126件中 81 - 90件表示
  • ボビー・ボニーヤ

    ボビー・ボニーヤから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    1987年、主に三塁手として起用されたボニーヤは打率.300、15本塁打、77打点と活躍。1988年には159試合で打率.274、24本塁打、100打点の活躍でチームの2位浮上に貢献。また、この年初のオールスター出場を果たした。1990年には外野(ライト)に転向し、レフト・バリー・ボンズ、センター・アンディ・バンスライクとともにナショナルリーグ屈指の外野トリオを形成し、チームは1990年、1991年に2年連続地区優勝を果たす。特に1990年には32本塁打、120打点を記録し、MVPに選ばれたボンズに引けを取らない大活躍をした。1991年も18本塁打だが100打点を記録。ボビー・ボニーヤ フレッシュアイペディアより)

  • ダグ・ドレイベック

    ダグ・ドレイベックから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    パイレーツは移籍前年は最下位に終わり、トニー・ペーニャ、リック・ローデン、ジョニー・レイら高給取りのベテランを次々と放出してチームの若返りを図り、新人選手やトレードで獲得した若手選手を積極的に起用。1987年は11勝12敗をあげ、チームの最下位脱出に貢献。1986年から87年にかけて、バリー・ボンズが新人として昇格。他にも移籍してきたボビー・ボニーヤ、アンディ・バンスライク、マイク・ダンらが活躍して、将来に希望をみせた。ダグ・ドレイベック フレッシュアイペディアより)

  • レッスルマニアX8

    レッスルマニアX8から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    今大会でもっとも注目された一戦は、第9試合で行われたザ・ロック対ハルク・ホーガンであった。1993年以来、約9年ぶりに古巣のWWFに復帰したかつての大エース・ホーガンと、現エースであったロックとの新旧スーパースター対決は、「ICON vs ICON(象徴vs象徴)」「モハメド・アリvsマイク・タイソン」「ベーブ・ルースvsバリー・ボンズ」などと様々な形で比喩され、大いに注目を集めた。レッスルマニアX8 フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・ルイス

    フレッド・ルイスから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    5月13日のコロラド・ロッキーズ戦でサイクル安打を達成した。メジャー通算16試合目での達成だった。また、この試合でメジャー初三塁打・初本塁打を打っている。メジャー初本塁打でサイクル安打を達成したのは、史上4人目、メジャー初三塁打・初本塁打でサイクル安打を達成したのは、1918年のクリフ・ヒースコート以来89年ぶりの記録である。6月1日に初の満塁本塁打を打ち、7月4日に2本目の満塁本塁打を打った。ルーキーシーズンに満塁本塁打を2本打った球団史上初の選手となった。この年はバリー・ボンズの現役最終年であり、ルイスはボンズに弟のように可愛がられていた。フレッド・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • ハート記念賞

    ハート記念賞から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    歴代最多受賞者はウェイン・グレツキーの8年連続を含む9回でこれは他の北米四大スポーツ、MLB(バリー・ボンズが7回)、NFL、NBAを併せても史上最多である。またハート記念賞を2チーム以上で受賞したのはグレツキーとマーク・メシエだけである。1990年にメシエはレイモンド・ボークと比べて1位票の差、わずか2票で受賞している。ハート記念賞 フレッシュアイペディアより)

  • ティム・リンスカム

    ティム・リンスカムから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    メジャー1年目は7勝5敗。投球回数を上回る150奪三振を記録し、新人選手としてリーグ最多となった。チームは地区最下位に終わり、バリー・ボンズの退団や得点力不足を補うため強打者獲得が急務となる中、シーズン終了後にアレックス・リオスや松井秀喜らを獲得するためのトレード候補として、リンスカムの名前が報じられた。しかし、FAとなっていたアーロン・ローワンドを獲得し、リンスカムのトレードは行われなかった。ティム・リンスカム フレッシュアイペディアより)

  • 360°モンキーズ

    360°モンキーズから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地AT&Tパークで757号のスプラッシュヒットを放つバリー・ボンズと熱烈なファン360°モンキーズ フレッシュアイペディアより)

  • トッド・リンデン

    トッド・リンデンから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    その後サンフランシスコ・ジャイアンツと契約し、にメジャーデビュー。初本塁打は9月22日に石井一久から放った。それからは主にバリー・ボンズの守備固めに入る控え選手としてプレーしていたが、5月10日にジャイアンツから戦力外となり、5月18日にフロリダ・マーリンズへ移籍した。しかし、2007年シーズン終了後に解雇となった。11月21日にオークランド・アスレチックスとマイナー契約を結びスプリングトレーニングに招待選手として参加したが、開幕のメジャーロースター入りはならず、そのまま5月20日にアスレチックスから解雇された。5月27日にクリーブランド・インディアンスとマイナー契約。ここでもメジャー昇格は果たせず、シーズン終了後にフリーエージェントとなった。トッド・リンデン フレッシュアイペディアより)

  • 1964年

    1964年から見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    7月24日 - バリー・ボンズ、メジャーリーガー1964年 フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・サンドバル

    パブロ・サンドバルから見たバリー・ボンズバリー・ボンズ

    この不振の原因が体調管理の拙さによる太りすぎにあるとみたチームは、サンドバルに「オフの間に減量ができなければマイナー落ち」と厳しく通告。これを受けサンドバルは、球団OBのバリー・ボンズや陸上・十種競技の元世界記録保持者ダン・オブライエンらとトレーニングしたり、好物のポテトチップスや炭酸飲料を断ったりして減量に励み、38ポンド(約17.2キロ)落とした。こうして迎えたのシーズン、サンドバルは開幕から打率3割台を維持。4月末に右手有鈎骨の骨折が発覚し、6月中旬までの長期欠場を強いられたこともあったものの、前半戦終了時点で打率.303・OPS.844と前年から成績を向上させた。この年は故障したホセ・レイエスの代役という形ながらオールスターにも初めて選出され、試合ではブランドン・リーグから適時二塁打を放った。後半戦はさらに調子を上げ、9月15日のロッキーズ戦ではサイクル安打を達成。最終的にチームはポストシーズンへ進出できずワールドシリーズ連覇を逃したが、個人成績では2年ぶりとなる打率.300・20本塁打・OPS.900超えを果たした。パブロ・サンドバル フレッシュアイペディアより)

126件中 81 - 90件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード