144件中 81 - 90件表示
  • 打者

    打者から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    積極的に打ちにいかず、何球か見送る打者を指す。「待球スタイル」とも呼ばれる。四球狙いや、なるべく投手に多くの球数を投げさせるタイプの打者と、バリー・ボンズに代表されるような打てる球が来るまでは打ちにいかない「好球必打」の打者に分かれる。打者 フレッシュアイペディアより)

  • ジャイロボール

    ジャイロボールから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    ダルビッシュ有は自身のTwitterで「ジャイロボーラーなんていない」、「ジャイロを目指しても得るものはゼロ」、「投げられたとしても全くスピードが出ない」と発言した上で、「皆が見た事あるジャイロはカット(ジャイロカッター)orスライダーの抜けただけの球」と説明した。また、この発言に対して松坂大輔も同意し「カットボールがシュート回転した」とツイートした。一方、山本浩二らOBの選手は「江夏豊の球が近かった」と語っており、手塚一志、姫野龍太郎共著『魔球の正体』内では田淵幸一が手塚一志のジャイロボールの話を聞き、「あんな軌道のボールを受けたのはヤツが最初で最後だ。今の話を聞いて、お前のいうジャイロで間違いなかった」と言っている。さらに、松中信彦ら他の当時現役選手からも多数意見があり、ペドロ・バルデスは2001年9月3日にルーキーだった渡辺俊介と対戦し頭の高さのストレートを空振り三振、そして「生まれてはじめて見る球種だ。地面スレスレの高さで飛んできたのに、スイングしたら、頭より高いボール球だった」など後に取材でジャイロボールだと発言(但し、前述の通りジャイロボールには純回転のストレート以上に軌道が高く見えることはない)。また、2000年の日米野球でジャイロボールを投げたと言われる川尻哲郎投手と対戦したバリー・ボンズはジャイロボールについてのDVDを見たあと、記者から「あれはジャイロボールだったか?」と尋ねられ「分からんな」と語っている。ジャイロボール フレッシュアイペディアより)

  • アナボリックステロイド

    アナボリックステロイドから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    バリー・ボンズやホセ・カンセコ、マーク・マグワイアなどといった記録的な野球選手らのステロイド常用の発覚、そしてステロイドが原因と見られる著名なプロレスラーらの夭折が相次いで発生した2000年代にあっては、社会―特にスポーツ界におけるステロイドの蔓延という問題を議会が大きく取り上げるに至り、時のブッシュ政権は、ステロイドの危険性を啓発するための学校教育プログラムに巨費を投じた。アナボリックステロイド フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ハワード

    ライアン・ハワードから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    ナショナルリーグのMVPを1回、本塁打王を2回、打点王を3回獲得した強打者。かつてフィリーズで活躍した強打者であるマイク・シュミットは「私どころか、絶好調時のハワードは全盛期のバリー・ボンズよりさらに危険な打者かもしれない」と語っている。ライアン・ハワード フレッシュアイペディアより)

  • 刑事ナッシュ・ブリッジス

    刑事ナッシュ・ブリッジスから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    ゲストスターの顔ぶれが豪華で、(ヴァン・ヘイレンの2代目・4代目ボーカリスト)サミー・ヘイガーやルーシー・リュー(女優)、バリー・ボンズ(大リーグ選手)、カール・マローン(NBA選手)、ロバート・ロドリゲス(映画監督)、大ヒットドラマ『特捜刑事マイアミヴァイス』でドン・ジョンソンと共演したフィリップ・マイケル・トーマス、ジョン・ディール、グレン・フライ(イーグルスのリーダー)なども登場する。ナッシュの兄ロバートを演じたジャン・マイケル・ヴィンセントは、『超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ』のストリングフェロー・ホーク。刑事ナッシュ・ブリッジス フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・ジョンソン

    ハワード・ジョンソンから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    また、「30-30」を三回達成したのは、当時ボビー・ボンズ(バリー・ボンズの父)に次いで大リーグ史上二人目であった。終了時点で他に3回以上達成したのはボビー、バリーのボンズの親子とアルフォンソ・ソリアーノのみである。ハワード・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・オズワルト

    ロイ・オズワルトから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    春にアレックス・ロドリゲスのステロイド使用が発覚した際、自らは一切薬物の力には頼っていないことを強調した上で、ロドリゲスを含む薬物使用者を厳しく批判している。薬物使用の疑いが強い元同僚のロジャー・クレメンスなどについて「もし本当に薬物を使っていたことが立証された場合は、全ての記録およびアワード受賞歴は抹消すべき」と話し、同じく薬物を使用しているとされる通算最多本塁打記録保持者のバリー・ボンズに対しても「自分の中では記録保持者はハンク・アーロンのまま」と語っている。ロイ・オズワルト フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・マリス

    ロジャー・マリスから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    にマリスのシーズン61本塁打は公式記録に変更され、1998年に更新されるまでマリスの記録のみが記載され彼の死後、2001年にはマリスとマントルの本塁打記録への挑戦を描いた映画『61*』が公開。その中にはマリスが実際受けた嫌がらせの数々やストレスによる抜け毛が描写されている。マリス役はバリー・ペッパーにより演じられ、マリスを越える61本塁打以上を放った3選手(マグワイア、ソーサ、バリー・ボンズ)にアナボリックステロイド使用疑惑が浮上した際、ノースダコタ州議会はマリスの記録が正当な記録であると迫る文書をMLB機構に送った。現在でも、正当なシーズン本塁打記録はマリスの61本だと信じるファンも多い。ロジャー・マリス フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボールのドーピング問題

    メジャーリーグベースボールのドーピング問題から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    セリグコミッショナーがバリー・ボンズの薬物使用歴を大きく取り上げた『ゲーム・オブ・シャドウズ』の出版を機にジョージ・J・ミッチェル元民主党上院議員に薬物使用の実態調査を依頼し、12月13日に発表されたミッチェル報告書と呼ばれる報告書では89人の実名が挙げられ、この報告書で薬物を使用したとされる選手の中には日本プロ野球に所属した経験のある選手の名前もあったが、日本野球機構(NPB)の根來泰周コミッショナーはNPBの薬物対策に問題は無いとして、報告書とは無関係の立場を取った。メジャーリーグベースボールのドーピング問題 フレッシュアイペディアより)

  • バルコ・スキャンダル

    バルコ・スキャンダルから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    バルコ(BALCO)社は1984年に、ビクター・コンテによって設立された。バルコ社は1988年から2002年にかけて運動能力向上薬物を提供していた。コンテが禁止薬物の提供を認めたと報道された顧客は陸上競技選手15人、NFL選手7人、メジャーリーグベースボール(MLB)選手5人の計27人。陸上競技のマリオン・ジョーンズ、ティム・モンゴメリ、ドウェイン・チェンバース、MLBのバリー・ボンズ、ゲイリー・シェフィールド、ジェイソン・ジアンビ、NFLのビル・ロマノフスキーといったスポーツ界の一流選手も名を連ねていた。バルコ・スキャンダル フレッシュアイペディアより)

144件中 81 - 90件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード