158件中 21 - 30件表示
  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た松井稼頭央

    松井秀喜とは、松井がFAの行使に迷っていた2002年の日米野球で来日した際、「メジャーでも成功するさ。日本と同じジャイアンツに来てほしい」などとエールを送った。また松井とは同年の日米野球の試合前に1974年「王vs.アーロン」以来の「日米ホームラン競争」が行なわれたが、緊張でホームランが打てずにいた彼に「肩の力を抜け」とジェスチュアーをしたり、肩を揉み緊張をほぐす等で気さくに接している。ヒューストン・アストロズの松井稼頭央には2006年のオフの自主トレの際には自身から声を掛けて色々打撃に関してアドバイスを送っている。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た斎藤隆 (野球)

    2007年のオールスターでは、同地区のライバル球団ロサンゼルス・ドジャースのクローザーでもある斎藤隆とロッカーが隣で、斎藤にバットを一本プレゼントした。斎藤は「バリーは今色々言われていて最初は身構えてしまったけれど、僕が話したバリーはとても気さくな人だった。バットのスイートスポットをあともうちょっと広くしたいとか色々話してくれた。」と述懐した。また、岡島秀樹とのツーショットも撮られた。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たイチロー

    イチローも「あの形、バッターとしては、一番理想に近い形でしょうね。(真似は)アメリカ人でもできない。彼にしかできないという印象。あれができれば、成績残りますよ」と語っている。ボンズの打ち込むホームランボールを目当てにカヌーで待ち構えるファンも多く(特にシーズン本塁打記録などメモリアルなホームランが迫ってくるとまた増える)、また時にはウエットスーツにサーフボードといういでたちで待ちかまえるファンもいる。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たダスティン・ペドロイア

    大学では、3年間で打率.347、45本塁打・175打点を記録した。1984年には打率.360、盗塁30、1985年には.368、23本塁打、66打点を記録し、この年ボンズはスポーティングニュースの全米選抜に選出された。大学オールスターには3年連続で選出された。大学2年次にはカレッジワールドシリーズにおいて7打数連続安打というNCAAの大学記録に並び、当時のチームは1996年にカレッジワールドシリーズにおける最高チームに選ばれた。1986年にボンズは大学を卒業し、犯罪学の学位を取得した。また、ASU On Deck Circle MVPも受賞した。他の歴代受賞者にはダスティン・ペドロイア、ウィリー・ブルームクイスト、ポール・ロデューカ、アイク・デイヴィスなどがいる。大学時代、ボンズはアラスカ夏季大学野球リーグのアラスカ・ゴールドパナーズのメンバーとしてプレーしたこともあった。アラスカ夏季大学野球リーグは大学リーグでありながら、非常にマイナーリーグに近いレベルのリーグとされている。1985年には、ピッツバーグ・パイレーツから1巡目(全体6位)で指名され、入団した。当時のパイレーツ傘下だった1Aカロライナリーグのプリンス・ウィリアム・パイレーツ(現在のポトマック・ナショナルズ)からプロとしてのキャリアをスタートさせた。マイナーでは1985年7月の月間MVPにも選出され、1986年には、3Aパシフィック・コーストリーグのハワイ・アイランダーズ(現在のコロラドスプリングス・スカイソックス)で44試合に出場、打率.311を記録した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た王貞治

    松井秀喜とは、松井がFAの行使に迷っていた2002年の日米野球で来日した際、「メジャーでも成功するさ。日本と同じジャイアンツに来てほしい」などとエールを送った。また松井とは同年の日米野球の試合前に1974年「vs.アーロン」以来の「日米ホームラン競争」が行なわれたが、緊張でホームランが打てずにいた彼に「肩の力を抜け」とジェスチュアーをしたり、肩を揉み緊張をほぐす等で気さくに接している。ヒューストン・アストロズの松井稼頭央には2006年のオフの自主トレの際には自身から声を掛けて色々打撃に関してアドバイスを送っている。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た新庄剛志新庄 剛志

    元チームメイトである新庄剛志は、孤立しがちなボンズと会話する唯一の人物であった。新庄は守備練習の時にグラブを手渡しするなどして、積極的にコミュニケーションをとっていたという。ボンズも打撃練習中に自分が使うマスコットバットを新庄に貸したこともある。後に新庄がニューヨーク・メッツに移籍した際や引退後にも、好意的なコメントを残している。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たシルバースラッガー賞

    1990年シーズン、ボンズはブレイクし、打率.301、33本塁打、114打点とリーグ3位となる52盗塁を記録して初のMVPを受賞した。同時に自身初となるシルバースラッガー賞とゴールドグラブ賞も受賞するなど、キャリア初期のハイライトとなるシーズンを送った。その年パイレーツは、1979年のワールドシリーズ制覇以来11年ぶりにナリーグ東地区を制するも、同じく11年ぶりのポストシーズン進出となったシンシナティ・レッズにリーグチャンピオンシップシリーズで敗れることとなった。なお、79年のポストシーズンではパイレーツはレッズをリーグチャンピオンシップシリーズで破ってそのままワールドシリーズを制している。91年、ボンズは25本塁打、116打点を記録し、2年連続でシルバースラッガー賞とゴールドグラブ賞を受賞するも、MVP投票では首位打者を獲得したアトランタ・ブレーブスのテリー・ペンドルトンに次ぐ2位となる。当時リーグ屈指の強打を誇ったレフトのボンズと、ライトのボビー・ボニーヤ、センターのアンディー・ヴァンスライクの外野手トリオは、3人合わせて90年のポストシーズンでは63打数12安打の打率.190、91年のポストシーズンでは75打数15安打で打率.200と揃って大ブレーキとなってしまった。翌92年シーズン、ボンズは通算2回目となるMVPを獲得、打率.311、34本塁打、103打点に39盗塁を記録し、パイレーツの3年連続の地区優勝の原動力となった。しかし、パイレーツはまたもリーグチャンピオンシップシリーズで破れ、ワールドシリーズへの出場権を得られなかった。特にこの年のパイレーツとブレーブスのリーグチャンピオンシップシリーズ第7戦はメジャーリーグの歴史においても有名な試合であり、9回裏最後の守りまで2-0で試合をリードしていたパイレーツが劇的な逆転サヨナラ負けを喫してしまっている。ボンズはこの試合ではシド・ブリームのサヨナラのホームインを阻止しようとレフトからバックホームを見せるも及ばず、試合終了後に呆然としている姿をテレビカメラに写されている。3年連続で地区優勝を果たしながらワールドシリーズに到達出来なかったパイレーツにとって、ボンズやダグ・ドレイベックを始めとした主力選手達は年俸が高騰しており、再契約は難しいとの見方が出ていたバリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たピッツバーグ・パイレーツ

    バリー・ボンズ(Barry Lamar Bonds, 1964年7月24日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手(外野手)。メジャーリーグのピッツバーグ・パイレーツ、サンフランシスコ・ジャイアンツに所属した。父は5度のシーズン30本塁打30盗塁、通算300本塁打300盗塁を達成したボビー・ボンズ。母方の従弟はレジー・ジャクソンであり、名付け親はウィリー・メイズ。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たタイ・カッブ

    セイバーメトリクスの創始者であるビル・ジェイムズはボンズを90年代最高の野球選手として評価した。(2位にはクレイグ・ビジオが選ばれている。)また、1999年にはスポーティング・ニュースの選ぶ100人の偉大な野球選手のランキングにおいて当時の現役選手としては最高位になる34位に選ばれた。2005年に再び発表された同ランキングでは、ベーブ・ルース、ウィリー・メイズ、タイ・カッブ、ウォルター・ジョンソン、そしてハンク・アーロンに次ぐ6位に選ばれた。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たテリー・ペンドルトン

    1990年シーズン、ボンズはブレイクし、打率.301、33本塁打、114打点とリーグ3位となる52盗塁を記録して初のMVPを受賞した。同時に自身初となるシルバースラッガー賞とゴールドグラブ賞も受賞するなど、キャリア初期のハイライトとなるシーズンを送った。その年パイレーツは、1979年のワールドシリーズ制覇以来11年ぶりにナリーグ東地区を制するも、同じく11年ぶりのポストシーズン進出となったシンシナティ・レッズにリーグチャンピオンシップシリーズで敗れることとなった。なお、79年のポストシーズンではパイレーツはレッズをリーグチャンピオンシップシリーズで破ってそのままワールドシリーズを制している。91年、ボンズは25本塁打、116打点を記録し、2年連続でシルバースラッガー賞とゴールドグラブ賞を受賞するも、MVP投票では首位打者を獲得したアトランタ・ブレーブスのテリー・ペンドルトンに次ぐ2位となる。当時リーグ屈指の強打を誇ったレフトのボンズと、ライトのボビー・ボニーヤ、センターのアンディー・ヴァンスライクの外野手トリオは、3人合わせて90年のポストシーズンでは63打数12安打の打率.190、91年のポストシーズンでは75打数15安打で打率.200と揃って大ブレーキとなってしまった。翌92年シーズン、ボンズは通算2回目となるMVPを獲得、打率.311、34本塁打、103打点に39盗塁を記録し、パイレーツの3年連続の地区優勝の原動力となった。しかし、パイレーツはまたもリーグチャンピオンシップシリーズで破れ、ワールドシリーズへの出場権を得られなかった。特にこの年のパイレーツとブレーブスのリーグチャンピオンシップシリーズ第7戦はメジャーリーグの歴史においても有名な試合であり、9回裏最後の守りまで2-0で試合をリードしていたパイレーツが劇的な逆転サヨナラ負けを喫してしまっている。ボンズはこの試合ではシド・ブリームのサヨナラのホームインを阻止しようとレフトからバックホームを見せるも及ばず、試合終了後に呆然としている姿をテレビカメラに写されている。3年連続で地区優勝を果たしながらワールドシリーズに到達出来なかったパイレーツにとって、ボンズやダグ・ドレイベックを始めとした主力選手達は年俸が高騰しており、再契約は難しいとの見方が出ていたバリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

158件中 21 - 30件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード