158件中 61 - 70件表示
  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たアンドレ・ドーソン

    1996年シーズン、ボンズは42本塁打、40盗塁を記録し、ナショナルリーグ初、当時メジャーリーグ史上2人目の40本塁打40盗塁を達成した。他の達成者には、ホセ・カンセコ(1988年に達成)、アレックス・ロドリゲス(1998年)、アルフォンソ・ソリアーノ(2006年)がいる。父ボビーは1973年に39本塁打、43盗塁を記録するも本塁打が1本及ばなかった。また打率.308と129打点、151四球を記録、四球数は当時のナリーグ記録であった。さらにこの年、4月27日のフロリダ・マーリンズ戦でジョン・バーケットから通算300号、301号となる本塁打を放ち、ウィリー・メイズ、アンドレ・ドーソン、父であるボビー・ボンズに次ぐ当時史上4人目となる通算300本塁打300盗塁も記録するなど充実したシーズンを送ったものの、MVP投票では5位に終わった。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たピート・ローズ

    ESPNとスポーティング・ニュースが共に90年代最高の選手にボンズを選出している(歴代の受賞選手はタイ・カッブ、ジミー・フォックス、テッド・ウィリアムズ、スタン・ミュージアル、ウィリー・メイズ、ピート・ローズ、マイク・シュミットなど)。通算7度のMVPのうち、この頃に3度獲得する。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たジョン・バーケット

    1996年シーズン、ボンズは42本塁打、40盗塁を記録し、ナショナルリーグ初、当時メジャーリーグ史上2人目の40本塁打40盗塁を達成した。他の達成者には、ホセ・カンセコ(1988年に達成)、アレックス・ロドリゲス(1998年)、アルフォンソ・ソリアーノ(2006年)がいる。父ボビーは1973年に39本塁打、43盗塁を記録するも本塁打が1本及ばなかった。また打率.308と129打点、151四球を記録、四球数は当時のナリーグ記録であった。さらにこの年、4月27日のフロリダ・マーリンズ戦でジョン・バーケットから通算300号、301号となる本塁打を放ち、ウィリー・メイズ、アンドレ・ドーソン、父であるボビー・ボンズに次ぐ当時史上4人目となる通算300本塁打300盗塁も記録するなど充実したシーズンを送ったものの、MVP投票では5位に終わった。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たナップ・ラジョイ

    1998年シーズン、ボンズは打率.303、37本塁打、122打点と28盗塁を記録し、さらに通算8度目となるゴールドグラブ賞を受賞しMVP投票では8位になった。この年の8月23日のマーリンズ戦にてカート・オハラから通算400号本塁打を放ち、史上初となる通算400本塁打400盗塁を達成した。さらに5月28日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦では2点ビハインドの9回表2アウト満塁から敬遠四球を記録した。満塁での敬遠は1901年のナップ・ラジョイ、1928年のデル・ビゾネッテ、1944年のビル・ニコルソンに次いで当時史上4人目、20世紀以降の近代メジャーリーグでは歴代5人しか達成者のいない珍しい記録であった。(1881年にはアブナー・ダルリンプルが記録、また2008年にはジョシュ・ハミルトンが記録している。) バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たテッド・ウィリアムス

    2002年は打率.370、46本塁打、110打点を記録。自身初の首位打者を獲得した。また、これまではボンズの後ろを打つことの多かったジェフ・ケントが、ボンズの前を打つことが増えたため、結果として四球が更に増加。前年に自身が更新した四球記録を更に塗り替える198四球を記録し、同時に1969年に同じジャイアンツのウィリー・マッコビーが記録していた45敬遠を塗り替える68敬遠を記録。結果として出塁率は従来のテッド・ウィリアムスの持っていた.553を大幅に上回る.582を記録し、MLB記録を更新。OPSは1.381を記録し、1920年にベーブ・ルースが打ち立てた1.382に肉薄。この年は四球、敬遠、出塁率で記録を更新し、2001年に引き続いて3つのMLB記録を更新したこととなった。また自身初となるワールドシリーズを経験。エンゼルス相手に7試合で打率.471、4本塁打を放つなど大活躍するが、13四球(ワールドシリーズ記録)と歩かされ、結果的に敗北する。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たジョン・ウェッテランド

    このシーズン終了後には、ボンズとロサンゼルス・ドジャースのジェフ・ハミルトン、ジョン・ウェッテランドとの1対2のトレードの噂が流れるも、球団がその噂を否定した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たウィリー・ブルームクイスト

    大学では、3年間で打率.347、45本塁打・175打点を記録した。1984年には打率.360、盗塁30、1985年には.368、23本塁打、66打点を記録し、この年ボンズはスポーティングニュースの全米選抜に選出された。大学オールスターには3年連続で選出された。大学2年次にはカレッジワールドシリーズにおいて7打数連続安打というNCAAの大学記録に並び、当時のチームは1996年にカレッジワールドシリーズにおける最高チームに選ばれた。1986年にボンズは大学を卒業し、犯罪学の学位を取得した。また、ASU On Deck Circle MVPも受賞した。他の歴代受賞者にはダスティン・ペドロイア、ウィリー・ブルームクイスト、ポール・ロデューカ、アイク・デイヴィスなどがいる。大学時代、ボンズはアラスカ夏季大学野球リーグのアラスカ・ゴールドパナーズのメンバーとしてプレーしたこともあった。アラスカ夏季大学野球リーグは大学リーグでありながら、非常にマイナーリーグに近いレベルのリーグとされている。1985年には、ピッツバーグ・パイレーツから1巡目(全体6位)で指名され、入団した。当時のパイレーツ傘下だった1Aカロライナリーグのプリンス・ウィリアム・パイレーツ(現在のポトマック・ナショナルズ)からプロとしてのキャリアをスタートさせた。マイナーでは1985年7月の月間MVPにも選出され、1986年には、3Aパシフィック・コーストリーグのハワイ・アイランダーズ(現在のコロラドスプリングス・スカイソックス)で44試合に出場、打率.311を記録した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たクレイグ・ビジオ

    セイバーメトリクスの創始者であるビル・ジェイムズはボンズを90年代最高の野球選手として評価した。(2位にはクレイグ・ビジオが選ばれている。)また、1999年にはスポーティング・ニュースの選ぶ100人の偉大な野球選手のランキングにおいて当時の現役選手としては最高位になる34位に選ばれた。2005年に再び発表された同ランキングでは、ベーブ・ルース、ウィリー・メイズ、タイ・カッブ、ウォルター・ジョンソン、そしてハンク・アーロンに次ぐ6位に選ばれた。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たウィリー・マッコビー

    2002年は打率.370、46本塁打、110打点を記録。自身初の首位打者を獲得した。また、これまではボンズの後ろを打つことの多かったジェフ・ケントが、ボンズの前を打つことが増えたため、結果として四球が更に増加。前年に自身が更新した四球記録を更に塗り替える198四球を記録し、同時に1969年に同じジャイアンツのウィリー・マッコビーが記録していた45敬遠を塗り替える68敬遠を記録。結果として出塁率は従来のテッド・ウィリアムスの持っていた.553を大幅に上回る.582を記録し、MLB記録を更新。OPSは1.381を記録し、1920年にベーブ・ルースが打ち立てた1.382に肉薄。この年は四球、敬遠、出塁率で記録を更新し、2001年に引き続いて3つのMLB記録を更新したこととなった。また自身初となるワールドシリーズを経験。エンゼルス相手に7試合で打率.471、4本塁打を放つなど大活躍するが、13四球(ワールドシリーズ記録)と歩かされ、結果的に敗北する。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たフリーエージェント (プロスポーツ)

    。オフにFAになると、サンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍することとなる。この後パイレーツは地区優勝はおろか勝率5割からも遠ざかることになり、これはボンズの呪いではないかという噂もある。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

158件中 61 - 70件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード