311件中 11 - 20件表示
  • バレエ

    バレエから見たイーゴリ・ストラヴィンスキー

    1912年のバレエ・リュスの公演で、ヴァーツラフ・ニジンスキーが「牧神の午後」で振付家としてデビューすると、モダン・バレエは決定的な革新を迎える。これまでの美しいバレエとは異なる、独自の表現は非常に衝撃を与え、イーゴリ・ストラヴィンスキー作曲の「春の祭典」では警官が介入するほど論議の的となった。バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たローラン・プティ

    モダン・バレエが確立してからも、ドラマティック・バレエ、アブストラクト・バレエなどの革新的なバレエが誕生している。これらのバレエは、モダン・ダンス、ポスト・モダンダンス、コンテンポラリー・ダンス、コンタクト・インプロヴィゼーションなどのダンスに含まれることもあり、曖昧である。20世紀以降はそれらの現代的なバレエと古典的なバレエが踊られている。現代的なバレエの振付家としては、モーリス・ベジャールやローラン・プティ、ウィリアム・フォーサイス、イリ・キリアンがいる。またフィギュアスケートの動きはバレエの影響を強く受けており、フィギュアスケートの選手はバレエの訓練も受けることが多い。さらにバレエの影響はフィギュアスケートにとどまらず、新体操やシンクロの選手もバレエの訓練を受けることがある。また、宝塚音楽学校をはじめとして、舞台俳優を養成する組織ではバレエの基礎は必修に近い扱いを受けている。バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たピョートル・チャイコフスキー

    1888年、サンクトペテルブルク・マリインスキー劇場の監督であるウセヴィロジュスキーは、フランスから招いた振付家マリウス・プティパの振付けのもと、ピョートル・チャイコフスキーに「眠れる森の美女」の作曲を依頼した。この作品が1890年に上演、大成功をおさめると、続いて「くるみ割り人形」(1892年、振付:レフ・イワノフ、台本:マリウス・プティパ)、「白鳥の湖」(1895年、振付:レフ・イワノフ、マリウス・プティパ)が上演された。これらは3大バレエと呼ばれる。バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たモーリス・ベジャール

    モダン・バレエが確立してからも、ドラマティック・バレエ、アブストラクト・バレエなどの革新的なバレエが誕生している。これらのバレエは、モダン・ダンス、ポスト・モダンダンス、コンテンポラリー・ダンス、コンタクト・インプロヴィゼーションなどのダンスに含まれることもあり、曖昧である。20世紀以降はそれらの現代的なバレエと古典的なバレエが踊られている。現代的なバレエの振付家としては、モーリス・ベジャールやローラン・プティ、ウィリアム・フォーサイス、イリ・キリアンがいる。またフィギュアスケートの動きはバレエの影響を強く受けており、フィギュアスケートの選手はバレエの訓練も受けることが多い。さらにバレエの影響はフィギュアスケートにとどまらず、新体操やシンクロの選手もバレエの訓練を受けることがある。また、宝塚音楽学校をはじめとして、舞台俳優を養成する組織ではバレエの基礎は必修に近い扱いを受けている。バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見た周防正行

    ダンシング・チャップリン (周防正行監督、2011年) バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たヨハン・ゼバスティアン・バッハ

    若者と死 (1946年。音楽:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ、振付:ローラン・プティ)バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たマーティン・スコセッシ

    赤い靴 (マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー監督、1948年)デジタルリマスター・エディション - 映画監督マーティン・スコセッシオリジナル・ネガ修復(2009年)バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見た森下洋子

    森下洋子 (1948年- 、広島、松山バレエ団)バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見たパリ国立オペラ

    1671年、オペラ座が設立(当時のバレエはオペラと一体であった)。バレエ フレッシュアイペディアより)

  • バレエ

    バレエから見た産業経済新聞社

    OsakaPrix 全国クラシックバレエ・コンペティション - 産経新聞社主催。日本バレエ協会会長も審査にあたる。バレエ フレッシュアイペディアより)

311件中 11 - 20件表示

「バレエ」のニューストピックワード