前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
261件中 1 - 10件表示
  • ホルヘ・ロレンソ

    ホルヘ・ロレンソから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    ヤマハとの翌シーズンからのMotoGPクラスにステップアップするための数度の交渉の後、2007年7月25日にバレンティーノ・ロッシのチームメイトとしてから2年間の契約が発表された。ホルヘ・ロレンソ フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・YZR-M1

    ヤマハ・YZR-M1から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシがヤマハと2年契約を結ぶ。伝えられるところに依ると、1シーズン600万ドルの契約であり、この移籍はプレスによって「彼が噛むことができた物より多くのものを噛み切る」と表現された。ロッシがYZR-M1をホンダ・RC211Vのレベルに引き上げることは、批評家やメディア専門家ばかりでなく多くのファンも至難の業と考えた。冬の間にホンダのマシン開発は好調に進み、マックス・ビアッジとセテ・ジベルナウがホンダに世界タイトルをもたらすのに障害は無いと考えられた。ヤマハ・YZR-M1 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のカタールグランプリ

    2009年のカタールグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    この雨により、投光器に照らされてギラついた路面がライダーたちにとって危険になる恐れが出てきたため、残り2クラスのレースをおこなうかどうか話し合いがもたれた。レースのオーガナイザー、安全面担当の代表者であるフランコ・ウンチーニ、バレンティーノ・ロッシやロリス・カピロッシらライダーを乗せたセーフティーカーが、雨が止んで乾きつつある路面の調査のためコースに出た。結果、当初予定の40分遅れで250ccクラス決勝をスタート、ただしMotoGPクラス開始の遅れを防ぐため、周回数は20周から13周(フルポイントが与えられるギリギリの周回数)に減らされることになった。レースは問題なくおこなわれ、エクトル・バルベラが優勝、伏兵ジュール・クルーセルが2位に入った。ルーキーのマイク・ディ・メッリオはファイナルラップにチームメイトのアルバロ・バウティスタとホンダのラファエレ・デ・ロサをオーバーテイクして3位表彰台に立った。青山博一もその2台をかわして4位を確保した。2009年のカタールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本グランプリ (ロードレース)

    2009年の日本グランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    2009年の日本グランプリは、ロードレース世界選手権の2009年シーズン第2戦として、4月24日から26日まで栃木県のツインリンクもてぎで開催された。MotoGPクラスの決勝は、選手権の最高峰クラスのレースとして記念すべき通算700戦目となった。そのレースではホルヘ・ロレンソがチームメイトのバレンティーノ・ロッシを破って優勝を遂げ、チャンピオン争いの先頭に立った。2009年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • マックス・ビアッジ

    マックス・ビアッジから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    からはヤマハ・ワークスに移籍、YZR500にマシンを乗り換えた。1999年は年間1勝でシリーズ4位、は2勝でシリーズ3位を記録した。そして500ccクラスの最終年度となったには3勝を挙げ、ナストロ・アズーロ・ホンダチームのバレンティーノ・ロッシに次ぐシリーズ2位となった。マックス・ビアッジ フレッシュアイペディアより)

  • ケーシー・ストーナー

    ケーシー・ストーナーから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    はドゥカティワークス・チームに移籍し、同チームのエース、ロリス・カピロッシのチームメイトとしてMotoGPクラスに継続参戦。移籍後初レースとなった開幕戦カタールGPでは、7度の世界チャンピオン・バレンティーノ・ロッシを下して初優勝を達成、ポイントリーダーとしてシーズンをスタートした。これをきっかけに怒涛の勢いで優勝を重ね、ツインリンクもてぎで開催された第15戦日本GPで6位に入り、遂に年間王者を獲得。2007年はシーズン10勝を挙げ、最低成績が日本GPの6位(棄権ゼロ)と抜群の安定感で文句なしのタイトル獲得となった(ランキング2位のペドロサとの差は125点)。ケーシー・ストーナー フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)

    2007年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    日曜日朝のウォームアップセッション終了後、関係者がスターティンググリッドに集まり、10月7日に交通事故で亡くなった元グランプリライダーのノリックこと阿部典史を偲び、1分間の黙祷を捧げた。自分自身に「ろっしふみ(ロッシ+のり"ふみ")」というあだ名を付けるほどのファンだったバレンティーノ・ロッシを始め、多くのライダー、スタッフが腕に喪章を付けて今回のグランプリに臨んだ。2007年のオーストラリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • ゴンガーシホ

    ゴンガーシホから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    趣味はMotoGP、スーパーバイク世界選手権、トライアル、スーパークロス等の2輪レース観戦。尊敬する人物はバレンティーノ・ロッシ、甲本ヒロト。ゴンガーシホ フレッシュアイペディアより)

  • アンヘル・ニエト

    アンヘル・ニエトから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    通算優勝回数は90回で、2008年5月18日にフランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権において、バレンティーノ・ロッシが通算90勝目を上げた際、ウィニングラン時にロッシのYZR-M1で「90+90」の旗を掲げてタンデム走行を披露した。アンヘル・ニエト フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のカタルーニャグランプリ

    2010年のカタルーニャグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    125ccクラス予選では、マルク・マルケスが3戦連続でポールポジションを獲得した。これはバレンティーノ・ロッシが同記録を達成した当時(のドイツGP)の年齢(18歳と153日)を更新する、史上最年少(17歳と136日)での3連続PPとなった。2010年のカタルーニャグランプリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
261件中 1 - 10件表示