190件中 31 - 40件表示
  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たアリゾナ・ダイヤモンドバックス

    は5月28日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で、2点ビハインドの9回表2死満塁の場面で敬遠四球。8月23日のマーリンズ戦で通算400号本塁打を放ち、史上初の400本塁打400盗塁を達成した。打率.303・37本塁打・122打点・28盗塁を記録し、さらに通算8度目となるゴールドグラブ賞を受賞し、MVP投票では8位に入った。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たサンディエゴ・パドレス

    は通算本塁打の記録更新が近付いていたため開幕から注目されていたが、メジャーデビューから22年目の2007年8月4日、ペトコ・パークのパドレス戦でハンク・アーロンの持つ755本のメジャー通算本塁打記録に並ぶ。それから三日後の8月7日、AT&Tパークのナショナルズ戦でマイク・バシック投手から756本目となる本塁打をライトスタンドに打ち込み、MLB通算本塁打記録を塗り変えた。ゲーム中にもかかわらず10分に及ぶセレモニーで新記録を祝い、自らマイクを握って挨拶を行い、「父さん、皆さん、ありがとう!」と締めくくった。チームメイトとの不和が盛んに囁かれていたが、この時はベンチ総出で祝福されている。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たカリフォルニア州

    バリー・ラマー・ボンズ(Barry Lamar Bonds, 1964年7月24日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州リバーサイド出身の元プロ野球選手(外野手)・コーチ。左投左打。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たサンフランシスコ・ジャイアンツ

    カリフォルニア州リバーサイドで生まれ、サンカルロスで育った。3人兄弟の長男(次男・リック、三男・ボビーJr)。幼い頃は父が所属していたサンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地キャンドルスティック・パークに通い、試合をダグアウトから観ていたという。サンマテオのジュニーペロ・セラ高校に入学し、野球の他バスケットボール、アメリカンフットボールで優れた才能を発揮した。野球においては、入学当初は新人チームに所属し、後に1980年から1982年までの3年間選抜チームのメンバーとして活躍した。高校通算打率.404、3年時には.467を記録し、高校全米選抜チームに選ばれた。のMLBドラフトでジャイアンツから2巡目に指名を受けるが、球団側の契約金70,000ドルという提示に対し、75,000ドルを要求したため折り合いがつかず、アリゾナ州立大学へ進学。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たバルコ

    栄養補助食品会社バルコ(BALCO)の薬物醜聞(バルコ・スキャンダル)の捜査に関連して司法妨害罪と自身の薬物使用について嘘の証言をしたとして偽証罪で起訴され、2011年4月13日に司法妨害罪の有罪判決を受けたが、2015年4月にサンフランシスコ高裁が司法妨害罪の無罪判決を言い渡し、同年7月に無罪が確定した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たバリー・ジト

    「度重なる薬物検査の下、人間離れしたスウィングで僕らを驚かせるんだから、彼は本物だよ。素晴らしい動体視力とタイミングでボールを捉え続ける。単純に、彼は他の打者よりも優れているんだ」‐バリー・ジトバリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たジョージ・J・ミッチェル

    コミッショナーのバド・セリグも球界の最高権力者という立場上、明言はしていないがアーロン同様その場にいたくないとの気持ちは隠しようがないといった感じで対応に戸惑っていた。言葉では「記録更新の瞬間にできる限り立ち会うつもりでいる」「試合への尊敬、記録の大きさ、この国ではすべての市民が有罪とされるまでは潔白であることから、私は彼が記録を更新する可能性があるかを見るために次の試合に立ち会う。記録がタイになった時点で追加声明を発表する」との声明文を発表していたが、否定的なスタンスを取り続けていた。755号を放った試合もセリグは観戦していたが、他の観客と違い拍手もせずポケットに手を突っ込んだままの姿で、神妙な面持ちだった。756号を放った試合においては結局セリグはジョージ・J・ミッチェルと面会するという名目で球場には姿を見せず、代理を送っていた。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たタイ・カッブ

    ESPNとスポーティング・ニュースはともに、90年代最高の選手としてボンズを選出している(歴代の受賞選手はタイ・カッブ、ジミー・フォックス、テッド・ウィリアムズ、スタン・ミュージアル、ウィリー・メイズ、ピート・ローズ、マイク・シュミットなど)。通算7度のMVPのうち、この90年代に3度を獲得した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たジョー・ディマジオ

    は10月1日のドジャース戦でキャリアハイの7打点を記録。打率.336、いずれもリーグトップの46本塁打・123打点・出塁率.458・長打率.677・OPS1.136の成績で、最多本塁打・最多打点の二冠を獲得。チームは2位ブレーブスに最大10ゲーム差を付けるなど地区首位を独走していたが、9月7日から8連敗を喫して逆転を許す。シーズン最終戦を前に同率で並ぶが、宿敵ドジャースに大敗して1ゲーム差で地区優勝を逃した。2年連続3度目のMVPを受賞し、ジョー・ディマジオやミッキー・マントルなど往年の名選手と肩を並べた。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たトム・グラビン

    「皆と同じようにステロイドの使用については疑っている。だが、それと彼の打者としての偉大さは別さ」「打てる球が1試合に2球くらいしかないのにそれを本塁打にする。自分が対戦した時も2球だけだったのに、そのうちの1球を柵越えにした」‐トム・グラビンバリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

190件中 31 - 40件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード