158件中 51 - 60件表示
  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たミッキー・マントル

    移籍初年度となる1993年シーズンは打率.336、46本塁打、123打点、29盗塁と打撃三部門においては全てキャリアハイを更新し、加えて出塁率.458、長打率.677、OPSは1.136は全てリーグトップの数値を記録した。パイレーツ時代からこの年までで出塁率は3年連続、長打率は2年連続、OPSは4年連続でリーグトップであった。この年、ジョー・ディマジオやミッキー・マントルなど往年の名選手7人に続いて、2年連続通算3回目、当時史上初となる直近4年間において3度目となるMVPを獲得した。チームは当初ナリーグ西地区を独走していたものの、最後の最後でアトランタ・ブレーブスの猛追に合い、1勝差でポストシーズン出場を逃す形となってしまった。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たレジー・ジャクソン

    バリー・ボンズ(Barry Lamar Bonds, 1964年7月24日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手(外野手)。メジャーリーグのピッツバーグ・パイレーツ、サンフランシスコ・ジャイアンツに所属した。父は5度のシーズン30本塁打30盗塁、通算300本塁打300盗塁を達成したボビー・ボンズ。母方の従弟はレジー・ジャクソンであり、名付け親はウィリー・メイズ。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たウォルター・ジョンソン

    セイバーメトリクスの創始者であるビル・ジェイムズはボンズを90年代最高の野球選手として評価した。(2位にはクレイグ・ビジオが選ばれている。)また、1999年にはスポーティング・ニュースの選ぶ100人の偉大な野球選手のランキングにおいて当時の現役選手としては最高位になる34位に選ばれた。2005年に再び発表された同ランキングでは、ベーブ・ルース、ウィリー・メイズ、タイ・カッブ、ウォルター・ジョンソン、そしてハンク・アーロンに次ぐ6位に選ばれた。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たジェームズ・ウッズ

    選手会のストライキによって、8月12日をもって打ち切られ短縮シーズンとなった1994年、112試合に出場したボンズは打率.312、37本塁打とリーグトップとなる74四球を記録し、MVP投票では4位になった。またこの年にはジェームズ・ウッズとアン・アーチャー主演の映画、ジェーンズ・ハウスに父ボビーと共に本人役で出演した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たマイク・シュミット

    ESPNとスポーティング・ニュースが共に90年代最高の選手にボンズを選出している(歴代の受賞選手はタイ・カッブ、ジミー・フォックス、テッド・ウィリアムズ、スタン・ミュージアル、ウィリー・メイズ、ピート・ローズ、マイク・シュミットなど)。通算7度のMVPのうち、この頃に3度獲得する。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たアン・アーチャー

    選手会のストライキによって、8月12日をもって打ち切られ短縮シーズンとなった1994年、112試合に出場したボンズは打率.312、37本塁打とリーグトップとなる74四球を記録し、MVP投票では4位になった。またこの年にはジェームズ・ウッズとアン・アーチャー主演の映画、ジェーンズ・ハウスに父ボビーと共に本人役で出演した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たマット・ウィリアムス

    パイレーツ時代に左中間コンビを組んでいたアンディ・バンスライク、更にジャイアンツ移籍当時の三塁手マット・ウィリアムスはベテラン選手にも軽口をたたくボンズをチームメイトの前で怒鳴りつけたこともある。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たデビッド・オルティーズ

    「彼はすごく簡単そうにボールを打っているけど、実際は難しいんだ。どうやったらあれだけ安定したスイングをできるのかオレには分からない。ステロイドを使った選手は他にもいるけど、ボンズに匹敵するヤツはだれもいない」「ステロイドを使っている他の選手のスイングに比べたら、ボンズがステロイドのおかげだけでホームランを打っているとは思えない。仮に彼がステロイドをやっていたと認めても、ホームランの価値が損なわれるとは思わない」‐デビッド・オルティーズバリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たスタン・ミュージアル

    ESPNとスポーティング・ニュースが共に90年代最高の選手にボンズを選出している(歴代の受賞選手はタイ・カッブ、ジミー・フォックス、テッド・ウィリアムズ、スタン・ミュージアル、ウィリー・メイズ、ピート・ローズ、マイク・シュミットなど)。通算7度のMVPのうち、この頃に3度獲得する。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たダグ・ドレイベック

    1990年シーズン、ボンズはブレイクし、打率.301、33本塁打、114打点とリーグ3位となる52盗塁を記録して初のMVPを受賞した。同時に自身初となるシルバースラッガー賞とゴールドグラブ賞も受賞するなど、キャリア初期のハイライトとなるシーズンを送った。その年パイレーツは、1979年のワールドシリーズ制覇以来11年ぶりにナリーグ東地区を制するも、同じく11年ぶりのポストシーズン進出となったシンシナティ・レッズにリーグチャンピオンシップシリーズで敗れることとなった。なお、79年のポストシーズンではパイレーツはレッズをリーグチャンピオンシップシリーズで破ってそのままワールドシリーズを制している。91年、ボンズは25本塁打、116打点を記録し、2年連続でシルバースラッガー賞とゴールドグラブ賞を受賞するも、MVP投票では首位打者を獲得したアトランタ・ブレーブスのテリー・ペンドルトンに次ぐ2位となる。当時リーグ屈指の強打を誇ったレフトのボンズと、ライトのボビー・ボニーヤ、センターのアンディー・ヴァンスライクの外野手トリオは、3人合わせて90年のポストシーズンでは63打数12安打の打率.190、91年のポストシーズンでは75打数15安打で打率.200と揃って大ブレーキとなってしまった。翌92年シーズン、ボンズは通算2回目となるMVPを獲得、打率.311、34本塁打、103打点に39盗塁を記録し、パイレーツの3年連続の地区優勝の原動力となった。しかし、パイレーツはまたもリーグチャンピオンシップシリーズで破れ、ワールドシリーズへの出場権を得られなかった。特にこの年のパイレーツとブレーブスのリーグチャンピオンシップシリーズ第7戦はメジャーリーグの歴史においても有名な試合であり、9回裏最後の守りまで2-0で試合をリードしていたパイレーツが劇的な逆転サヨナラ負けを喫してしまっている。ボンズはこの試合ではシド・ブリームのサヨナラのホームインを阻止しようとレフトからバックホームを見せるも及ばず、試合終了後に呆然としている姿をテレビカメラに写されている。3年連続で地区優勝を果たしながらワールドシリーズに到達出来なかったパイレーツにとって、ボンズやダグ・ドレイベックを始めとした主力選手達は年俸が高騰しており、再契約は難しいとの見方が出ていたバリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

158件中 51 - 60件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード