2059件中 11 - 20件表示
  • Go!プリンセスプリキュア

    Go!プリンセスプリキュアから見たバレエバレエ

    絵本に登場するプリンセスに憧れており、将来の夢は「プリンセスになる」とまで述べている。しかし、それを公言するのには抵抗があるが、夢を実現させるために人一倍頑張る努力家でもあり、バレエやテニスやバイオリンなども初心者ながら短期間でかなりの上達ぶりを見せている。Go!プリンセスプリキュア フレッシュアイペディアより)

  • 椎名林檎

    椎名林檎から見たバレエバレエ

    クラシック好きでジャズやポピュラー・ミュージックへの造詣も深い父親と古い歌謡曲が好きでバレエ経験のある母親の間に生まれ、音楽的環境に恵まれた家庭に育つ。音楽的原体験はドビュッシーのピアノ曲。バレエやピアノを習っていた影響で幼少期にはクラシック音楽を好んでいたが、ピアノ曲以外はあまり好きではなく、交響曲でもバレエ音楽ばかりを聞いていた。歌のある曲にはほとんど興味がなかったが、父親の影響でザ・ピーナッツは好きだった。小学生の頃は、映画『風の谷のナウシカ』のサウンドトラックや母親の好きだった五輪真弓、太田裕美、朱里エイコ、大塚博堂、寺尾聡、来生たかお、ペドロ&カプリシャス、長谷川きよしのような古い歌謡曲、そして父親の好きだった渡辺貞夫やビリー・ジョエルおよびニーナ・シモン、サラ・ボーン、エラ・フィッツジェラルドなどの女性ジャズ・ボーカリストを好んで聞いていた。中学生になると、兄の影響でモータウンやソウル・ミュージック、R&Bなどのブラック・ミュージックに傾倒するようになり(フェイバリット・アーティストはマーヴィン・ゲイ)、邦楽をまったく聞かなくなった。高校に進むとBLANKEY JET CITYをきっかけに日本語の歌詞を受け入れて再び邦楽も聞くようになり、洋楽ではレディオヘッドやビョークを聞いていた。セックス・ピストルズには音よりもビデオなど映像の方で影響を受け、音として多く聴いていたのはレッド・ホット・チリ・ペッパーズやレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、パール・ジャムなど。高校を辞めた後は感覚が昔に戻ったのか、改めてトッド・ラングレンやレッド・ツェッペリン、ビートルズなどを聞き直していた。椎名林檎 フレッシュアイペディアより)

  • 林田直樹 (音楽ジャーナリスト)

    林田直樹 (音楽ジャーナリスト)から見たバレエバレエ

    クラシック音楽を足場にオペラやバレエからクロスオーバーや現代音楽まで、ジャンルにこだわらない自在で横断的な執筆と講演活動を行う。林田直樹 (音楽ジャーナリスト) フレッシュアイペディアより)

  • シャトレ座

    シャトレ座から見たバレエバレエ

    シャトレ座()は、パリ1区、セーヌ川右岸に1862年から建つ劇場である。オペラ、オペレッタ、バレエ、演劇、クラシック・コンサート、映画上映などに使われてきた。座席数は2,500。シャトレ座 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ・センター

    ジョン・F・ケネディ・センターから見たバレエバレエ

    コンサート・ホール、オペラ・ハウス、アイゼンハワー・シアター、ファミリー・シアターなどで構成されており、ミュージカル、演劇、バレー、オーケストラ、ジャズ、ポピュラー音楽など、様々なジャンルの公演が毎年3000件以上催されており、ワシントン・ナショナル交響楽団の本拠地となっている。ジョン・F・ケネディ・センター フレッシュアイペディアより)

  • アレクセイ・ティトフ

    アレクセイ・ティトフから見たバレエバレエ

    ティトフはロシア帝国陸軍の少将を務めた軍人であるとともに、優れたアマチュア音楽家で、オペラ、バレエ、劇付随音楽などの舞台音楽を約20曲残している。代表的作品として、1805年にサンクトペテルブルクで初演されたオペラ『駅逓馬車の宿場』があり、A.クニャジニン(ヤコブ・クニャジニン (en) の息子)の台本による。内容は、主人公の農民フィラトカを茶化したコミック・オペラであり、ティトフはこれを第1作として『冬の集い、または宿場の続き』(1808年)、『婚礼の前夜祭、またはフィラトキンの婚礼』(1809年)の続編を仕立て、三部作を完成させた。ティトフの音楽は、当時としては異例といえる大編成の管弦楽を扱いながら、ロシア民謡やロマンスの様式を取り入れているものの、全体としては18世紀コミック・オペラの模倣の域を出ない、前時代的なものとされる。アレクセイ・ティトフ フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルク・ヨーゼフ・フォーグラー

    ゲオルク・ヨーゼフ・フォーグラーから見たバレエバレエ

    フォーグラーはヴュルツブルクのに生まれた。父のヤレト・フォーグラー(Jared Vogler)はヴァイオリン製造業を営んでおり、彼をイエズス会の学校に通わせながらもその音楽の才能を伸ばそうとした。フォーグラーの音楽的才能は、10歳になる頃にはオルガンを弾きこなしただけでなく、ヴァイオリンやその他の楽器を巧みに扱ったことからも明らかであった。1771年にはマンハイムに赴き、バイエルン選帝侯カール・テオドールのためにバレエを作曲した。選帝侯は1774年にフォーグラーをボローニャに向かわせ、ジョヴァンニ・マルティーニの下で学ばせた。しかしマルティーニの方法論に満足できなかった彼は、パドヴァで5ヶ月間に師事し、その後ローマへと移り司祭に任ぜられながらも有名なアカデミー・オブ・アルカディアに入会を許された。また騎士に叙され(OGS)、教皇の書記長、随行員となった。ゲオルク・ヨーゼフ・フォーグラー フレッシュアイペディアより)

  • ヴィースバーデン五月音楽祭

    ヴィースバーデン五月音楽祭から見たバレエバレエ

    ヴィースバーデン五月音楽祭()は、ドイツのヴィースバーデンのヘッセン州立劇場で毎年5月に開催される音楽祭。オペラ、バレエ、演劇、ミュージカルが中心。ヴィースバーデン五月音楽祭 フレッシュアイペディアより)

  • 谷桃子 (バレエダンサー)

    谷桃子 (バレエダンサー)から見たバレエバレエ

    1948年 - 『白鳥の湖』のオデット役で知られ、日本のバレエ界に一時代を画した。谷桃子 (バレエダンサー) フレッシュアイペディアより)

  • リッキー・スター

    リッキー・スターから見たバレエバレエ

    バレエの下地を持つことをギミックに取り入れ、バレエシューズを履いてリングに上がり、つま先でターンをした後、ジャンプして相手にドロップキックを放つなどの攻撃を見せた。リッキー・スター フレッシュアイペディアより)

2059件中 11 - 20件表示

「バレエ」のニューストピックワード