前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
311件中 1 - 10件表示
  • バレエ

    バレエから見たマリウス・プティパ

    1888年、サンクトペテルブルク・マリインスキー劇場の監督であるウセヴィロジュスキーは、フランスから招いた振付家マリウス・プティパの振付けのもと、ピョートル・チャイコフスキーに「眠れる森の美女」の作曲を依頼した。この作品が1890年に上演、大成功をおさめると、続いて「くるみ割り人形」(1892年、振付:レフ・イワノフ、台本:マリウス・プティパ)、「白鳥の湖」(1895年、振付:レフ・イワノフ、マリウス・プティパ)が上演された。これらは3大バレエと呼ばれる。バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見た黛敏郎

    ザ・カブキ(1986年、音楽:黛敏郎、振付:モーリス・ベジャール、仮名手本忠臣蔵に取材)バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たフレデリック・ショパン

    レ・シルフィード(1909年、音楽:フレデリック・ショパン、振付:ミハイル・フォーキン)バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見た熊川哲也

    熊川哲也(1972年 - 、北海道、Kバレエカンパニー)バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たヴァーツラフ・ニジンスキー

    ミハイル・フォーキンはセルゲイ・ディアギレフに見出され、1907年にバレエ発祥の地・パリで公演を行い、バレエ・ブームを巻き起こした。アンナ・パヴロワ、ヴァーツラフ・ニジンスキー、タマーラ・カルサヴィナなどのダンサーたちが大人気となり、セルゲイ・ディアギレフはバレエ・リュスを結成する。バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たマリー・カマルゴ

    1681年、『愛の勝利』で最初の女性ダンサー、ラ・フォンテーヌが劇場に登場し、18世紀に入るとマリー・カマルゴ、マリー・サレなど女性職業ダンサーが続々とオペラ座からデビュー。宮廷バレエでは男性ダンサーが中心だったが、1726年、マリー・カマルゴが足先の見える衣装と踵を取り去った靴を用いて、男性のみの技法であった跳躍をし、女性ダンサーが人気を博するようになった。バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たセルゲイ・プロコフィエフ

    シンデレラ(1945年、音楽:セルゲイ・プロコフィエフ、振付:ロスチスラフ・ザハロフ)バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たアレクサンドル・グラズノフ

    ライモンダ(1898年、音楽:アレクサンドル・グラズノフ、振付:マリウス・プティパ)バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たミハイル・フォーキン

    マリウス・プティパにより確立されたクラシック・バレエだが、その古典的な世界に不満を持つ者もいた。その1人、ミハイル・フォーキンはイサドラ・ダンカン(モダン・ダンスの祖)に衝撃を受け、クラシック・バレエにない新しいステップや民族舞踊を採り入れた、革新的な振付をした。そのモダン・ダンスの要素を取り込んだバレエをモダン・バレエと言う。バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たレオン・ミンクス

    パキータ(1846年、音楽:レオン・ミンクス、振付:マリウス・プティパ、ピエール・ラコット、台本:ジョゼフ・マジリエ)バレエ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
311件中 1 - 10件表示

「バレエ」のニューストピックワード