190件中 41 - 50件表示
  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たテッド・ウィリアムズ

    ESPNとスポーティング・ニュースはともに、90年代最高の選手としてボンズを選出している(歴代の受賞選手はタイ・カッブ、ジミー・フォックス、テッド・ウィリアムズ、スタン・ミュージアル、ウィリー・メイズ、ピート・ローズ、マイク・シュミットなど)。通算7度のMVPのうち、この90年代に3度を獲得した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たドン・マッティングリー

    12月4日、マイアミ・マーリンズの監督ドン・マッティングリーが、ボンズの打撃コーチ就任を発表した。10月3日、今シーズン限りでの打撃コーチ解任が発表された。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たブランドン・ベルト

    ボンズの象徴とも言えるAT&Tパークのライト場外の海(サンフランシスコ湾、ジャイアンツの名選手ウィリー・マッコビーにちなんでとも呼ばれる)へ直接打ち込まれる本塁打は"Splash Hit"(スプラッシュヒット)と呼ばれる。このスプラッシュヒットをボンズは歴代最多の35本を記録した(歴代2位タイのパブロ・サンドバル、ブランドン・ベルトでさえ通算7本に留まる)。ボンズの打ち込む本塁打ボールを目当てにカヌーで待ち構えるファンも多く(特にシーズン本塁打記録など歴史に残る本塁打が迫ってくるとまた増える)、また時にはウエットスーツにサーフボードといういでたちで待ちかまえるファンもいる。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たデビッド・コーン

    キャリア初期から中期ともいえる1990年代においては、走攻守全てに際立った力を持つ5ツールプレイヤーとして君臨した。30本塁打30盗塁を5度、3割30本塁打30盗塁を3度、3割40本塁打40盗塁を1度記録している。このうち40本塁打40盗塁はホセ・カンセコ、アレックス・ロドリゲス、アルフォンソ・ソリアーノ、そしてボンズの4名しか達成者がいない。足の速さ、外野手としての肩の強さ、守備範囲の広さもトップクラスで、ゴールドグラブ賞を8度獲得した。とりわけ、1997年のオールスターでデビッド・コーンとイバン・ロドリゲスの黄金バッテリーから盗塁を奪った事でボンズの高い走力を再確認したファンも多い。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たジミー・フォックス

    ESPNとスポーティング・ニュースはともに、90年代最高の選手としてボンズを選出している(歴代の受賞選手はタイ・カッブ、ジミー・フォックス、テッド・ウィリアムズ、スタン・ミュージアル、ウィリー・メイズ、ピート・ローズ、マイク・シュミットなど)。通算7度のMVPのうち、この90年代に3度を獲得した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たギレルモ・モタ

    また、2007年シーズンにおいても当時メッツのギレルモ・モタが禁止薬物での50試合の出場停止処分を受けているように投手の禁止薬物使用も相当数に上っていることや、ボンズが薬物を摂取していたとされる2000年前後はまだ筋肉増強剤はMLBの禁止薬物に指定されてはおらず、使用の是非とは別にボンズをはじめとしたMLBの選手たちは、その当時、筋肉増強剤を使用することにルール上は何も問題はなかったこともまた見逃せない事実である。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たマイク・バシック

    は通算本塁打の記録更新が近付いていたため開幕から注目されていたが、メジャーデビューから22年目の2007年8月4日、ペトコ・パークのパドレス戦でハンク・アーロンの持つ755本のメジャー通算本塁打記録に並ぶ。それから三日後の8月7日、AT&Tパークのナショナルズ戦でマイク・バシック投手から756本目となる本塁打をライトスタンドに打ち込み、MLB通算本塁打記録を塗り変えた。ゲーム中にもかかわらず10分に及ぶセレモニーで新記録を祝い、自らマイクを握って挨拶を行い、「父さん、皆さん、ありがとう!」と締めくくった。チームメイトとの不和が盛んに囁かれていたが、この時はベンチ総出で祝福されている。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たボビー・ボニーヤ

    は前半戦で打率.340・15本塁打・24盗塁の好成績で、オールスターゲームに初選出される。後半戦は打率.261ながら18本塁打・28盗塁を記録し、シーズン通算で打率.301・33本塁打・114打点、リーグ3位の52盗塁、リーグトップの長打率.565の成績で史上2人目の30本塁打50盗塁を達成するなどチームの11年ぶりの地区優勝に大きく貢献。シンシナティ・レッズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.167と振るわず、チームは2勝4敗で敗退した。MVPの投票ではチームメイトのボビー・ボニーヤを抑えて初受賞し、シルバースラッガー賞・ゴールドグラブ賞も獲得した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たミッキー・マントル

    は10月1日のドジャース戦でキャリアハイの7打点を記録。打率.336、いずれもリーグトップの46本塁打・123打点・出塁率.458・長打率.677・OPS1.136の成績で、最多本塁打・最多打点の二冠を獲得。チームは2位ブレーブスに最大10ゲーム差を付けるなど地区首位を独走していたが、9月7日から8連敗を喫して逆転を許す。シーズン最終戦を前に同率で並ぶが、宿敵ドジャースに大敗して1ゲーム差で地区優勝を逃した。2年連続3度目のMVPを受賞し、ジョー・ディマジオやミッキー・マントルなど往年の名選手と肩を並べた。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たビル・ジェームズ

    のスプリングトレーニング時に例年より体重を増やした状態で登場。同年は好調なスタートを切ったものの、故障で2ヶ月近く離脱した影響で102試合の出場に留まり、打率.262・34本塁打・83打点と不本意な成績に終わる。ピークは過ぎたと見られることもあったが、355打数で34本塁打を放っており、本塁打率は自己最高を記録している。同年のMLBオールセンチュリーチームの投票では外野手部門にノミネートされたものの、当時の現役野手で唯一選出されたケン・グリフィー・ジュニアに阻まれ、選出には至らなかった。セイバーメトリクスの創始者であるビル・ジェームズはボンズを「90年代最高の野球選手」として評価しているが(2位にはクレイグ・ビジオが選ばれている。)、これについて「ボンズは私の見た中で最も正当な評価をされていない野球選手であろう。グリフィーは凄い人気があるが、ボンズの方が断然に優れた選手である」と異論を唱え、ボンズについて当時の時点で史上16番目に偉大な野球選手としている。また「将来的に歴史上5指に入る偉大な野球選手となるだろう」とも言及している。また同年はスポーティング・ニュースの選ぶ100人の偉大な野球選手のランキングにおいて当時の現役選手としては最高位となる34位に選ばれた。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

190件中 41 - 50件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード