144件中 51 - 60件表示
  • 2011年のメジャーリーグベースボール

    2011年のメジャーリーグベースボールから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    4月13日 - サンフランシスコ連邦地裁は運動能力向上薬物を故意には使用していないと証言していた元サンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズに対し、司法妨害のみ有罪とする評決を言い渡し、薬物使用が故意であったかについては裁判不成立で審理無効とした2011年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ピアッツァ

    マイク・ピアッツァから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    2013年1月に初めて対象になったアメリカ野球殿堂入りの投票では得票率57.8%に留まり、殿堂入りに必要な75%に達しなかった。ステロイド使用が確定しているバリー・ボンズに投票した記者からは8割以上の支持を得たのに対し、ボンズに投票しなかった記者からの支持率は4割台に留まったことから、薬物疑惑が影響したのは明らかであった。ピアッツァは翌月に出版される自伝において、禁止薬物の使用を明確に否定した。マイク・ピアッツァ フレッシュアイペディアより)

  • マーキス・グリッソム

    マーキス・グリッソムから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    バリー・ボンズの当時のシーズン新記録となる72号ホームラン(後に73号で自己更新)を手にした人物となった。フェンス際にいた観客がグラブでキャッチしようと試みたもののエラー、外野を守っていたマーキスのもとへと転がり込んだ。このボールをマーキスは「彼は滅多に自分のホームランボールを手にできないからね」と、ボンズにプレゼントした。マーキス・グリッソム フレッシュアイペディアより)

  • マイク・スタントン (左投手)

    マイク・スタントン (左投手)から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    終了時点で史上2位の1178試合登板(1位はジェシー・オロスコの1251試合登板)を記録していたが、同年オフにミッチェル報告書に「スタントンが成長ホルモンを使用していた」という報告があった(本人は否定)。この影響もあってか、開幕直前の3月28日に、所属していたシンシナティ・レッズの若返りの方針もあって解雇された。ミッチェル報告書の「目玉」でもあったバリー・ボンズやロジャー・クレメンス同様、他の球団との契約には至らなかった。マイク・スタントン (左投手) フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ドーソン

    アンドレ・ドーソンから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    愛称は「ホーク」。ドーソンが記録した400本塁打・300盗塁はウィリー・メイズ、バリー・ボンズ、アレックス・ロドリゲスを含めメジャー史上4人しか達成していない。アンドレ・ドーソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・バシック

    マイク・バシックから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    バリー・ボンズにメジャー新記録となる756号ホームランを打たれたことで知られる。マイク・バシック フレッシュアイペディアより)

  • レジー・ジャクソン

    レジー・ジャクソンから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    レジナルド・マルティネス・ジャクソン(Reginald Martinez Jackson, 1946年5月18日 - )は、MLBの元選手。ポジションは外野手。アメリカ合衆国ペンシルベニア州アビントン出身。ニックネームは「Mr. October」。バリー・ボンズは従弟。レジー・ジャクソン フレッシュアイペディアより)

  • トリー・ハンター

    トリー・ハンターから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    守備の名手として知られ、2001年から2009年までに9年連続でゴールドグラブ賞を受賞した。2002年のオールスターゲームでバリー・ボンズの放った本塁打性の打球をジャンプしてもぎ取ったプレーが注目を浴びて以来、本塁打になりそうな打球をジャンプで捕球するプレーが代名詞となり、そこからホームラン・ハンターのニックネームがつけられている。同じく外野手をポジションとし、2001年から10年連続でゴールドグラブ賞を受賞しているイチローとは互いに意識しあっている。トリー・ハンター フレッシュアイペディアより)

  • プリンス・フィルダー

    プリンス・フィルダーから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    父セシルも大リーグ通算319本塁打をマークしており、親子での300本塁打到達はボビーとバリーのボンズ親子に続き、メジャーで2組目。プリンス・フィルダー フレッシュアイペディアより)

  • チャック・フィンリー

    チャック・フィンリーから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    移籍後はシーズン最後の登板となったミルウォーキー・ブルワーズ戦で通算200勝を達成するなど7勝4敗・防御率3.80を記録し、チームの地区優勝に貢献した。アリゾナ・ダイヤモンドバックスとのディビジョンシリーズでは第2戦に先発し、7回途中を無失点に抑え勝利に貢献する。サンフランシスコ・ジャイアンツとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し、バリー・ボンズに3点本塁打を浴びるなど5回4失点ながら勝利投手となったが、チームは1勝4敗で敗退しリーグ優勝はならなかった。同年限りで現役を引退。チャック・フィンリー フレッシュアイペディアより)

144件中 51 - 60件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード