158件中 81 - 90件表示
  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たワシントン・ナショナルズ

    2007年は通算本塁打の記録更新が近付いていたため開幕から注目されていたが、メジャーデビューから22年目の2007年8月4日、ペトコ・パークのパドレス戦でハンク・アーロンの持つ755本のメジャー通算本塁打記録に並ぶ。それから三日後の8月7日、AT&Tパークのナショナルズ戦でマイク・バシック投手から756本目となる本塁打をライトスタンドに打ち込みMLB通算本塁打記録を塗り変えた。ゲーム中にもかかわらず10分に及ぶセレモニーで新記録を祝い、ボンズが自らマイクを握り挨拶を行った。「父さん、皆さん、ありがとう!」と挨拶を締めくくった。なお、チームメイトとの不和が盛んに囁かれてきたボンズだが、この時はベンチ総出で祝福されている。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たヒューストン・アストロズ

    松井秀喜とは、松井がFAの行使に迷っていた2002年の日米野球で来日した際、「メジャーでも成功するさ。日本と同じジャイアンツに来てほしい」などとエールを送った。また松井とは同年の日米野球の試合前に1974年「王vs.アーロン」以来の「日米ホームラン競争」が行なわれたが、緊張でホームランが打てずにいた彼に「肩の力を抜け」とジェスチュアーをしたり、肩を揉み緊張をほぐす等で気さくに接している。ヒューストン・アストロズの松井稼頭央には2006年のオフの自主トレの際には自身から声を掛けて色々打撃に関してアドバイスを送っている。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たエスエスケイ

    2007年よりSSK社製のバットを使用。それまではサムバットを使用していた。春季キャンプでの試打でSSKのバットを気に入ったボンズは、担当者に自分の使っているバットを手渡し「これと同じように作ってほしい」とその場で3ダースを注文したという。このバットは富山県のSSKバット協力工場で生産され、50年以上のバット作りの経験を持ち、また社長でもある本居和義らのバット職人によって行われる。ちなみに長さ86.6センチ、重量平均915.0グラム、材質はメイプルである。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たFILA

    スパイクはFILA社製を使用。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たESPN

    ESPNとスポーティング・ニュースが共に90年代最高の選手にボンズを選出している(歴代の受賞選手はタイ・カッブ、ジミー・フォックス、テッド・ウィリアムズ、スタン・ミュージアル、ウィリー・メイズ、ピート・ローズ、マイク・シュミットなど)。通算7度のMVPのうち、この頃に3度獲得する。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たAP通信

    引退後5シーズンが経過し、にアメリカ野球殿堂入り資格を得た。しかし、ステロイド使用が確定しているボンズに対して、殿堂入りを認めるかどうかの議論が投票前から盛んに行われた。ロジャー・クレメンス、サミー・ソーサといった薬物使用者も同時に殿堂入り資格を得たため、「“ステロイド時代”をどう評価するか」というボンズ個人の問題に留まらない重要な論争となった。2012年12月にAP通信が投票有資格者100人以上に対して行った事前調査では、ボンズの殿堂入りを認めると回答した記者は45%に留まり、殿堂入りに必要な75%には届かなかった(クレメンスには43%、ソーサには18%が殿堂入りを認めると回答)。ニューヨーク・タイムズも同様の調査を行い、43%がボンズとクレメンスの殿堂入りを認めると回答した(ソーサは12%)。これにより、ボンズの初年度の殿堂入りは絶望的な状況となった。反対派の中にも今後考えが変わる可能性はあると回答した記者も多く、論争の決着が付いたとは言えない状況である。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た本塁打

    1986年にピッツバーグ・パイレーツでメジャーデビューの後に、1993年にサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍し2007年まで現役選手としてプレーした。メジャーリーグ史上最多の7回のMVP受賞(4年連続の受賞を含む)、14回のオールスター選出、8回のゴールドグラブ賞、2001年に樹立したシングルシーズン記録の73本塁打、長打率.863、2004年に樹立した232四球、120敬遠四球、出塁率.609、OPS1.422、また通算記録となる762本塁打、2558四球、688敬遠四球、史上唯一の500本塁打500盗塁など、そのキャリアを通じて数々のメジャーリーグ記録を残し、史上最も偉大な野球選手の一人とされる。同時にそのキャリアについては賛否両論で、特に2003年からは栄養補助食品会社バルコに関する薬物醜聞についての中心人物の一人となり(バルコ・スキャンダル)、2007年11月15日には、バルコに対する政府調査の最中大陪審において「違法薬物と知りながらステロイドを使用したわけではない」と嘘の証言をしたと伝えられ、司法妨害の罪と偽証の罪で起訴された。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た30-30クラブ

    バリー・ボンズ(Barry Lamar Bonds, 1964年7月24日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手(外野手)。メジャーリーグのピッツバーグ・パイレーツ、サンフランシスコ・ジャイアンツに所属した。父は5度のシーズン30本塁打30盗塁、通算300本塁打300盗塁を達成したボビー・ボンズ。母方の従弟はレジー・ジャクソンであり、名付け親はウィリー・メイズ。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たOPS (野球)

    1986年にピッツバーグ・パイレーツでメジャーデビューの後に、1993年にサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍し2007年まで現役選手としてプレーした。メジャーリーグ史上最多の7回のMVP受賞(4年連続の受賞を含む)、14回のオールスター選出、8回のゴールドグラブ賞、2001年に樹立したシングルシーズン記録の73本塁打、長打率.863、2004年に樹立した232四球、120敬遠四球、出塁率.609、OPS1.422、また通算記録となる762本塁打、2558四球、688敬遠四球、史上唯一の500本塁打500盗塁など、そのキャリアを通じて数々のメジャーリーグ記録を残し、史上最も偉大な野球選手の一人とされる。同時にそのキャリアについては賛否両論で、特に2003年からは栄養補助食品会社バルコに関する薬物醜聞についての中心人物の一人となり(バルコ・スキャンダル)、2007年11月15日には、バルコに対する政府調査の最中大陪審において「違法薬物と知りながらステロイドを使用したわけではない」と嘘の証言をしたと伝えられ、司法妨害の罪と偽証の罪で起訴された。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見た300-300クラブ

    バリー・ボンズ(Barry Lamar Bonds, 1964年7月24日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手(外野手)。メジャーリーグのピッツバーグ・パイレーツ、サンフランシスコ・ジャイアンツに所属した。父は5度のシーズン30本塁打30盗塁、通算300本塁打300盗塁を達成したボビー・ボンズ。母方の従弟はレジー・ジャクソンであり、名付け親はウィリー・メイズ。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

158件中 81 - 90件表示

「バリー・ボンズ」のニューストピックワード