158件中 41 - 50件表示
  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たジョー・ディマジオ

    移籍初年度となる1993年シーズンは打率.336、46本塁打、123打点、29盗塁と打撃三部門においては全てキャリアハイを更新し、加えて出塁率.458、長打率.677、OPSは1.136は全てリーグトップの数値を記録した。パイレーツ時代からこの年までで出塁率は3年連続、長打率は2年連続、OPSは4年連続でリーグトップであった。この年、ジョー・ディマジオやミッキー・マントルなど往年の名選手7人に続いて、2年連続通算3回目、当時史上初となる直近4年間において3度目となるMVPを獲得した。チームは当初ナリーグ西地区を独走していたものの、最後の最後でアトランタ・ブレーブスの猛追に合い、1勝差でポストシーズン出場を逃す形となってしまった。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たトム・グラビン

    「皆と同じようにステロイドの使用については疑っている。だが、それと彼の打者としての偉大さは別さ」「打てる球が1試合に2球くらいしかないのにそれを本塁打にする。自分が対戦した時も2球だけだったのに、そのうちの1球を柵越えにした」‐トム・グラビンバリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たテッド・ウィリアムズ

    ESPNとスポーティング・ニュースが共に90年代最高の選手にボンズを選出している(歴代の受賞選手はタイ・カッブ、ジミー・フォックス、テッド・ウィリアムズ、スタン・ミュージアル、ウィリー・メイズ、ピート・ローズ、マイク・シュミットなど)。通算7度のMVPのうち、この頃に3度獲得する。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たアイク・デイビス

    大学では、3年間で打率.347、45本塁打・175打点を記録した。1984年には打率.360、盗塁30、1985年には.368、23本塁打、66打点を記録し、この年ボンズはスポーティングニュースの全米選抜に選出された。大学オールスターには3年連続で選出された。大学2年次にはカレッジワールドシリーズにおいて7打数連続安打というNCAAの大学記録に並び、当時のチームは1996年にカレッジワールドシリーズにおける最高チームに選ばれた。1986年にボンズは大学を卒業し、犯罪学の学位を取得した。また、ASU On Deck Circle MVPも受賞した。他の歴代受賞者にはダスティン・ペドロイア、ウィリー・ブルームクイスト、ポール・ロデューカ、アイク・デイヴィスなどがいる。大学時代、ボンズはアラスカ夏季大学野球リーグのアラスカ・ゴールドパナーズのメンバーとしてプレーしたこともあった。アラスカ夏季大学野球リーグは大学リーグでありながら、非常にマイナーリーグに近いレベルのリーグとされている。1985年には、ピッツバーグ・パイレーツから1巡目(全体6位)で指名され、入団した。当時のパイレーツ傘下だった1Aカロライナリーグのプリンス・ウィリアム・パイレーツ(現在のポトマック・ナショナルズ)からプロとしてのキャリアをスタートさせた。マイナーでは1985年7月の月間MVPにも選出され、1986年には、3Aパシフィック・コーストリーグのハワイ・アイランダーズ(現在のコロラドスプリングス・スカイソックス)で44試合に出場、打率.311を記録した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たポール・ロデューカ

    大学では、3年間で打率.347、45本塁打・175打点を記録した。1984年には打率.360、盗塁30、1985年には.368、23本塁打、66打点を記録し、この年ボンズはスポーティングニュースの全米選抜に選出された。大学オールスターには3年連続で選出された。大学2年次にはカレッジワールドシリーズにおいて7打数連続安打というNCAAの大学記録に並び、当時のチームは1996年にカレッジワールドシリーズにおける最高チームに選ばれた。1986年にボンズは大学を卒業し、犯罪学の学位を取得した。また、ASU On Deck Circle MVPも受賞した。他の歴代受賞者にはダスティン・ペドロイア、ウィリー・ブルームクイスト、ポール・ロデューカ、アイク・デイヴィスなどがいる。大学時代、ボンズはアラスカ夏季大学野球リーグのアラスカ・ゴールドパナーズのメンバーとしてプレーしたこともあった。アラスカ夏季大学野球リーグは大学リーグでありながら、非常にマイナーリーグに近いレベルのリーグとされている。1985年には、ピッツバーグ・パイレーツから1巡目(全体6位)で指名され、入団した。当時のパイレーツ傘下だった1Aカロライナリーグのプリンス・ウィリアム・パイレーツ(現在のポトマック・ナショナルズ)からプロとしてのキャリアをスタートさせた。マイナーでは1985年7月の月間MVPにも選出され、1986年には、3Aパシフィック・コーストリーグのハワイ・アイランダーズ(現在のコロラドスプリングス・スカイソックス)で44試合に出場、打率.311を記録した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たデービット・コーン

    キャリア初期から中期ともいえる1990年代においては走攻守三拍子揃った5ツールプレイヤーとして君臨した。30本塁打30盗塁を5度、3割30本塁打30盗塁を3度、3割40本塁打40盗塁を1度記録。このうち40本塁打40盗塁はホセ・カンセコ、アレックス・ロドリゲス、アルフォンソ・ソリアーノら歴代4人しか達成者がいない。また外野手としての肩の強さ、守備範囲の広さもトップクラスで、ゴールドグラブ賞を8度獲得。走攻守全ての面で際立った力を見せた。とりわけ、1997年のオールスターでデービット・コーンとイバン・ロドリゲスの黄金バッテリーから盗塁を奪った事でボンズの高い走力を再確認したファンも多い。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たジミー・フォックス

    ESPNとスポーティング・ニュースが共に90年代最高の選手にボンズを選出している(歴代の受賞選手はタイ・カッブ、ジミー・フォックス、テッド・ウィリアムズ、スタン・ミュージアル、ウィリー・メイズ、ピート・ローズ、マイク・シュミットなど)。通算7度のMVPのうち、この頃に3度獲得する。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たギレルモ・モタ

    また、2007年シーズンにおいても当時メッツのギレルモ・モタが禁止薬物での50試合の出場停止処分を受けているように投手の禁止薬物使用も相当数に上っていることや、ボンズが薬物を摂取していたとされる2000年前後はまだ筋肉増強剤はMLBの禁止薬物に指定されてはおらず、使用の是非とは別にボンズをはじめとしたMLBの選手たちは、その当時筋肉増強剤を使用することにルール上は何も問題はなかったこともまた見逃せない事実である。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たマイク・バシック

    2007年は通算本塁打の記録更新が近付いていたため開幕から注目されていたが、メジャーデビューから22年目の2007年8月4日、ペトコ・パークのパドレス戦でハンク・アーロンの持つ755本のメジャー通算本塁打記録に並ぶ。それから三日後の8月7日、AT&Tパークのナショナルズ戦でマイク・バシック投手から756本目となる本塁打をライトスタンドに打ち込みMLB通算本塁打記録を塗り変えた。ゲーム中にもかかわらず10分に及ぶセレモニーで新記録を祝い、ボンズが自らマイクを握り挨拶を行った。「父さん、皆さん、ありがとう!」と挨拶を締めくくった。なお、チームメイトとの不和が盛んに囁かれてきたボンズだが、この時はベンチ総出で祝福されている。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たボビー・ボニーヤ

    1990年シーズン、ボンズはブレイクし、打率.301、33本塁打、114打点とリーグ3位となる52盗塁を記録して初のMVPを受賞した。同時に自身初となるシルバースラッガー賞とゴールドグラブ賞も受賞するなど、キャリア初期のハイライトとなるシーズンを送った。その年パイレーツは、1979年のワールドシリーズ制覇以来11年ぶりにナリーグ東地区を制するも、同じく11年ぶりのポストシーズン進出となったシンシナティ・レッズにリーグチャンピオンシップシリーズで敗れることとなった。なお、79年のポストシーズンではパイレーツはレッズをリーグチャンピオンシップシリーズで破ってそのままワールドシリーズを制している。91年、ボンズは25本塁打、116打点を記録し、2年連続でシルバースラッガー賞とゴールドグラブ賞を受賞するも、MVP投票では首位打者を獲得したアトランタ・ブレーブスのテリー・ペンドルトンに次ぐ2位となる。当時リーグ屈指の強打を誇ったレフトのボンズと、ライトのボビー・ボニーヤ、センターのアンディー・ヴァンスライクの外野手トリオは、3人合わせて90年のポストシーズンでは63打数12安打の打率.190、91年のポストシーズンでは75打数15安打で打率.200と揃って大ブレーキとなってしまった。翌92年シーズン、ボンズは通算2回目となるMVPを獲得、打率.311、34本塁打、103打点に39盗塁を記録し、パイレーツの3年連続の地区優勝の原動力となった。しかし、パイレーツはまたもリーグチャンピオンシップシリーズで破れ、ワールドシリーズへの出場権を得られなかった。特にこの年のパイレーツとブレーブスのリーグチャンピオンシップシリーズ第7戦はメジャーリーグの歴史においても有名な試合であり、9回裏最後の守りまで2-0で試合をリードしていたパイレーツが劇的な逆転サヨナラ負けを喫してしまっている。ボンズはこの試合ではシド・ブリームのサヨナラのホームインを阻止しようとレフトからバックホームを見せるも及ばず、試合終了後に呆然としている姿をテレビカメラに写されている。3年連続で地区優勝を果たしながらワールドシリーズに到達出来なかったパイレーツにとって、ボンズやダグ・ドレイベックを始めとした主力選手達は年俸が高騰しており、再契約は難しいとの見方が出ていたバリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

158件中 41 - 50件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード