1543件中 21 - 30件表示
  • 国立中正文化中心

    国立中正文化中心から見たバレエバレエ

    国立中正文化中心(こくりつちゅうせいぶんかちゅうしん、National Chiang Kai-shek Cultural Center、繁体字では國立中正文化中心)は、台湾の台北市にある総合芸術文化施設。1986年開館。オペラ、バレエ、ミュージカル、演劇、管弦楽、室内楽、伝統音楽、京劇などの各種公演が開催されている。国立中正文化中心 フレッシュアイペディアより)

  • ジゼル

    ジゼルから見たバレエバレエ

    『ジゼル』(Giselle )は、1841年にフランスで初演されたバレエ作品。全2幕。作曲はアドルフ・アダン、振付はジャン・コラーリとジュール・ペローによる。初演時の題名は 『ジゼル、またはウィリたち』 (Giselle, ou Les Wilis) だった。ジゼル フレッシュアイペディアより)

  • 吉田都

    吉田都から見たバレエバレエ

    吉田 都 (よしだ みやこ、1965年10月28日 - ) は東京都国立市出身のバレリーナ。1988年より2010年まで22年間にわたって英国の2つのロイヤル・バレエ団でプリンシパルを務めた。吉田都 フレッシュアイペディアより)

  • アレクセイ・ティトフ

    アレクセイ・ティトフから見たバレエバレエ

    ティトフはロシア帝国陸軍の少将を務めた軍人であるとともに、優れたアマチュア音楽家で、オペラ、バレエ、劇付随音楽などの舞台音楽を約20曲残している。代表的作品として、1805年にサンクトペテルブルクで初演されたオペラ『駅逓馬車の宿場』があり、A.クニャジニン(ヤコブ・クニャジニン (en) の息子)の台本による。内容は、主人公の農民フィラトカを茶化したコミック・オペラであり、ティトフはこれを第1作として『冬の集い、または宿場の続き』(1808年)、『婚礼の前夜祭、またはフィラトキンの婚礼』(1809年)の続編を仕立て、三部作を完成させた。ティトフの音楽は、当時としては異例といえる大編成の管弦楽を扱いながら、ロシア民謡やロマンスの様式を取り入れているものの、全体としては18世紀コミック・オペラの模倣の域を出ない、前時代的なものとされる。アレクセイ・ティトフ フレッシュアイペディアより)

  • 辺見 マリ

    辺見マリから見たバレエバレエ

    幼稚園に入園した4歳の頃よりバレエを始め、京都でも有名なバレエの先生である木村陽子・谷桃子両氏による指導の下、年に5~6回は舞台に立ち、錦林小学校3年生の頃には一流のバレリーナになることを夢見るようになる。アイススケートに半年ほど凝っていた平安女子中等部2年生の時にカンツォーネとジャズに出会い虜(とりこ)になる。3年生の時にバレエでよく舞台に立った京都会館へたまたま遊びに行ったところナベプロの「新人スターパレード」が催されており「君、歌はうたえるかい?」とスカウトされ、すっかりジャズに陶酔していたこともあって快諾する。1967年、高等部2年生になると両親の賛成で休学し、軽自動車の免許を取ったばかりの万理はホンダN360を運転し上京、浜口庫之助の下で厳しいレッスンを積みながら、間もなく渡辺プロへ入社。同年10月6日、上京した母より混血児だと告白される、万理が生後2ヶ月の時に母・美保子はスペイン系アメリカ人の夫と別れ、やがて2歳になる頃には京都へ移り、逸見ひろしと再婚したことを知らされ、それまで自分は純粋な日本人だとばかり思っていた万理にとって母の話は衝撃的だったが、やはり実の子のように育ててくれた父が自分にとって本当の父親だと確信する。辺見マリ フレッシュアイペディアより)

  • グランド・オペラ

    グランド・オペラから見たバレエバレエ

    グランド・オペラ(英語でgrand opera, 本来はフランス語でgrand opéra(グラントペラ))は、19世紀前半のフランス・パリのオペラ座を中心にして流行した、オペラの一様式を表す用語である。この言葉を正確に定義付けるのは難しいが、今日では様々な要素において「大規模」なオペラをグランド・オペラ様式と称することが多い。歴史的題材を採用した台本、数多くのキャスト(主要登場人物)、大規模なオーケストラ編成、豪華な舞台衣装、スペクタクル的な舞台効果などに加えて、音楽面では台詞語りがなく(すなわちドラマ進行はレチタティーヴォによる)、構成上は4幕あるいは5幕の多数幕立てとして、多くの場合バレエを含むことなどが特徴である。もっとも、19世紀前半のフランスでは台詞なしのオペラは、1幕物であってもgrand opéraと称されていたので、歴史文献にあたる場合は若干の注意が必要である。グランド・オペラ フレッシュアイペディアより)

  • キム・ソックン

    キム・ソックンから見たバレエバレエ

    特技 : バレエ・現代舞踊キム・ソックン フレッシュアイペディアより)

  • ベリーダンス

    ベリーダンスから見たバレエバレエ

    偉大なダンサーと言われるルト・セイント・デニスもまた、中東の踊りにインスピレーションを受けたダンサーであった。しかし、彼女のダンスに対するアプローチは西欧舞踏であるバレエのコンテキスト上に異邦の舞踏・「オリエンタルダンス」をおくものであり、彼女の目標はより優れた、敬意を払われるに値する舞踏を創出することにあった(イスラム社会と同様1900年代初頭の欧米社会においても、ダンサーの女性とはモラルに欠けた存在であるとして白眼視されていたためである)。ベリーダンス フレッシュアイペディアより)

  • 眠れる森の美女

    眠れる森の美女から見たバレエバレエ

    バレエの演目や、ディズニー映画としても有名。また日本では劇団東少によってミュージカル化されている。眠れる森の美女 フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルク・ヨーゼフ・フォーグラー

    ゲオルク・ヨーゼフ・フォーグラーから見たバレエバレエ

    フォーグラーはヴュルツブルクのに生まれた。父のヤレト・フォーグラー(Jared Vogler)はヴァイオリン製造業を営んでおり、彼をイエズス会の学校に通わせながらもその音楽の才能を伸ばそうとした。フォーグラーの音楽的才能は、10歳になる頃にはオルガンを弾きこなしただけでなく、ヴァイオリンやその他の楽器を巧みに扱ったことからも明らかであった。1771年にはマンハイムに赴き、バイエルン選帝侯カール・テオドールのためにバレエを作曲した。選帝侯は1774年にフォーグラーをボローニャに向かわせ、ジョヴァンニ・マルティーニの下で学ばせた。しかしマルティーニの方法論に満足できなかった彼は、パドヴァで5ヶ月間に師事し、その後ローマへと移り司祭に任ぜられながらも有名なアカデミー・オブ・アルカディアに入会を許された。また騎士に叙され(OGS)、教皇の書記長、随行員となった。ゲオルク・ヨーゼフ・フォーグラー フレッシュアイペディアより)

1543件中 21 - 30件表示

「バレエ」のニューストピックワード