2059件中 81 - 90件表示
  • アフリカの女

    アフリカの女から見たバレエバレエ

    『アフリカの女』はパリ・オペラ座向けのグランド・オペラなので、(1)5幕(または4幕)仕立て、(2)劇的な題材、(3)歴史的な興味を惹きつけ、(4)大合唱やバレエなどの多彩なスペクタクル要素、(5)異国情緒などを備えていることが基本条件となっている。さらに、豪華な演出ができることも重要である。アフリカの女 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和音楽大学短期大学部

    昭和音楽大学短期大学部から見たバレエバレエ

    昭和音楽大学短期大学部は音楽科のみの学科構成となっているが、ピアノ、電子オルガン、弦・管・打楽器、吹奏楽、声楽、音楽教養、合唱指導者、デジタルミュージック、ポピュラー音楽、ジャズ、バレエ、音楽と社会の各コースがある。昭和音楽大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 清原果耶

    清原果耶から見たバレエバレエ

    2人姉妹の次女。「人に感動を与えられる女優」を目標に、モデル業にも意欲を示す。憧れの女優は堀北真希、目標の女優は事務所の先輩でもある吉高由里子。憧れのモデルはローラ。特技は歌とダンス。元々歌って踊ることが好きであり、小学1年生からクラシックバレエを、小学5年生から中学1年生までは兵庫県西宮市に本拠地を置く劇団、Youth Theatre Japan (YTJ)?に通ってダンス・歌・ミュージカル・バレエを習っていた。得意な歌はミュージカル『アニー』の「Tomorrow」。清原果耶 フレッシュアイペディアより)

  • 森理世

    森理世から見たバレエバレエ

    ダンススクールを主宰する母の元で4歳からダンスを習い、高校一年生の時にカナダにバレエ留学。その後ブロードウェイを目指すダンサーが通う「ROCKETTES・サマー・インテンシブプログラム」でトレーニングを修了した。祖母から「10代の思い出として何かチャレンジしたら」とすすめられたことがきっかけで、2007年3月15日、約4000名が参加したミス・ユニバース・ジャパンに応募し優勝する。同年5月にメキシコ・シティで開催されたミス・ユニバース2007で見事優勝した。48年ぶりに日本人としては2人目のミス・ユニバースとなった。ミス・ユニバース任期中(一年間)はプロジェクトサンシャイン(病気で入院中の子供たちを元気づけ、勉強を教えたり、夢を叶える手伝いをする活動に参加)、レッドリボン(および HIV/エイズに関する知識普及活動)(HIV、エイズの知識を同世代へ広め、理解と支援の意志を示すための活動に参加)(GMHC<人種を問わず広くへの、HIVの予防のためAIDS WALK、食糧支援活動に参加)、マラリア予防活動(マラリア予防のためにベトナムでの現地活動に参加)、アルツハイマー病支援(患者とその家族のための支援団体の活動に参加)、スペシャルオリンピックス(選手団応援活動に参加)、動物愛護運動(愛護の呼びかけ、チャリティーオークションへの参加)、HEALTH CORPS(医師達と共に、健康を害する事の知識や、健康管理への啓蒙活動に参加)等を続け、世界15カ国を巡った。森理世 フレッシュアイペディアより)

  • ウィーン国立歌劇場管弦楽団

    ウィーン国立歌劇場管弦楽団から見たバレエバレエ

    ウィーン国立歌劇場管弦楽団(Wiener Staatsoper Orchester)は、ウィーン国立歌劇場の専属オーケストラ。ヨーロッパの著名オペラオーケストラである。定員150名(六管編成)。毎年9月1日から翌6月30日までのシーズンに約300(正確には297回)のオペラ・バレエ公演を行う。このウィーン国立歌劇場管弦楽団のメンバーが、自主運営団体としてウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を組織してコンサート活動を行っている。ウィーン国立歌劇場管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 牧神の午後 (漫画)

    牧神の午後 (漫画)から見たバレエバレエ

    天才と称されたバレエダンサーヴァーツラフ・ニジンスキーの半生が、ミハイル・フォーキンの視点で描かれる。牧神の午後 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • さくらまや

    さくらまやから見たバレエバレエ

    実家は帯広市の老舗料亭。2歳半からヴァイオリン、3歳からピアノ、ハープ、童謡など小さい頃から音楽に関する英才教育(他にもバレエ、ソルフェージュなど)を受けていた。2004年には全国童謡歌唱コンクールグランプリ大会で金賞を受賞。小学校入学前にアマチュア演歌歌手のステージを生で見て、クラシックとは違うノリと衣装に「ビビッと来て」から演歌の道を志すようになった。歌に関するコンテストに関しては何度も上位入賞を果たすという、いわゆる「コンテスト荒らし」だった。さくらまや フレッシュアイペディアより)

  • 新村英一

    新村英一から見たバレエバレエ

    1972年日本の後進育成のために私財を拠出、これにより「ニムラ舞踊基金」を設立。これを基に、1973年「ニムラ舞踊賞」が創設された。毎年、諏訪市教育委員会の主催により、バレエ、モダンダンス、コンテンポラリーダンスなどの舞踊家、振付家、作曲家、舞台美術家、評論家で、我が国の舞踊芸術の発展に著しく功績のあったアーティストに贈られている。新村英一 フレッシュアイペディアより)

  • 大世良歩実

    大世良歩実から見たバレエバレエ

    大世良歩実(おおせら あゆみ、1986年12月23日 - )は、東京都出身の日本のタレント。血液型はB型。趣味はお菓子作り、散歩。得意なスポーツはジャズダンス、バレエ、水泳。旧芸名は「大瀬良あゆみ」。2008年10月22日現在、オフィシャルブログには所属事務所に関する情報が掲載されていない。大世良歩実 フレッシュアイペディアより)

  • ルイ王朝

    ルイ王朝から見たバレエバレエ

    「太陽王」と呼ばれたルイ14世の頃には、バロック文化が頂点に達する。それを具現したのがヴェルサイユ宮殿である。このような美術におうて独自の文化が現れたと同時に、文学の分野でも新しいものが現れた。ラシーヌ、コルネイユ、モリエールと言った劇作家の登場である。彼等の戯曲は後のフランス文学のみならず、近代演劇の様式にも影響を及ぼすことになる。またイタリア出身の音楽家リュリによってオペラやバレエなどの音楽芸術が持ち込まれ、フランスの文化を豊かなものにしていった。ルイ王朝 フレッシュアイペディアより)

2059件中 81 - 90件表示

「バレエ」のニューストピックワード