144件中 71 - 80件表示
  • 宮武俊

    宮武俊から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    好きな有名人はバリー・ボンズで好きなアーティストはSuperfly、長渕剛宮武俊 フレッシュアイペディアより)

  • ブライス・ハーパー

    ブライス・ハーパーから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    ビッグマウスで、目標を聞かれると「殿堂入りさ。史上最も偉大な野球選手と思われたいね」と語り、「GQ」誌で「球界にはもっとスーパースターが必要だ」「アルバートと俺は互いに尊敬し合っている」と発言した。1A+でプレーしていた頃は、ホームランを打った後感触を味わうように打球を見送り、投手に何か言われるとホームインの時にキスの仕草で応じ、「エフ(ファック)・ユー」とつぶやいた。走攻守に秀でた才能と共にこういった部分を指して、「GQ」誌は「ネクスト・バリー・ボンズ」と形容した。ブライス・ハーパー フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・デルガド

    カルロス・デルガドから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    同年はファンやマスコミのうるさい大都市での活躍が危惧されていたが、打率.265、38本塁打、114打点を記録し、チームはプエルトリカンのカルロス・ベルトラン、デビッド・ライトが100打点以上を記録し、18年ぶりに地区優勝した。8月22日に満塁本塁打で通算400本塁打を達成し、バリー・ボンズ(13年)、ジミー・フォックス(12年)、サミー・ソーサ(10年)の3人しか達成していない10年連続30本塁打を達成した。初のポストシーズンとなったデルガドは10試合で打率.351・4本塁打・11打点の好成績を残した。慈善活動にも熱心で、母国プエルトリコの恵まれない子供らを支援する基金を設立するなど、複数の福祉活動を行っており、10月24日にロベルト・クレメンテ賞を受賞した。マーリンズとの4年契約には移籍を要求できるようになっていたが、「残りの野球人生をメッツでまっとうしたい」として残留した。カルロス・デルガド フレッシュアイペディアより)

  • SHEILA

    SHEILAから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    シーズン中のインタビューに滅多に応じないバリー・ボンズのインタビューを行ったことがある。SHEILA フレッシュアイペディアより)

  • リッキー・ヘンダーソン

    リッキー・ヘンダーソンから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    また、バリー・ボンズには破られたが、通算2190四球はMLB歴代2位の記録。ただし、ボンズの四球に敬遠が多く含まれており(2007年終了時点でボンズは2558四球のうち敬遠と記録されたものが688個、ヘンダーソンは2190四球のうちわずか61個)、対してヘンダーソンが中軸ではなく出塁させることが守備側にとって不利になる先頭打者であることを考慮に入れると、自力で奪い取った四球の数は実質的にトップだと言える。メジャー通算での出塁率は4割を超えている。リッキー・ヘンダーソン フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルメジャーリーグ

    実況パワフルメジャーリーグから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    一部の選手(MLBPA〔メジャーリーグ選手会〕所属以外の選手)は名前の使用権等の問題で偽名で表示されたり肌の色が変更されている。偽名選手の場合は最初に「G.」が付き、「G.*****」(例:バリー・ボンズ→G.ゴンザレス)となる。実況パワフルメジャーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ボラス

    スコット・ボラスから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    2001年 - バリー・ボンズ サンフランシスコ・ジャイアンツと9000万ドルの5年契約スコット・ボラス フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ系アメリカ人

    アフリカ系アメリカ人から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    4大スポーツで最も古い歴史を持つ野球においては、1947年にジャッキー・ロビンソンがデビューするまで、アフリカ系選手が事実上MLBから締め出されていた。それまでは、アフリカ系選手のみで構成されるニグロリーグが隆盛を誇った。ロビンソンら黎明期のアフリカ系選手は、人種差別に苦しみながらも結果を残し、次第にアフリカ系選手はMLBになくてはならない存在になっていった。フランク・ロビンソンが初のアフリカ系監督になったものの、近年はアフリカ系選手の減少が目立っている。MLBの登録選手に占めるアフリカ系アメリカ人の比率は1995年から2006年までに半減し、8.4%まで下がった。2009年には減り続けていたアフリカ系選手の数が久々に増加に転じ、比率も10.2%にまで上昇したものの、MLBはこうした事態に危機感を抱き、アフリカ系選手の開拓に乗り出している。また、カーティス・グランダーソン、トリー・ハンター、リッキー・ウィークス・ビル・ホールらのように、多くの現役選手がアフリカ系コミュニティへの普及活動を積極的に行っている。アフリカ系アメリカ人の野球選手は、ケン・グリフィー・ジュニアやバリー・ボンズに代表される走攻守揃った5ツールプレイヤーや、リッキー・ヘンダーソン、ケニー・ロフトンのような盗塁数を積み重ねる俊足選手が多い。ポジションでは、圧倒的に外野手が多く、特に中堅手が多い。アフリカ系アメリカ人 フレッシュアイペディアより)

  • トッド・ヘルトン

    トッド・ヘルトンから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    バリー・ボンズが首位打者のタイトルを獲得し、2年連続で打率がリーグ2位に終わった。本塁打は30本の大台に乗せたが、得点圏にランナーがいるときの打数は127で四球が55と勝負を避けられ、打点は6年ぶりに100を下回った。その恩恵でヘルトンの後を打つビニー・カスティーヤは打点王となった。守備では高く評価され、2002年以来となるゴールドグラブ賞に輝いている。トッド・ヘルトン フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のMLBオールスターゲーム

    2007年のMLBオールスターゲームから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    ファン投票は4月27日から6月28日まで大リーグ公式サイトなどで行われ、結果は7月1日に発表された。総投票数は約1,850万票だった。最多得票は、ナショナルリーグがケン・グリフィー・ジュニア(レッズ)、アメリカンリーグがアレックス・ロドリゲス(ヤンキース)。地元ジャイアンツからは、バリー・ボンズがただ一人選ばれた。結果は以下の通り。2007年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

144件中 71 - 80件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード