1543件中 71 - 80件表示
  • ボリス・エイフマン

    ボリス・エイフマンから見たバレエバレエ

    ボリス・ヤコヴレヴィチ・エイフマン (, , 1946年7月22日 - ) は、現代ロシアのバレエ振付家。サンクトペテルブルクの国立バレエ団、「ボリス・エイフマン・バレエ劇場」を主宰する。ボリス・エイフマン フレッシュアイペディアより)

  • ワン・モア・ジャンプ

    ワン・モア・ジャンプから見たバレエバレエ

    旧ソ連へバレエ留学した際、オリンピック候補選手が1年かけて準備したプログラムを、一度見ただけでその場で完全にコピーし、且つその選手より美しく滑り、金色のブレードだったことから「金色の緋夏」と噂になった伝説の少女。「スケートは遊び」と公言して憚らなかったが、帝に挑発され本気で挑むようになる。バレエ特有の滑らかな動きと表現力は他を圧倒する。プライドが高く、負けず嫌いだが、決して卑怯なことはせず、帝に対する姿勢もフェアである。ワン・モア・ジャンプ フレッシュアイペディアより)

  • アゴン (ストラヴィンスキー)

    アゴン (ストラヴィンスキー)から見たバレエバレエ

    『アゴン』 (Agon) はイーゴリ・ストラヴィンスキーが1953年12月から1957年4月にかけて十二音技法を使って作曲したバレエ音楽、およびそれに基づくバレエ作品である。アゴン (ストラヴィンスキー) フレッシュアイペディアより)

  • さくらまや

    さくらまやから見たバレエバレエ

    実家は帯広市の老舗料亭。2歳半からヴァイオリン、3歳からピアノ、ハープ、童謡など小さい頃から音楽に関する英才教育(他にもバレエ、ソルフェージュなど)を受けていた。2004年には全国童謡歌唱コンクールグランプリ大会で金賞を受賞。小学校入学前にアマチュア演歌歌手のステージを生で見て、クラシックとは違うノリと衣装に「ビビッと来て」から演歌の道を志すようになった。歌に関するコンテストに関しては何度も上位入賞を果たすという、いわゆる「コンテスト荒らし」だった。さくらまや フレッシュアイペディアより)

  • 新村英一

    新村英一から見たバレエバレエ

    1972年日本の後進育成のために私財を拠出、これにより「ニムラ舞踊基金」を設立。これを基に、1973年「ニムラ舞踊賞」が創設された。毎年、諏訪市教育委員会の主催により、バレエ、モダンダンス、コンテンポラリーダンスなどの舞踊家、振付家、作曲家、舞台美術家、評論家で、我が国の舞踊芸術の発展に著しく功績のあったアーティストに贈られている。新村英一 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田真武

    岡田真武から見たバレエバレエ

    2007年、幼少より培ったバレエを基礎に自らが編み出した「武踊(ぶよう)」作品【遊雲伝】を発表。同年12月、シンガーを引退。岡田真武 フレッシュアイペディアより)

  • バレ・ド・クール

    バレ・ド・クールから見たバレエバレエ

    バレ・ド・クール(フランス語:Ballets de cour, 宮廷バレエ)とは、16世紀・17世紀に宮廷で演じられていたバレエのこと。バレ・ド・クール フレッシュアイペディアより)

  • こどもの体温

    こどもの体温から見たバレエバレエ

    母の影響でバレエを習っていた少年・轍。校内でもバレエ王子と異名を取るほど普段の所作にまでバレエが染み付いているが、最近の彼はスランプに陥っていた。こどもの体温 フレッシュアイペディアより)

  • なでしこ・プリマ

    なでしこ・プリマから見たバレエバレエ

    久世にとっては初めての連載だった。また、日本舞踊とバレエという、同じ「踊り」でも何もかもがまるで違うものをテーマとした作品。なでしこ・プリマ フレッシュアイペディアより)

  • 松永かなみ

    松永かなみから見たバレエバレエ

    特技 : サクソフォーン、クラシックバレエ(3歳から)松永かなみ フレッシュアイペディアより)

1543件中 71 - 80件表示

「バレエ」のニューストピックワード