前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
252件中 1 - 10件表示
  • 2010年のカタルーニャグランプリ

    2010年のカタルーニャグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    125ccクラス予選では、マルク・マルケスが3戦連続でポールポジションを獲得した。これはバレンティーノ・ロッシが同記録を達成した当時(のドイツGP)の年齢(18歳と153日)を更新する、史上最年少(17歳と136日)での3連続PPとなった。2010年のカタルーニャグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本グランプリ (ロードレース)

    2011年の日本グランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    地震により損壊したツインリンクもてぎのロードコース部分の復旧作業は6月には終わり受け入れ態勢は整ったものの、バレンティーノ・ロッシやホルヘ・ロレンソなど多くのライダーが福島第一原発事故による放射線の影響を警戒し開催が不安視されていた。しかしFIMがイタリアの第三者機関に委託した調査の結果、茂木町の放射能の危険は無視できる程度であると報告され、最終的にはほぼ全てのライダーが出場することになった。2011年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のカタールグランプリ

    2009年のカタールグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    この雨により、投光器に照らされてギラついた路面がライダーたちにとって危険になる恐れが出てきたため、残り2クラスのレースをおこなうかどうか話し合いがもたれた。レースのオーガナイザー、安全面担当の代表者であるフランコ・ウンチーニ、バレンティーノ・ロッシやロリス・カピロッシらライダーを乗せたセーフティーカーが、雨が止んで乾きつつある路面の調査のためコースに出た。結果、当初予定の40分遅れで250ccクラス決勝をスタート、ただしMotoGPクラス開始の遅れを防ぐため、周回数は20周から13周(フルポイントが与えられるギリギリの周回数)に減らされることになった。レースは問題なくおこなわれ、エクトル・バルベラが優勝、伏兵ジュール・クルーセルが2位に入った。ルーキーのマイク・ディ・メッリオはファイナルラップにチームメイトのアルバロ・バウティスタとホンダのラファエレ・デ・ロサをオーバーテイクして3位表彰台に立った。青山博一もその2台をかわして4位を確保した。2009年のカタールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 四強 (モータースポーツ)

    四強 (モータースポーツ)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    4輪レースではF1におけるネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセル、アラン・プロスト、アイルトン・セナ、2輪レースではWGPにおけるエディ・ローソン、ワイン・ガードナー、ウェイン・レイニー、ケビン・シュワンツが、四強としてよく知られており、共に1980年代から1990年代前半に活躍した。2000年代終盤にバレンティーノ・ロッシ、ケーシー・ストーナー、ホルヘ・ロレンソ、ダニ・ペドロサが新たな四強としてそう呼ばれている。四強 (モータースポーツ) フレッシュアイペディアより)

  • アンヘル・ニエト

    アンヘル・ニエトから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    通算優勝回数は90回で、2008年5月18日にフランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権において、バレンティーノ・ロッシが通算90勝目を上げた際、ウィニングラン時にロッシのYZR-M1で「90+90」の旗を掲げてタンデム走行を披露した。アンヘル・ニエト フレッシュアイペディアより)

  • 阿部典史

    阿部典史から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    1994年にはロードレース世界選手権(WGP)日本GPでケビン・シュワンツ、マイケル・ドゥーハン等と苛烈なトップ争いを繰り広げながらも残り3周で転倒リタイアしてしまうという、センセーショナルなデビューを飾る。阿部のパフォーマンスのインパクトは、バレンティーノ・ロッシがこの阿部の勇姿に憧れ自らを「ろっしふみ」と名乗ったエピソードが物語っている。阿部典史 フレッシュアイペディアより)

  • ロードレース世界選手権の沿革

    ロードレース世界選手権の沿革から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    ホンダは第1戦日本GP(鈴鹿)でロードレース世界選手権通算500勝を達成した。記念すべき500勝目は、125ccクラス世界チャンピオンで250ccクラス世界チャンピオンのバレンティーノ・ロッシ(ホンダNSR500)によってホンダに齎された。またロッシは今シーズンをもって廃止される500ccクラスの世界タイトルを獲得し、500ccクラス最後の世界チャンピオンとなった。ロードレース世界選手権の沿革 フレッシュアイペディアより)

  • ドゥカティ・デスモセディチ

    ドゥカティ・デスモセディチから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    2011年はストーナーの移籍によりバレンティーノ・ロッシを迎えてシーズンに挑んだが、来期からのレギュレーション変更を見据えてマシンを製作したため車体のセッティングが全く噛み合わず、フレームの素材を変更するなど試行錯誤を続けたが苦戦から抜け出せず、2004年以来のシーズン未勝利に終わった。ドゥカティ・デスモセディチ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本グランプリ (ロードレース)

    2009年の日本グランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    2009年の日本グランプリは、ロードレース世界選手権の2009年シーズン第2戦として、4月24日から26日まで栃木県のツインリンクもてぎで開催された。MotoGPクラスの決勝は、選手権の最高峰クラスのレースとして記念すべき通算700戦目となった。そのレースではホルヘ・ロレンソがチームメイトのバレンティーノ・ロッシを破って優勝を遂げ、チャンピオン争いの先頭に立った。2009年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)

    2007年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    日曜日朝のウォームアップセッション終了後、関係者がスターティンググリッドに集まり、10月7日に交通事故で亡くなった元グランプリライダーのノリックこと阿部典史を偲び、1分間の黙祷を捧げた。自分自身に「ろっしふみ(ロッシ+のり"ふみ")」というあだ名を付けるほどのファンだったバレンティーノ・ロッシを始め、多くのライダー、スタッフが腕に喪章を付けて今回のグランプリに臨んだ。2007年のオーストラリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
252件中 1 - 10件表示

「バレンティーノ・ロッシ」のニューストピックワード