前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
158件中 1 - 10件表示
  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たウィリー・メイズ

    バリー・ボンズ(Barry Lamar Bonds, 1964年7月24日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手(外野手)。メジャーリーグのピッツバーグ・パイレーツ、サンフランシスコ・ジャイアンツに所属した。父は5度のシーズン30本塁打30盗塁、通算300本塁打300盗塁を達成したボビー・ボンズ。母方の従弟はレジー・ジャクソンであり、名付け親はウィリー・メイズバリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たサンフランシスコ・ジャイアンツ

    バリー・ボンズ(Barry Lamar Bonds, 1964年7月24日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手(外野手)。メジャーリーグのピッツバーグ・パイレーツ、サンフランシスコ・ジャイアンツに所属した。父は5度のシーズン30本塁打30盗塁、通算300本塁打300盗塁を達成したボビー・ボンズ。母方の従弟はレジー・ジャクソンであり、名付け親はウィリー・メイズ。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たボビー・ボンズ

    バリー・ボンズ(Barry Lamar Bonds, 1964年7月24日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手(外野手)。メジャーリーグのピッツバーグ・パイレーツ、サンフランシスコ・ジャイアンツに所属した。父は5度のシーズン30本塁打30盗塁、通算300本塁打300盗塁を達成したボビー・ボンズ。母方の従弟はレジー・ジャクソンであり、名付け親はウィリー・メイズ。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たアルフォンソ・ソリアーノ

    1996年シーズン、ボンズは42本塁打、40盗塁を記録し、ナショナルリーグ初、当時メジャーリーグ史上2人目の40本塁打40盗塁を達成した。他の達成者には、ホセ・カンセコ(1988年に達成)、アレックス・ロドリゲス(1998年)、アルフォンソ・ソリアーノ(2006年)がいる。父ボビーは1973年に39本塁打、43盗塁を記録するも本塁打が1本及ばなかった。また打率.308と129打点、151四球を記録、四球数は当時のナリーグ記録であった。さらにこの年、4月27日のフロリダ・マーリンズ戦でジョン・バーケットから通算300号、301号となる本塁打を放ち、ウィリー・メイズ、アンドレ・ドーソン、父であるボビー・ボンズに次ぐ当時史上4人目となる通算300本塁打300盗塁も記録するなど充実したシーズンを送ったものの、MVP投票では5位に終わった。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たホセ・カンセコ

    1996年シーズン、ボンズは42本塁打、40盗塁を記録し、ナショナルリーグ初、当時メジャーリーグ史上2人目の40本塁打40盗塁を達成した。他の達成者には、ホセ・カンセコ(1988年に達成)、アレックス・ロドリゲス(1998年)、アルフォンソ・ソリアーノ(2006年)がいる。父ボビーは1973年に39本塁打、43盗塁を記録するも本塁打が1本及ばなかった。また打率.308と129打点、151四球を記録、四球数は当時のナリーグ記録であった。さらにこの年、4月27日のフロリダ・マーリンズ戦でジョン・バーケットから通算300号、301号となる本塁打を放ち、ウィリー・メイズ、アンドレ・ドーソン、父であるボビー・ボンズに次ぐ当時史上4人目となる通算300本塁打300盗塁も記録するなど充実したシーズンを送ったものの、MVP投票では5位に終わった。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たアレックス・ロドリゲス

    1996年シーズン、ボンズは42本塁打、40盗塁を記録し、ナショナルリーグ初、当時メジャーリーグ史上2人目の40本塁打40盗塁を達成した。他の達成者には、ホセ・カンセコ(1988年に達成)、アレックス・ロドリゲス(1998年)、アルフォンソ・ソリアーノ(2006年)がいる。父ボビーは1973年に39本塁打、43盗塁を記録するも本塁打が1本及ばなかった。また打率.308と129打点、151四球を記録、四球数は当時のナリーグ記録であった。さらにこの年、4月27日のフロリダ・マーリンズ戦でジョン・バーケットから通算300号、301号となる本塁打を放ち、ウィリー・メイズ、アンドレ・ドーソン、父であるボビー・ボンズに次ぐ当時史上4人目となる通算300本塁打300盗塁も記録するなど充実したシーズンを送ったものの、MVP投票では5位に終わった。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たゴールドグラブ賞

    1986年にピッツバーグ・パイレーツでメジャーデビューの後に、1993年にサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍し2007年まで現役選手としてプレーした。メジャーリーグ史上最多の7回のMVP受賞(4年連続の受賞を含む)、14回のオールスター選出、8回のゴールドグラブ賞、2001年に樹立したシングルシーズン記録の73本塁打、長打率.863、2004年に樹立した232四球、120敬遠四球、出塁率.609、OPS1.422、また通算記録となる762本塁打、2558四球、688敬遠四球、史上唯一の500本塁打500盗塁など、そのキャリアを通じて数々のメジャーリーグ記録を残し、史上最も偉大な野球選手の一人とされる。同時にそのキャリアについては賛否両論で、特に2003年からは栄養補助食品会社バルコに関する薬物醜聞についての中心人物の一人となり(バルコ・スキャンダル)、2007年11月15日には、バルコに対する政府調査の最中大陪審において「違法薬物と知りながらステロイドを使用したわけではない」と嘘の証言をしたと伝えられ、司法妨害の罪と偽証の罪で起訴された。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たサミー・ソーサ

    1999年のスプリングトレーニング時にいつもより体重を増やした状態で登場。同年は怪我の影響もあり102試合にしか出場できず、成績も打率.262、34本塁打、83打点に終わり、ピークは過ぎたと見られることもあった。ただし僅か355打数で34本塁打を放っており、本塁打率は自己最高を記録している。その翌年である2000年シーズン、ボンズは打率.306、49本塁打、長打率.688とリーグトップとなる117四球を記録した。本塁打と長打率は36歳のシーズンにして自己最高を記録し本塁打は1位のサミー・ソーサに1本差に迫り、MVP投票でも同僚のジェフ・ケントに次ぎ2位に入った。1999年のメジャーリーグベースボール・オールセンチュリー・チームの投票では、外野手部門にノミネートされたものの、当時の現役野手で唯一選出されたケン・グリフィー・ジュニアに阻まれ、選出には至らなかった。この事についてビル・ジェイムズは「ボンズは私の見た中で最も正当な評価をされていない野球選手であろう、グリフィーは凄い人気があるが、ボンズの方が断然に優れた選手である」と異論を唱え、ボンズについて当時の時点で史上16番目に偉大な野球選手としている。また、ジェイムズはボンズについて「将来的にボンズは歴史上5指に入る偉大な野球選手となるだろう」とも言及している。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たハンク・アーロン

    セイバーメトリクスの創始者であるビル・ジェイムズはボンズを90年代最高の野球選手として評価した。(2位にはクレイグ・ビジオが選ばれている。)また、1999年にはスポーティング・ニュースの選ぶ100人の偉大な野球選手のランキングにおいて当時の現役選手としては最高位になる34位に選ばれた。2005年に再び発表された同ランキングでは、ベーブ・ルース、ウィリー・メイズ、タイ・カッブ、ウォルター・ジョンソン、そしてハンク・アーロンに次ぐ6位に選ばれた。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たベーブ・ルース

    セイバーメトリクスの創始者であるビル・ジェイムズはボンズを90年代最高の野球選手として評価した。(2位にはクレイグ・ビジオが選ばれている。)また、1999年にはスポーティング・ニュースの選ぶ100人の偉大な野球選手のランキングにおいて当時の現役選手としては最高位になる34位に選ばれた。2005年に再び発表された同ランキングでは、ベーブ・ルース、ウィリー・メイズ、タイ・カッブ、ウォルター・ジョンソン、そしてハンク・アーロンに次ぐ6位に選ばれた。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
158件中 1 - 10件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード