158件中 101 - 110件表示
  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た野球

    サンマテオのジュニーペロ・セラ高校に入学し、野球を始めとして、バスケットボール、アメリカンフットボールで優れた才能を発揮した。野球においては、入学当初は新人チームに所属し、後に1980年から1982年までの3年間選抜チームのメンバーとして活躍した。高校通算での打率は.404、高校3年次には.467を記録し、高校全米選抜チームに選ばれた。1982年のドラフトでは、父も在籍して自身のルーツとも称する地元球団のサンフランシスコ・ジャイアンツから2巡目で指名されたが、契約金においてボンズの要求額が75,000ドル(現在の貨幣価値でおよそ170,000ドル)であった事に対して、当時のジャイアンツのゼネラルマネージャーであったトム・ホーラーによる球団の提示額が70,000ドルであったために折り合いがつかず、ボンズはアリゾナ州立大学への進学を選ぶ。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たバスケットボール

    サンマテオのジュニーペロ・セラ高校に入学し、野球を始めとして、バスケットボール、アメリカンフットボールで優れた才能を発揮した。野球においては、入学当初は新人チームに所属し、後に1980年から1982年までの3年間選抜チームのメンバーとして活躍した。高校通算での打率は.404、高校3年次には.467を記録し、高校全米選抜チームに選ばれた。1982年のドラフトでは、父も在籍して自身のルーツとも称する地元球団のサンフランシスコ・ジャイアンツから2巡目で指名されたが、契約金においてボンズの要求額が75,000ドル(現在の貨幣価値でおよそ170,000ドル)であった事に対して、当時のジャイアンツのゼネラルマネージャーであったトム・ホーラーによる球団の提示額が70,000ドルであったために折り合いがつかず、ボンズはアリゾナ州立大学への進学を選ぶ。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たアメリカンフットボール

    サンマテオのジュニーペロ・セラ高校に入学し、野球を始めとして、バスケットボール、アメリカンフットボールで優れた才能を発揮した。野球においては、入学当初は新人チームに所属し、後に1980年から1982年までの3年間選抜チームのメンバーとして活躍した。高校通算での打率は.404、高校3年次には.467を記録し、高校全米選抜チームに選ばれた。1982年のドラフトでは、父も在籍して自身のルーツとも称する地元球団のサンフランシスコ・ジャイアンツから2巡目で指名されたが、契約金においてボンズの要求額が75,000ドル(現在の貨幣価値でおよそ170,000ドル)であった事に対して、当時のジャイアンツのゼネラルマネージャーであったトム・ホーラーによる球団の提示額が70,000ドルであったために折り合いがつかず、ボンズはアリゾナ州立大学への進学を選ぶ。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たNCAA

    大学では、3年間で打率.347、45本塁打・175打点を記録した。1984年には打率.360、盗塁30、1985年には.368、23本塁打、66打点を記録し、この年ボンズはスポーティングニュースの全米選抜に選出された。大学オールスターには3年連続で選出された。大学2年次にはカレッジワールドシリーズにおいて7打数連続安打というNCAAの大学記録に並び、当時のチームは1996年にカレッジワールドシリーズにおける最高チームに選ばれた。1986年にボンズは大学を卒業し、犯罪学の学位を取得した。また、ASU On Deck Circle MVPも受賞した。他の歴代受賞者にはダスティン・ペドロイア、ウィリー・ブルームクイスト、ポール・ロデューカ、アイク・デイヴィスなどがいる。大学時代、ボンズはアラスカ夏季大学野球リーグのアラスカ・ゴールドパナーズのメンバーとしてプレーしたこともあった。アラスカ夏季大学野球リーグは大学リーグでありながら、非常にマイナーリーグに近いレベルのリーグとされている。1985年には、ピッツバーグ・パイレーツから1巡目(全体6位)で指名され、入団した。当時のパイレーツ傘下だった1Aカロライナリーグのプリンス・ウィリアム・パイレーツ(現在のポトマック・ナショナルズ)からプロとしてのキャリアをスタートさせた。マイナーでは1985年7月の月間MVPにも選出され、1986年には、3Aパシフィック・コーストリーグのハワイ・アイランダーズ(現在のコロラドスプリングス・スカイソックス)で44試合に出場、打率.311を記録した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たリバーサイド (カリフォルニア州)

    カリフォルニア州のリバーサイドで生まれ、サンカルロスで育った。幼い頃は、父とキャンドルスティック・パーク(当時のサンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地)に通い、試合をダグアウトから観ていたという。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たアフガニスタン紛争 (2001年-)

    この本塁打を打ったシーズン最終戦の日の朝、アメリカはアフガン侵略を開始したが、テレビ局ニュース記者によれば、アメリカ国民は「誰もアフガンなんて興味もない。ボンズのホームランに夢中」だった。他にも177四球と長打率.863は、70年以上前にベーブ・ルースが打ち立てたMLB記録を更新するものだった。そしてMLB史上初の4度目のMVPに輝くと、以後2004年まで4年連続でMVPを手にする事となる。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た脳腫瘍

    その後、2人は共に野球人生を歩むことになるが、バリーは先述の教えである「その道のナンバー1になる」つまり、ワールドチャンピオンになることが1度もできずにいた。そんな中、2002年にボビーは肺癌と脳腫瘍が発症し、余命幾許も無い状態となる。ボビーの命のあるうちにチャンピオンリングを手にしたいという想いから、2002年バリーは必死にプレーし、MVPを受賞する程の活躍をする。しかし、ジャイアンツはこの年ワールドシリーズには進むもののアナハイム・エンゼルスに敗れ、ワールドチャンピオンとはならなかった。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たコロラドスプリングス・スカイソックス

    大学では、3年間で打率.347、45本塁打・175打点を記録した。1984年には打率.360、盗塁30、1985年には.368、23本塁打、66打点を記録し、この年ボンズはスポーティングニュースの全米選抜に選出された。大学オールスターには3年連続で選出された。大学2年次にはカレッジワールドシリーズにおいて7打数連続安打というNCAAの大学記録に並び、当時のチームは1996年にカレッジワールドシリーズにおける最高チームに選ばれた。1986年にボンズは大学を卒業し、犯罪学の学位を取得した。また、ASU On Deck Circle MVPも受賞した。他の歴代受賞者にはダスティン・ペドロイア、ウィリー・ブルームクイスト、ポール・ロデューカ、アイク・デイヴィスなどがいる。大学時代、ボンズはアラスカ夏季大学野球リーグのアラスカ・ゴールドパナーズのメンバーとしてプレーしたこともあった。アラスカ夏季大学野球リーグは大学リーグでありながら、非常にマイナーリーグに近いレベルのリーグとされている。1985年には、ピッツバーグ・パイレーツから1巡目(全体6位)で指名され、入団した。当時のパイレーツ傘下だった1Aカロライナリーグのプリンス・ウィリアム・パイレーツ(現在のポトマック・ナショナルズ)からプロとしてのキャリアをスタートさせた。マイナーでは1985年7月の月間MVPにも選出され、1986年には、3Aパシフィック・コーストリーグのハワイ・アイランダーズ(現在のコロラドスプリングス・スカイソックス)で44試合に出場、打率.311を記録した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たトリプルスリー

    キャリア初期から中期ともいえる1990年代においては走攻守三拍子揃った5ツールプレイヤーとして君臨した。30本塁打30盗塁を5度、3割30本塁打30盗塁を3度、3割40本塁打40盗塁を1度記録。このうち40本塁打40盗塁はホセ・カンセコ、アレックス・ロドリゲス、アルフォンソ・ソリアーノら歴代4人しか達成者がいない。また外野手としての肩の強さ、守備範囲の広さもトップクラスで、ゴールドグラブ賞を8度獲得。走攻守全ての面で際立った力を見せた。とりわけ、1997年のオールスターでデービット・コーンとイバン・ロドリゲスの黄金バッテリーから盗塁を奪った事でボンズの高い走力を再確認したファンも多い。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たサンマテオ (カリフォルニア州)

    サンマテオのジュニーペロ・セラ高校に入学し、野球を始めとして、バスケットボール、アメリカンフットボールで優れた才能を発揮した。野球においては、入学当初は新人チームに所属し、後に1980年から1982年までの3年間選抜チームのメンバーとして活躍した。高校通算での打率は.404、高校3年次には.467を記録し、高校全米選抜チームに選ばれた。1982年のドラフトでは、父も在籍して自身のルーツとも称する地元球団のサンフランシスコ・ジャイアンツから2巡目で指名されたが、契約金においてボンズの要求額が75,000ドル(現在の貨幣価値でおよそ170,000ドル)であった事に対して、当時のジャイアンツのゼネラルマネージャーであったトム・ホーラーによる球団の提示額が70,000ドルであったために折り合いがつかず、ボンズはアリゾナ州立大学への進学を選ぶ。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

158件中 101 - 110件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード