158件中 71 - 80件表示
  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たアルコール依存症

    後にボビーはアルコール依存症にかかり、酒が原因で様々なトラブルを起こしてしまい、次第にバリーとボビーは疎遠となっていった。後にバリーが高校・大学と野球で素晴らしい成績を残してもボビーは振り向いてくれなかったという。だが、その後ボビーはケアを受けたことでアルコール依存症を克服。1993年、バリーがサンフランシスコ・ジャイアンツに入団し、ボビーがジャイアンツのバッティングコーチに就任したのを機に2人は和解することとなった。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たアブナー・ダルリンプル

    1998年シーズン、ボンズは打率.303、37本塁打、122打点と28盗塁を記録し、さらに通算8度目となるゴールドグラブ賞を受賞しMVP投票では8位になった。この年の8月23日のマーリンズ戦にてカート・オハラから通算400号本塁打を放ち、史上初となる通算400本塁打400盗塁を達成した。さらに5月28日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦では2点ビハインドの9回表2アウト満塁から敬遠四球を記録した。満塁での敬遠は1901年のナップ・ラジョイ、1928年のデル・ビゾネッテ、1944年のビル・ニコルソンに次いで当時史上4人目、20世紀以降の近代メジャーリーグでは歴代5人しか達成者のいない珍しい記録であった。(1881年にはアブナー・ダルリンプルが記録、また2008年にはジョシュ・ハミルトンが記録している。) バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たドーピング

    2000年代以降に体格が突然巨大化したこと、30歳台後半の年齢でパフォーマンスが一気に向上した(年間45本塁打以上した過去6シーズンのうち、5回は35歳以降で記録しており、本塁打率(打数÷本塁打数)も1998年まで16.2であったのが1999年から2007年までは9.2と急上昇している)ことなどから、筋肉増強剤やヒト成長ホルモンなどのドーピングをしているとの噂が絶えなかった。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たニューヨーク・メッツ

    元チームメイトである新庄剛志は、孤立しがちなボンズと会話する唯一の人物であった。新庄は守備練習の時にグラブを手渡しするなどして、積極的にコミュニケーションをとっていたという。ボンズも打撃練習中に自分が使うマスコットバットを新庄に貸したこともある。後に新庄がニューヨーク・メッツに移籍した際や引退後にも、好意的なコメントを残している。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たアトランタ・ブレーブス

    1990年シーズン、ボンズはブレイクし、打率.301、33本塁打、114打点とリーグ3位となる52盗塁を記録して初のMVPを受賞した。同時に自身初となるシルバースラッガー賞とゴールドグラブ賞も受賞するなど、キャリア初期のハイライトとなるシーズンを送った。その年パイレーツは、1979年のワールドシリーズ制覇以来11年ぶりにナリーグ東地区を制するも、同じく11年ぶりのポストシーズン進出となったシンシナティ・レッズにリーグチャンピオンシップシリーズで敗れることとなった。なお、79年のポストシーズンではパイレーツはレッズをリーグチャンピオンシップシリーズで破ってそのままワールドシリーズを制している。91年、ボンズは25本塁打、116打点を記録し、2年連続でシルバースラッガー賞とゴールドグラブ賞を受賞するも、MVP投票では首位打者を獲得したアトランタ・ブレーブスのテリー・ペンドルトンに次ぐ2位となる。当時リーグ屈指の強打を誇ったレフトのボンズと、ライトのボビー・ボニーヤ、センターのアンディー・ヴァンスライクの外野手トリオは、3人合わせて90年のポストシーズンでは63打数12安打の打率.190、91年のポストシーズンでは75打数15安打で打率.200と揃って大ブレーキとなってしまった。翌92年シーズン、ボンズは通算2回目となるMVPを獲得、打率.311、34本塁打、103打点に39盗塁を記録し、パイレーツの3年連続の地区優勝の原動力となった。しかし、パイレーツはまたもリーグチャンピオンシップシリーズで破れ、ワールドシリーズへの出場権を得られなかった。特にこの年のパイレーツとブレーブスのリーグチャンピオンシップシリーズ第7戦はメジャーリーグの歴史においても有名な試合であり、9回裏最後の守りまで2-0で試合をリードしていたパイレーツが劇的な逆転サヨナラ負けを喫してしまっている。ボンズはこの試合ではシド・ブリームのサヨナラのホームインを阻止しようとレフトからバックホームを見せるも及ばず、試合終了後に呆然としている姿をテレビカメラに写されている。3年連続で地区優勝を果たしながらワールドシリーズに到達出来なかったパイレーツにとって、ボンズやダグ・ドレイベックを始めとした主力選手達は年俸が高騰しており、再契約は難しいとの見方が出ていたバリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たシンシナティ・レッズ

    1990年シーズン、ボンズはブレイクし、打率.301、33本塁打、114打点とリーグ3位となる52盗塁を記録して初のMVPを受賞した。同時に自身初となるシルバースラッガー賞とゴールドグラブ賞も受賞するなど、キャリア初期のハイライトとなるシーズンを送った。その年パイレーツは、1979年のワールドシリーズ制覇以来11年ぶりにナリーグ東地区を制するも、同じく11年ぶりのポストシーズン進出となったシンシナティ・レッズにリーグチャンピオンシップシリーズで敗れることとなった。なお、79年のポストシーズンではパイレーツはレッズをリーグチャンピオンシップシリーズで破ってそのままワールドシリーズを制している。91年、ボンズは25本塁打、116打点を記録し、2年連続でシルバースラッガー賞とゴールドグラブ賞を受賞するも、MVP投票では首位打者を獲得したアトランタ・ブレーブスのテリー・ペンドルトンに次ぐ2位となる。当時リーグ屈指の強打を誇ったレフトのボンズと、ライトのボビー・ボニーヤ、センターのアンディー・ヴァンスライクの外野手トリオは、3人合わせて90年のポストシーズンでは63打数12安打の打率.190、91年のポストシーズンでは75打数15安打で打率.200と揃って大ブレーキとなってしまった。翌92年シーズン、ボンズは通算2回目となるMVPを獲得、打率.311、34本塁打、103打点に39盗塁を記録し、パイレーツの3年連続の地区優勝の原動力となった。しかし、パイレーツはまたもリーグチャンピオンシップシリーズで破れ、ワールドシリーズへの出場権を得られなかった。特にこの年のパイレーツとブレーブスのリーグチャンピオンシップシリーズ第7戦はメジャーリーグの歴史においても有名な試合であり、9回裏最後の守りまで2-0で試合をリードしていたパイレーツが劇的な逆転サヨナラ負けを喫してしまっている。ボンズはこの試合ではシド・ブリームのサヨナラのホームインを阻止しようとレフトからバックホームを見せるも及ばず、試合終了後に呆然としている姿をテレビカメラに写されている。3年連続で地区優勝を果たしながらワールドシリーズに到達出来なかったパイレーツにとって、ボンズやダグ・ドレイベックを始めとした主力選手達は年俸が高騰しており、再契約は難しいとの見方が出ていたバリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たトレード

    このシーズン終了後には、ボンズとロサンゼルス・ドジャースのジェフ・ハミルトン、ジョン・ウェッテランドとの1対2のトレードの噂が流れるも、球団がその噂を否定した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たサイ・ヤング賞

    「投手がMVPになるということは野手に対する侮辱である。ワールドシリーズでMVPを取れば良いじゃないか」(かなり極端な発言ではあるが、投手にはサイ・ヤング賞があるため、実はボンズと似た考えの野手は少なくないとも言われている)、「ルースの頃は白人しかいなかったんだから基本的に認めていない。MLB史上最強の打者は俺だ」などの発言もある。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たドラフト会議

    サンマテオのジュニーペロ・セラ高校に入学し、野球を始めとして、バスケットボール、アメリカンフットボールで優れた才能を発揮した。野球においては、入学当初は新人チームに所属し、後に1980年から1982年までの3年間選抜チームのメンバーとして活躍した。高校通算での打率は.404、高校3年次には.467を記録し、高校全米選抜チームに選ばれた。1982年のドラフトでは、父も在籍して自身のルーツとも称する地元球団のサンフランシスコ・ジャイアンツから2巡目で指名されたが、契約金においてボンズの要求額が75,000ドル(現在の貨幣価値でおよそ170,000ドル)であった事に対して、当時のジャイアンツのゼネラルマネージャーであったトム・ホーラーによる球団の提示額が70,000ドルであったために折り合いがつかず、ボンズはアリゾナ州立大学への進学を選ぶ。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た学位

    大学では、3年間で打率.347、45本塁打・175打点を記録した。1984年には打率.360、盗塁30、1985年には.368、23本塁打、66打点を記録し、この年ボンズはスポーティングニュースの全米選抜に選出された。大学オールスターには3年連続で選出された。大学2年次にはカレッジワールドシリーズにおいて7打数連続安打というNCAAの大学記録に並び、当時のチームは1996年にカレッジワールドシリーズにおける最高チームに選ばれた。1986年にボンズは大学を卒業し、犯罪学の学位を取得した。また、ASU On Deck Circle MVPも受賞した。他の歴代受賞者にはダスティン・ペドロイア、ウィリー・ブルームクイスト、ポール・ロデューカ、アイク・デイヴィスなどがいる。大学時代、ボンズはアラスカ夏季大学野球リーグのアラスカ・ゴールドパナーズのメンバーとしてプレーしたこともあった。アラスカ夏季大学野球リーグは大学リーグでありながら、非常にマイナーリーグに近いレベルのリーグとされている。1985年には、ピッツバーグ・パイレーツから1巡目(全体6位)で指名され、入団した。当時のパイレーツ傘下だった1Aカロライナリーグのプリンス・ウィリアム・パイレーツ(現在のポトマック・ナショナルズ)からプロとしてのキャリアをスタートさせた。マイナーでは1985年7月の月間MVPにも選出され、1986年には、3Aパシフィック・コーストリーグのハワイ・アイランダーズ(現在のコロラドスプリングス・スカイソックス)で44試合に出場、打率.311を記録した。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

158件中 71 - 80件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード