158件中 91 - 100件表示
  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た打率

    サンマテオのジュニーペロ・セラ高校に入学し、野球を始めとして、バスケットボール、アメリカンフットボールで優れた才能を発揮した。野球においては、入学当初は新人チームに所属し、後に1980年から1982年までの3年間選抜チームのメンバーとして活躍した。高校通算での打率は.404、高校3年次には.467を記録し、高校全米選抜チームに選ばれた。1982年のドラフトでは、父も在籍して自身のルーツとも称する地元球団のサンフランシスコ・ジャイアンツから2巡目で指名されたが、契約金においてボンズの要求額が75,000ドル(現在の貨幣価値でおよそ170,000ドル)であった事に対して、当時のジャイアンツのゼネラルマネージャーであったトム・ホーラーによる球団の提示額が70,000ドルであったために折り合いがつかず、ボンズはアリゾナ州立大学への進学を選ぶ。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た打点

    大学では、3年間で打率.347、45本塁打・175打点を記録した。1984年には打率.360、盗塁30、1985年には.368、23本塁打、66打点を記録し、この年ボンズはスポーティングニュースの全米選抜に選出された。大学オールスターには3年連続で選出された。大学2年次にはカレッジワールドシリーズにおいて7打数連続安打というNCAAの大学記録に並び、当時のチームは1996年にカレッジワールドシリーズにおける最高チームに選ばれた。1986年にボンズは大学を卒業し、犯罪学の学位を取得した。また、ASU On Deck Circle MVPも受賞した。他の歴代受賞者にはダスティン・ペドロイア、ウィリー・ブルームクイスト、ポール・ロデューカ、アイク・デイヴィスなどがいる。大学時代、ボンズはアラスカ夏季大学野球リーグのアラスカ・ゴールドパナーズのメンバーとしてプレーしたこともあった。アラスカ夏季大学野球リーグは大学リーグでありながら、非常にマイナーリーグに近いレベルのリーグとされている。1985年には、ピッツバーグ・パイレーツから1巡目(全体6位)で指名され、入団した。当時のパイレーツ傘下だった1Aカロライナリーグのプリンス・ウィリアム・パイレーツ(現在のポトマック・ナショナルズ)からプロとしてのキャリアをスタートさせた。マイナーでは1985年7月の月間MVPにも選出され、1986年には、3Aパシフィック・コーストリーグのハワイ・アイランダーズ(現在のコロラドスプリングス・スカイソックス)で44試合に出場、打率.311を記録した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た故意四球

    1986年にピッツバーグ・パイレーツでメジャーデビューの後に、1993年にサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍し2007年まで現役選手としてプレーした。メジャーリーグ史上最多の7回のMVP受賞(4年連続の受賞を含む)、14回のオールスター選出、8回のゴールドグラブ賞、2001年に樹立したシングルシーズン記録の73本塁打、長打率.863、2004年に樹立した232四球、120敬遠四球、出塁率.609、OPS1.422、また通算記録となる762本塁打、2558四球、688敬遠四球、史上唯一の500本塁打500盗塁など、そのキャリアを通じて数々のメジャーリーグ記録を残し、史上最も偉大な野球選手の一人とされる。同時にそのキャリアについては賛否両論で、特に2003年からは栄養補助食品会社バルコに関する薬物醜聞についての中心人物の一人となり(バルコ・スキャンダル)、2007年11月15日には、バルコに対する政府調査の最中大陪審において「違法薬物と知りながらステロイドを使用したわけではない」と嘘の証言をしたと伝えられ、司法妨害の罪と偽証の罪で起訴された。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た長打率

    1986年にピッツバーグ・パイレーツでメジャーデビューの後に、1993年にサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍し2007年まで現役選手としてプレーした。メジャーリーグ史上最多の7回のMVP受賞(4年連続の受賞を含む)、14回のオールスター選出、8回のゴールドグラブ賞、2001年に樹立したシングルシーズン記録の73本塁打、長打率.863、2004年に樹立した232四球、120敬遠四球、出塁率.609、OPS1.422、また通算記録となる762本塁打、2558四球、688敬遠四球、史上唯一の500本塁打500盗塁など、そのキャリアを通じて数々のメジャーリーグ記録を残し、史上最も偉大な野球選手の一人とされる。同時にそのキャリアについては賛否両論で、特に2003年からは栄養補助食品会社バルコに関する薬物醜聞についての中心人物の一人となり(バルコ・スキャンダル)、2007年11月15日には、バルコに対する政府調査の最中大陪審において「違法薬物と知りながらステロイドを使用したわけではない」と嘘の証言をしたと伝えられ、司法妨害の罪と偽証の罪で起訴された。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たMLBオールスターゲーム

    1986年にピッツバーグ・パイレーツでメジャーデビューの後に、1993年にサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍し2007年まで現役選手としてプレーした。メジャーリーグ史上最多の7回のMVP受賞(4年連続の受賞を含む)、14回のオールスター選出、8回のゴールドグラブ賞、2001年に樹立したシングルシーズン記録の73本塁打、長打率.863、2004年に樹立した232四球、120敬遠四球、出塁率.609、OPS1.422、また通算記録となる762本塁打、2558四球、688敬遠四球、史上唯一の500本塁打500盗塁など、そのキャリアを通じて数々のメジャーリーグ記録を残し、史上最も偉大な野球選手の一人とされる。同時にそのキャリアについては賛否両論で、特に2003年からは栄養補助食品会社バルコに関する薬物醜聞についての中心人物の一人となり(バルコ・スキャンダル)、2007年11月15日には、バルコに対する政府調査の最中大陪審において「違法薬物と知りながらステロイドを使用したわけではない」と嘘の証言をしたと伝えられ、司法妨害の罪と偽証の罪で起訴された。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た出塁率

    1986年にピッツバーグ・パイレーツでメジャーデビューの後に、1993年にサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍し2007年まで現役選手としてプレーした。メジャーリーグ史上最多の7回のMVP受賞(4年連続の受賞を含む)、14回のオールスター選出、8回のゴールドグラブ賞、2001年に樹立したシングルシーズン記録の73本塁打、長打率.863、2004年に樹立した232四球、120敬遠四球、出塁率.609、OPS1.422、また通算記録となる762本塁打、2558四球、688敬遠四球、史上唯一の500本塁打500盗塁など、そのキャリアを通じて数々のメジャーリーグ記録を残し、史上最も偉大な野球選手の一人とされる。同時にそのキャリアについては賛否両論で、特に2003年からは栄養補助食品会社バルコに関する薬物醜聞についての中心人物の一人となり(バルコ・スキャンダル)、2007年11月15日には、バルコに対する政府調査の最中大陪審において「違法薬物と知りながらステロイドを使用したわけではない」と嘘の証言をしたと伝えられ、司法妨害の罪と偽証の罪で起訴された。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た盗塁

    ボンズがピッツバーグでのキャリアをスタートさせるまで、パイレーツの観客動員力は非常に低いものであった。1984年シーズンと1985年シーズンではホームゲームの81パーセントで観客動員数は10,000人を下回っていた。ボンズは1986年5月30日にメジャーリーグでのキャリアをスタートさせ、ナショナルリーグのルーキーの中で最高の16本塁打、48打点、36盗塁と65四球を記録したが、打率は.223に終わり新人王投票では6位に甘んじた。プロ2年目での慌ただしい昇格と、与えられた背番号が敬愛するウィリー・メイズと同じ24番でなかったことが成績の低下を招いたとして、球団に不満を訴えた。87年シーズンからは本人の希望通りに24番を付けることとなったが、ルーキー時代の背番号は7番であり、キャリア初期は1番打者として出場していた。デビューから1987年にアンディー・ヴァンスライクがパイレーツに移籍してくるまではセンターを守っていた。ヴァンスライクの移籍に伴いレフトへコンバートされた.。ボンズとヴァンスライクの左中間コンビは、フィールドの外では良好な関係を築くことはなかったのにも関わらず、見事な連携を見せ広い守備範囲をカバーした。ボンズの加入により、パイレーツの観客動員数は増加し、1987年のホーム開幕戦では、球団記録となる52,119人の観客動員を記録した。その年2年目のボンズは25本のホームランと59の打点、32の盗塁を記録し、88年シーズンは打率.283、24本塁打を記録、球団も88年のホーム開幕戦ではさらに前年度の球団記録を上回る54,089人の観客を動員した。1989年は19本塁打、58打点に終わったものの、ナショナルリーグ2位となる14捕殺を記録した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た四球

    1986年にピッツバーグ・パイレーツでメジャーデビューの後に、1993年にサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍し2007年まで現役選手としてプレーした。メジャーリーグ史上最多の7回のMVP受賞(4年連続の受賞を含む)、14回のオールスター選出、8回のゴールドグラブ賞、2001年に樹立したシングルシーズン記録の73本塁打、長打率.863、2004年に樹立した232四球、120敬遠四球、出塁率.609、OPS1.422、また通算記録となる762本塁打、2558四球、688敬遠四球、史上唯一の500本塁打500盗塁など、そのキャリアを通じて数々のメジャーリーグ記録を残し、史上最も偉大な野球選手の一人とされる。同時にそのキャリアについては賛否両論で、特に2003年からは栄養補助食品会社バルコに関する薬物醜聞についての中心人物の一人となり(バルコ・スキャンダル)、2007年11月15日には、バルコに対する政府調査の最中大陪審において「違法薬物と知りながらステロイドを使用したわけではない」と嘘の証言をしたと伝えられ、司法妨害の罪と偽証の罪で起訴された。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た首位打者 (MLB)

    40歳での首位打者、MVP獲得はともにメジャー最高齢記録:2004年バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たAT&Tパーク

    2007年は通算本塁打の記録更新が近付いていたため開幕から注目されていたが、メジャーデビューから22年目の2007年8月4日、ペトコ・パークのパドレス戦でハンク・アーロンの持つ755本のメジャー通算本塁打記録に並ぶ。それから三日後の8月7日、AT&Tパークのナショナルズ戦でマイク・バシック投手から756本目となる本塁打をライトスタンドに打ち込みMLB通算本塁打記録を塗り変えた。ゲーム中にもかかわらず10分に及ぶセレモニーで新記録を祝い、ボンズが自らマイクを握り挨拶を行った。「父さん、皆さん、ありがとう!」と挨拶を締めくくった。なお、チームメイトとの不和が盛んに囁かれてきたボンズだが、この時はベンチ総出で祝福されている。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

158件中 91 - 100件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード