2059件中 21 - 30件表示
  • パ・ド・ドゥ

    パ・ド・ドゥから見たバレエバレエ

    パ・ド・ドゥ (仏:Pas de deux 「2人のステップ」の意) とは、バレエ作品において男女2人の踊り手によって展開される踊りをいう。多くはバレエの中の最大の見せ場となっている。同性2人による踊りは「デュエット」といい、パ・ド・ドゥとは区別される。概して東洋の舞踊は女性が一人で踊るものが多いのに対し、男女が一緒に踊るパ・ド・ドゥは西洋に特有のもので、西洋における「愛」を象徴するものだとの見方がある。パ・ド・ドゥ フレッシュアイペディアより)

  • フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュ

    フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュから見たバレエバレエ

    1998年、Frank WildhornのミュージカルThe Civil Warのコンセプトアルバムに参加。2001年にはジム・キャリーの映画「Me, Myself and Irene」のサウンドトラックの中で、1968年のOrpheusのヒット曲「Can't Find the Time」をカバーした。2008年には、trueAnthemを通じてコンサートの模様をダウンロードできるようにした。2009年にはフーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュを取り扱ったバレエが公演されたが、彼ら自身がそのバレエの中でライブを行っている。フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 大連人民文化クラブ

    大連人民文化クラブから見たバレエバレエ

    大連人民文化クラブ(、英語:Dalian People's Culture Club)は中国・大連の中山広場にあるコンサートホール・劇場で、演奏会・劇・バレエなどの文化活動に使用されている。大連人民文化クラブ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーゼフ・バイヤー

    ヨーゼフ・バイヤーから見たバレエバレエ

    《人形の精“Die Puppenfee”》(1888年)は、かつてウィーン宮廷歌劇場のために作曲されたバレエ音楽の中では最大の楽曲であると同時に、今日までバイヤーの最も有名な作品である。初演は1888年10月4日に、《人形ケースの中で“Im Puppenladen”》と題されてバレエ化された。作品は、後に主役にちなんで《人形の精》と改称されて、世界的に有名になった。振付けは、宮廷バレエ団の教師、ヨーゼフ・ハースライター(Josef Haßreiter, 1845-1940)が、舞台美術と衣裳はフランツ・ガウル(Franz Gaul, 1837-1906)が担当した。《人形の精》は、今日でもウィーン国立歌劇場の例年の演目に納まっており、ともあれ800回以上の上演回数によって、国立歌劇場で最も上演される演目の一つになっている。ヨーゼフ・バイヤー フレッシュアイペディアより)

  • ウィーン巡り

    ウィーン巡りから見たバレエバレエ

    『ウィーン巡り』(ウィーンめぐり、)は、ヨーゼフ・バイヤーが作曲したバレエ。ワルツ王ヨハン・シュトラウス2世の音楽家生活50周年の祝賀作品として制作された。台本はフランツ・クサーヴァー・ガウルとが担当した。ウィーン巡り フレッシュアイペディアより)

  • 柏原由起子

    柏原由起子から見たバレエバレエ

    バレエの素養に加えてジャンプの技術の高さがあり、バレエジャンプからのトリプルトウループ-ダブルトウループのコンビネーションやスプレッドイーグルからのダブルアクセルをこなすなど、当時としては高い技術を持っていた。柏原由起子 フレッシュアイペディアより)

  • ベリーダンス

    ベリーダンスから見たバレエバレエ

    偉大なダンサーと言われるルト・セイント・デニスもまた、中東の踊りにインスピレーションを受けたダンサーであった。しかし、彼女のダンスに対するアプローチは西欧舞踏であるバレエのコンテキスト上に異邦の舞踏・「オリエンタルダンス」をおくものであり、彼女の目標はより優れた、敬意を払われるに値する舞踏を創出することにあった(イスラム社会と同様1900年代初頭の欧米社会においても、ダンサーの女性とはモラルに欠けた存在であるとして白眼視されていたためである)。ベリーダンス フレッシュアイペディアより)

  • 町人貴族

    町人貴族から見たバレエバレエ

    『町人貴族』(ちょうにんきぞく、)は、5幕のコメディ・バレで、モリエールの台本による(ただし、バレのアントレの歌詞を除く)。音楽はジャン・バティスト・リュリで、バレはピエール・ボーシャン、舞台装置カルロ・ヴィガラーニ、トルコ風衣装ロラン・ダルヴューによる。町人貴族 フレッシュアイペディアより)

  • キス&ネバークライ

    キス&ネバークライから見たバレエバレエ

    最初はアイスホッケーをやっていたが、みちると出会い一目惚れし、フィギュアスケートに転向する。その後、フィギュアのために始めたバレエの方にハマり、ベルギーにバレエ留学する。モダンダンサーとして合田武志(後述)にスカウトを受ける。キス&ネバークライ フレッシュアイペディアより)

  • Noism

    Noismから見たバレエバレエ

    欧米をはじめ諸外国では、地域の劇場の専属芸術団体としてダンスカンパニーもしくはバレエ団が存在することは当たり前のことで、ほとんどの団体は政府や自治体の予算で芸術活動を維持継続している。Noism フレッシュアイペディアより)

2059件中 21 - 30件表示

「バレエ」のニューストピックワード