソウ、ペドルチナ、マダッテバ、マグオレオ、ミーサ、ピンズなど。過去にははままじん、イチゴー、つよいじょうなど日本人も登場していた。ユニフォームの色は黒。ワールドスタジアムEX フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルメジャーリーグ2

    実況パワフルメジャーリーグ2から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    選手データは2007年6月末時点の物であるため、この年からMLBに移籍したボストン・レッドソックスの松坂大輔や岡島秀樹、ニューヨーク・ヤンキースの井川慶、ピッツバーグ・パイレーツの桑田真澄、タンパベイ・デビルレイズの岩村明憲も収録されている。もちろん、前作にも収録されていたイチロー、松井秀喜、城島健司、斎藤隆等の日本人選手、更にはMLBのスーパースターも収録されている。一部の選手(MLBPA〔メジャーリーグ選手会〕所属以外の選手)は名前の使用権等の問題で偽名で表示されたり肌の色が変更されている。偽名選手の場合は「G.*****」の様に、最初に「G.」が付く(例:バリー・ボンズ→G.ゴンザレス)。実況パワフルメジャーリーグ2 フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルメジャーリーグ

    実況パワフルメジャーリーグから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    一部の選手(MLBPA〔メジャーリーグ選手会〕所属以外の選手)は名前の使用権等の問題で偽名で表示されたり肌の色が変更されている。偽名選手の場合は最初に「G.」が付き、「G.*****」(例:バリー・ボンズ→G.ゴンザレス)となる。実況パワフルメジャーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ジム・トーミ

    ジム・トーミから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    打撃では昔ながらのクラシックなパワーヒッターとしての球のとらえ方を持ち味とする。打席から一塁到達までのスピードは4.7秒と平均を大きく下回るが、強靭な脚力を生かしてバランスを保ち、バリー・ボンズやジェイソン・ジアンビと比べてテクニックよりも純粋なパワーをもってして極端なアッパースイングから打球を飛ばし、インパクトの瞬間は独特の音を発する。ジェイコブス・フィールドで511フィート(約156メートル)の飛距離を記録したこともあるパワーは40歳を超えてなお健在で、2010年には本塁打の出にくいターゲット・フィールドを本拠地としながら25本中15本塁打をホームで放ち、メジャー屈指の飛距離を維持している。ジム・トーミ フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・ベル

    ジェイ・ベルから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    翌9月29日の古巣のツインズ戦で9番・二塁としてメジャーデビュー。この試合の先発で、交換トレードの相手だったブライレブンからメジャー初本塁打を放つ。その後は内野の控えとしてメジャーに残ったが、開幕前の3月25日、デニー・ゴンザレス(後に巨人でプレー)とのトレードで、後日発表選手として、ピッツバーグ・パイレーツへ移籍。その年の後半から遊撃のレギュラーを獲得。翌からはアンディ・バンスライク、バリー・ボンズ、ボビー・ボニーヤらの主軸へつなぐ二番打者として、パイレーツのナ・リーグ東部地区(当時)3連覇に大きく貢献した。ジェイ・ベル フレッシュアイペディアより)

126件中 51 - 60件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード