158件中 31 - 40件表示
  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たジェフ・ケント

    1999年のスプリングトレーニング時にいつもより体重を増やした状態で登場。同年は怪我の影響もあり102試合にしか出場できず、成績も打率.262、34本塁打、83打点に終わり、ピークは過ぎたと見られることもあった。ただし僅か355打数で34本塁打を放っており、本塁打率は自己最高を記録している。その翌年である2000年シーズン、ボンズは打率.306、49本塁打、長打率.688とリーグトップとなる117四球を記録した。本塁打と長打率は36歳のシーズンにして自己最高を記録し本塁打は1位のサミー・ソーサに1本差に迫り、MVP投票でも同僚のジェフ・ケントに次ぎ2位に入った。1999年のメジャーリーグベースボール・オールセンチュリー・チームの投票では、外野手部門にノミネートされたものの、当時の現役野手で唯一選出されたケン・グリフィー・ジュニアに阻まれ、選出には至らなかった。この事についてビル・ジェイムズは「ボンズは私の見た中で最も正当な評価をされていない野球選手であろう、グリフィーは凄い人気があるが、ボンズの方が断然に優れた選手である」と異論を唱え、ボンズについて当時の時点で史上16番目に偉大な野球選手としている。また、ジェイムズはボンズについて「将来的にボンズは歴史上5指に入る偉大な野球選手となるだろう」とも言及している。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たロジャー・マリス

    1998年のマグワイアとソーサの本塁打量産対決がボンズが薬物に手をだすきっかけを作ったというのが通説である。1998年、従来の記録であったロジャー・マリスのシーズン61本塁打を大きく超えるハイレベルな二人の争いに全米中が熱狂した。その一方でこの年に打率.303・本塁打37・打点122・盗塁28という成績を残し、史上初の「400本塁打‐400盗塁」を達成していたボンズもこの二人の影に完全に隠れてしまった。人一倍プライドの高いボンズは、「このままでは一番でいられない、ホームランを打たないと誰からも注目してもらえない」と今までのスピードを捨ててホームランを打つためのパワーを手に入れようとした、というのである。1998年のオフ、友人のケン・グリフィー・ジュニアと食事をした際に、ボンズはそのように語り、ステロイドの使用を開始したことを示唆したとグリフィーが証言している。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たロサンゼルス・ドジャース

    このシーズン終了後には、ボンズとロサンゼルス・ドジャースのジェフ・ハミルトン、ジョン・ウェッテランドとの1対2のトレードの噂が流れるも、球団がその噂を否定した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たNFL

    このような圧倒的なパフォーマンスはNFLの選手と合同で行う、球界で最もハードといわれるトレーニングに支えられている。前述の通り、食事制限などの自己管理も徹底しており、体脂肪率は6%程度を常に維持している。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たアリゾナ・ダイヤモンドバックス

    1998年シーズン、ボンズは打率.303、37本塁打、122打点と28盗塁を記録し、さらに通算8度目となるゴールドグラブ賞を受賞しMVP投票では8位になった。この年の8月23日のマーリンズ戦にてカート・オハラから通算400号本塁打を放ち、史上初となる通算400本塁打400盗塁を達成した。さらに5月28日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦では2点ビハインドの9回表2アウト満塁から敬遠四球を記録した。満塁での敬遠は1901年のナップ・ラジョイ、1928年のデル・ビゾネッテ、1944年のビル・ニコルソンに次いで当時史上4人目、20世紀以降の近代メジャーリーグでは歴代5人しか達成者のいない珍しい記録であった。(1881年にはアブナー・ダルリンプルが記録、また2008年にはジョシュ・ハミルトンが記録している。) バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たサンディエゴ・パドレス

    2007年は通算本塁打の記録更新が近付いていたため開幕から注目されていたが、メジャーデビューから22年目の2007年8月4日、ペトコ・パークのパドレス戦でハンク・アーロンの持つ755本のメジャー通算本塁打記録に並ぶ。それから三日後の8月7日、AT&Tパークのナショナルズ戦でマイク・バシック投手から756本目となる本塁打をライトスタンドに打ち込みMLB通算本塁打記録を塗り変えた。ゲーム中にもかかわらず10分に及ぶセレモニーで新記録を祝い、ボンズが自らマイクを握り挨拶を行った。「父さん、皆さん、ありがとう!」と挨拶を締めくくった。なお、チームメイトとの不和が盛んに囁かれてきたボンズだが、この時はベンチ総出で祝福されている。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たカリフォルニア州

    バリー・ボンズ(Barry Lamar Bonds, 1964年7月24日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手(外野手)。メジャーリーグのピッツバーグ・パイレーツ、サンフランシスコ・ジャイアンツに所属した。父は5度のシーズン30本塁打30盗塁、通算300本塁打300盗塁を達成したボビー・ボンズ。母方の従弟はレジー・ジャクソンであり、名付け親はウィリー・メイズ。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たマイナーリーグ

    大学では、3年間で打率.347、45本塁打・175打点を記録した。1984年には打率.360、盗塁30、1985年には.368、23本塁打、66打点を記録し、この年ボンズはスポーティングニュースの全米選抜に選出された。大学オールスターには3年連続で選出された。大学2年次にはカレッジワールドシリーズにおいて7打数連続安打というNCAAの大学記録に並び、当時のチームは1996年にカレッジワールドシリーズにおける最高チームに選ばれた。1986年にボンズは大学を卒業し、犯罪学の学位を取得した。また、ASU On Deck Circle MVPも受賞した。他の歴代受賞者にはダスティン・ペドロイア、ウィリー・ブルームクイスト、ポール・ロデューカ、アイク・デイヴィスなどがいる。大学時代、ボンズはアラスカ夏季大学野球リーグのアラスカ・ゴールドパナーズのメンバーとしてプレーしたこともあった。アラスカ夏季大学野球リーグは大学リーグでありながら、非常にマイナーリーグに近いレベルのリーグとされている。1985年には、ピッツバーグ・パイレーツから1巡目(全体6位)で指名され、入団した。当時のパイレーツ傘下だった1Aカロライナリーグのプリンス・ウィリアム・パイレーツ(現在のポトマック・ナショナルズ)からプロとしてのキャリアをスタートさせた。マイナーでは1985年7月の月間MVPにも選出され、1986年には、3Aパシフィック・コーストリーグのハワイ・アイランダーズ(現在のコロラドスプリングス・スカイソックス)で44試合に出場、打率.311を記録した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たバリー・ジト

    「度重なる薬物検査の下、人間離れしたスウィングで僕らを驚かせるんだから、彼は本物だよ。素晴らしい動体視力とタイミングでボールを捉え続ける。単純に、彼は他の打者よりも優れているんだ」‐バリー・ジトバリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たジョージ・J・ミッチェル

    バド・セリグコミッショナーも球界の最高権力者という立場上、明言はしていないがアーロン同様その場にいたくないとの気持ちは隠しようがないといった感じで対応に戸惑っていた。言葉では「記録更新の瞬間にできる限り立ち会うつもりでいる」「試合への尊敬、記録の大きさ、この国ではすべての市民が有罪とされるまでは潔白であることから、わたしは彼が記録を更新する可能性があるかを見るために次の試合に立ち会う。記録がタイになった時点で追加声明を発表する」との声明文を発表していたが、否定的なスタンスを取り続けていた。755号を放った試合もセリグは観戦していたが、他の観客と違い拍手もせずポケットに手を突っ込んだままの姿で、神妙な面持ちだった。756号を放った試合においては結局セリグはジョージ・J・ミッチェルと面会するという名目で球場には姿を見せず、代理を送っていた。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

158件中 31 - 40件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード