2059件中 71 - 80件表示
  • ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー

    ゲンナジー・ロジェストヴェンスキーから見たバレエバレエ

    モスクワ生まれ。音楽家一家に生まれ、本名はゲンナジー・ニコライェヴィチ・アノーソフ()であったが、職業音楽家として活動するにあたって、有名な父親ニコライ・アノーソフとの混同を避けるために、母親の旧姓をもらい受けた。モスクワ音楽院で指揮を父親に、ピアノをレフ・オボーリンに師事。18歳のときに、ボリショイ劇場でプロコフィエフのバレエ音楽《シンデレラ》を指揮してデビューすると、早くも20歳でボリショイ劇場でのチャイコフスキーのバレエ音楽《くるみ割り人形》の指揮で、高い名声をかち得る。ソ連邦の作曲家の数々の作品を初演しただけでなく、ベンジャミン・ブリテンのオペラ《夏の夜の夢》をロシア初演した。1969年にピアニストのヴィクトリア・ポストニコワと結婚。ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー フレッシュアイペディアより)

  • 歓喜の歌

    歓喜の歌から見たバレエバレエ

    1998年2月7日、長野オリンピックの開会式において小沢征爾指揮の下で世界の5大陸・6ヶ国・7か所から同時に歌われ、それに合わせた堀内元振付によるバレエの映像が世界中に中継された。歌われた場所は、小沢征爾がタクトを振った長野県県民文化会館、中国・北京の紫禁城、オーストラリア・シドニーのオペラハウス、ドイツ・ベルリンのブランデンブルク門、黒人と白人の混成合唱団で歌われた南アフリカ共和国・喜望峰、アメリカニューヨークの国連本部、開会式が行われた長野オリンピックスタジアムである。歓喜の歌 フレッシュアイペディアより)

  • ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエットから見たバレエバレエ

    イタリアを舞台とし、イタリアに起源を持つ作品のため、Romeo には古くから「ロメオ」の表記が用いられていたが、近年は英語読みで「ロミオ」と表記されることが多い(必ずしも英語発音に忠実ではない)。そのため、映画の邦題では日本公開年によって表記が異なっている。また、クラシック音楽およびバレエの分野では現在でも慣習的に「ロメオ」の表記が用いられている。ロミオとジュリエット フレッシュアイペディアより)

  • 1月8日

    1月8日から見たバレエバレエ

    1957年 - ナチョ・ドゥアト、バレエダンサー、振付師1月8日 フレッシュアイペディアより)

  • ジゼル

    ジゼルから見たバレエバレエ

    『ジゼル』(Giselle )は、1841年にフランスで初演されたバレエ作品。全2幕。作曲はアドルフ・アダン、振付はジャン・コラーリとジュール・ペローによる。初演時の題名は 『ジゼル、またはウィリたち』(Giselle, ou Les Wilis )だった。ジゼル フレッシュアイペディアより)

  • 吉田都

    吉田都から見たバレエバレエ

    吉田 都 (よしだ みやこ、1965年10月28日 - ) は東京都国立市出身のバレリーナ。1988年より2010年まで22年間にわたって英国の2つのロイヤル・バレエ団でプリンシパルを務めた。吉田都 フレッシュアイペディアより)

  • 1925年

    1925年から見たバレエバレエ

    1月24日 - マリア・トールチーフ、バレエダンサー(+ 2013年)1925年 フレッシュアイペディアより)

  • Suchmos

    Suchmosから見たバレエバレエ

    一回り年上の姉がモダン・バレエを習っていた影響で、3歳の時にバレエを始める。姉が聴いていたMISIAやTLCなど当時流行っていたR&Bを聴いて歌い踊り、歌の面白さを知った。初めて行ったコンサートは小学5年生のとき、母親に連れられて行った松任谷由実の「SHANGRILA」だった。梅田中学校1年生の時、ホームステイ先のニュージーランドでマルーン5の音楽と出会い、バンド音楽の面白さに目覚める。日本に戻ると自分もギターやバンドをやりたいと思い、親に相談したところ、バーを経営する音楽好きのおじを紹介され、そのおじからアコースティックギターとエリック・クラプトン、ローリング・ストーンズのアルバム、そしてニルヴァーナのアルバム『イン・ユーテロ』をプレゼントされた。特にニルヴァーナに衝撃を受け、バンドマンを志すようになる。高校では軽音部に入り、ニルヴァーナをコピーし、その後、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTやBLANKEY JET CITYなどのガレージロックに熱中。17歳の時に、たまり場にしていた藤沢市のライブハウス(Club Top's藤沢、現GIGS SHONAN FUJISAWA)で知り合った大内岳、真田徹、亀山拳四朗と共にロックバンド「OLD JOE」を結成、ボーカルを務める。同じ頃、別のバンドを組んでいたKCEEと出会う。やがてKCEEとOKの家に遊びに行くようになり、TAIKING、HSU、TAIHEIとも交流を深めていく。2013年、HSUから「新しいバンドを始めるから、ボーカルやってくんないか?」と誘われ、何曲か彼らの曲を試聴。その中には、「Miree」と「GIRL(feat.呂布)」の原型になったものも含まれていた。OLD JOEでやっていたシンプルなロックンロールとは違うネオ・ソウルやブラックミュージックの影響を感じさせる曲に惹かれ、今まで自分が表現したことのなかった音楽をやることに興味を持ち、加入を決意。2015年7月31日のOLD JOEの解散を機に、Suchmosでの活動に専念することとなった。Suchmos フレッシュアイペディアより)

  • カラーポワント

    カラーポワントから見たバレエバレエ

    カラーポワント(Colorpointe)は、2011年1月31日に結成された日本のバレエエンターテイメントユニットである。キャッチコピーは「新感覚バレエファンタジー」。カラーポワント フレッシュアイペディアより)

  • ロシア帝国

    ロシア帝国から見たバレエバレエ

    ピョートル1世は直接ヨーロッパ音楽を輸入し、そののち歴代の皇帝はパリやウィーンなどから音楽家や舞踊家を招いてロマノフ朝の宮廷にバレエやオペラを導入した。特に啓蒙専制君主エカチェリーナ2世の時代には、バルダッサーレ・ガルッピ、トンマーゾ・トラエッタ、ジョヴァンニ・パイジエッロ、ジュゼッペ・サルティ、ドメニコ・チマローザなど名だたるイタリア・オペラの作曲家が相次いで宮廷楽長として招かれ、サンクトペテルブルクに長く滞在してロシア人楽士を薫陶した。ロシア人音楽家のなかにはイタリア留学を命じられる者もあり、ウクライナ生まれのマクシム・ベレゾフスキーは1771年にボローニャのアカデミア・フィラルモニカ・ディ・ボローニャの正会員に認められた。楽聖ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが同アカデミアの会員となった翌年のことであり、ベレゾフスキーに出された試験の課題はモーツァルトに出されたものと同じだったという。また、イタリアで研鑽を積み、ロシアで長年宮廷楽長を務めた人物にドミトリー・ボルトニャンスキーがいる。イタリア時代の彼は地元のオペラ劇場で実際に上演されるオペラの作曲をいくつも手がけるほどイタリア・オペラに精通していた。ロシア帝国 フレッシュアイペディアより)

2059件中 71 - 80件表示

「バレエ」のニューストピックワード