190件中 11 - 20件表示
  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たホゼ・カンセコ

    は4月27日のフロリダ・マーリンズ戦でジョン・バーケットから通算300号本塁打を放ち、メイズ、アンドレ・ドーソン、父ボビーに次いで史上4人目となる300本塁打300盗塁を達成。打率.308・42本塁打・129打点・40盗塁、リーグ記録を更新する151四球の成績で、1988年のホゼ・カンセコに次ぐ史上2人目の40本塁打40盗塁を達成し、MVPの投票で5位に入る。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たロジャー・クレメンス

    引退後5シーズンが経過し、にアメリカ野球殿堂入り資格を得た。しかし、ステロイド使用が確定しているボンズに対して、殿堂入りを認めるかどうかの議論が投票前から盛んに行われた。ロジャー・クレメンス、サミー・ソーサといった薬物使用者も同時に殿堂入り資格を得たため、「“ステロイド時代”をどう評価するか」という個人の問題に留まらない重要な論争となった。2012年12月にAP通信が投票有資格者100人以上に対して行った事前調査では、殿堂入りを認めると回答した記者は45%に留まり、殿堂入りに必要な75%には届かなかった(クレメンスには43%、ソーサには18%が殿堂入りを認めると回答)。ニューヨーク・タイムズも同様の調査を行い、43%がボンズとクレメンスの殿堂入りを認めると回答した(ソーサは12%)。これにより初年度の殿堂入りは絶望的な状況となった。反対派の中にも今後考えが変わる可能性はあると回答した記者も多く、論争の決着が付いたとは言えない状況である。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たマリオン・ジョーンズ

    2003年にバルコ社の禁止薬物の販売に関する大陪審で禁止薬物を故意に使用したことはないという証言について、アメリカ連邦大陪審は2007年11月15日に偽証罪で起訴した。ボンズと同様にバルコ社からドーピング投与を受けた疑惑をもたれていた女子陸上競技選手マリオン・ジョーンズもドーピングしていたことを既に認めており、金メダルを返還して引退している。なお偽証罪の直接の訴因は「薬物を使用したこと」ではなく、「薬物を使用したにもかかわらず嘘の証言をした」ことである。同年12月13日に発表されたミッチェル報告書に実名で取り上げられた。ボンズは報告書作成時の調査に関連した聴取を拒否した事に加え、禁止薬物の使用の疑いについて書かれた質問に対する応答を拒否したとされている。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たランディ・ジョンソン

    2003年、バリーは試合以外の時間はボビーの看病をするという生活を続けた。この年もバリーは必死でプレーし、6月23日史上初の「500-500」を達成。8月20日にはボビーがジャイアンツの試合を観戦しに来て、この日もバリーは本塁打を打っている。しかし3日後の8月23日、ボビーは永眠。バリーはその後1週間バットも握れないほど落ち込んだという。だが、ボビーの死から1週間後の復帰戦ではランディ・ジョンソンから本塁打を打っている。この年、MVPを獲得したバリーは「このMVPを父に捧げる。父には本当に感謝している」と涙ながらに語った。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たイバン・ロドリゲス

    キャリア初期から中期ともいえる1990年代においては、走攻守全てに際立った力を持つ5ツールプレイヤーとして君臨した。30本塁打30盗塁を5度、3割30本塁打30盗塁を3度、3割40本塁打40盗塁を1度記録している。このうち40本塁打40盗塁はホセ・カンセコ、アレックス・ロドリゲス、アルフォンソ・ソリアーノ、そしてボンズの4名しか達成者がいない。足の速さ、外野手としての肩の強さ、守備範囲の広さもトップクラスで、ゴールドグラブ賞を8度獲得した。とりわけ、1997年のオールスターでデビッド・コーンとイバン・ロドリゲスの黄金バッテリーから盗塁を奪った事でボンズの高い走力を再確認したファンも多い。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た松井稼頭央

    松井秀喜とは、松井がFAの行使に迷っていた2002年の日米野球で来日した際、「メジャーでも成功するさ。日本と同じジャイアンツに来てほしい」などとエールを送った。また松井とは同年の日米野球の試合前に1974年「王vs.アーロン」以来の「日米本塁打競争」が行なわれたが、緊張で本塁打が打てずにいた彼に「肩の力を抜け」とジェスチュアーをしたり、肩を揉み緊張をほぐす等で気さくに接している。ヒューストン・アストロズの松井稼頭央には2006年のオフの自主トレの際には自身から声を掛けて色々打撃に関してアドバイスを送っている。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た斎藤隆 (野球)

    2007年のオールスターでは、同地区のライバル球団ロサンゼルス・ドジャースのクローザーでもある斎藤隆とロッカーが隣で、斎藤にバットを一本プレゼントした。斎藤は「バリーは今色々言われていて最初は身構えてしまったけれど、僕が話したバリーはとても気さくな人だった。バットのスイートスポットをあともうちょっと広くしたいとか色々話してくれた。」と述懐した。また、岡島秀樹とのツーショットも撮られた。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た王貞治

    松井秀喜とは、松井がFAの行使に迷っていた2002年の日米野球で来日した際、「メジャーでも成功するさ。日本と同じジャイアンツに来てほしい」などとエールを送った。また松井とは同年の日米野球の試合前に1974年「vs.アーロン」以来の「日米本塁打競争」が行なわれたが、緊張で本塁打が打てずにいた彼に「肩の力を抜け」とジェスチュアーをしたり、肩を揉み緊張をほぐす等で気さくに接している。ヒューストン・アストロズの松井稼頭央には2006年のオフの自主トレの際には自身から声を掛けて色々打撃に関してアドバイスを送っている。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たアレックス・ロドリゲス

    キャリア初期から中期ともいえる1990年代においては、走攻守全てに際立った力を持つ5ツールプレイヤーとして君臨した。30本塁打30盗塁を5度、3割30本塁打30盗塁を3度、3割40本塁打40盗塁を1度記録している。このうち40本塁打40盗塁はホセ・カンセコ、アレックス・ロドリゲス、アルフォンソ・ソリアーノ、そしてボンズの4名しか達成者がいない。足の速さ、外野手としての肩の強さ、守備範囲の広さもトップクラスで、ゴールドグラブ賞を8度獲得した。とりわけ、1997年のオールスターでデビッド・コーンとイバン・ロドリゲスの黄金バッテリーから盗塁を奪った事でボンズの高い走力を再確認したファンも多い。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た新庄剛志

    2002年のシーズンのみであったが、ジャイアンツの元チームメイトである新庄剛志は、孤立しがちなボンズと会話する唯一の人物であった。新庄は守備練習の時にグラブを手渡しするなどして、積極的にコミュニケーションをとっていたという。ボンズも打撃練習中に自分が使うマスコットバットを新庄に貸したこともある。翌2003年に新庄がニューヨーク・メッツに復帰した際や引退後にも、好意的なコメントを残している。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

190件中 11 - 20件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード