252件中 91 - 100件表示
  • 2010年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2010年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    の最終戦以来となる、バレンティーノ・ロッシがいないグランプリとなった今回、MotoGPクラスの予選ではフィアット・ヤマハチーム唯一のライダーとなったホルヘ・ロレンソがシーズン初のポールポジションを獲得した。続いてホンダのサテライトチームであるLCRのランディ・ド・プニエが2番手に入る健闘を見せた。2010年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のサンマリノグランプリ (ロードレース)

    2010年のサンマリノグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    日曜日の決勝では、ペドロサが終始レースをリードし、2連勝・シーズン4勝目を挙げた。2位にはロレンソ、3位には地元バレンティーノ・ロッシが続いた。ポイントランキングでは、トップのロレンソと2番手のペドロサとの差は63ポイントとなった。2010年のサンマリノグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本グランプリ (ロードレース)

    2010年の日本グランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    土曜日の予選ではそのペドロサのチームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾが、自身クラス初となるポールポジションを獲得した。日曜の決勝レースでは前戦に引き続いてドゥカティ・マルボロのケーシー・ストーナーが速さを見せ、独走で2連勝・シーズン2勝目を遂げた。2位にはドヴィツィオーゾ、3位にはファイナルラップまで続いたチームメイトのホルヘ・ロレンソとの激しいバトルを制した、フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシが入った。初の地元MotoGPレースとなった青山博一は、ここまでの自己ベストタイとなる10位で完走を果たした。2010年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2010年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    日曜日の決勝レースはロレンソ、バレンティーノ・ロッシ、アンドレア・ドヴィツィオーゾの3台によるトップ争いが展開された。序盤はロレンソが先頭をキープしていたが、9周目にはドヴィツィオーゾがトップに立つ。ロッシはスタートに失敗し9番手で1周目を終えたがそこから追い上げを見せ、10周目には2位ロレンソをオーバーテイク、次の周にはドヴィツィオーゾを抜いてトップに立ち、開幕戦カタールGP以来となるシーズン2勝目を挙げた。これはロッシにとって、ヤマハ・チームでの46勝目となった。2010年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2011年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    3番手には終始単独走行となったケーシー・ストーナー、4番手にはフィニッシュライン直前でバレンティーノ・ロッシを差したアンドレア・ドヴィツィオーゾが続いた。青山博一はカル・クラッチローとのバトルを制し、サテライト勢2番手となる7位でフィニッシュを果たした。2011年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のアメリカグランプリ (ロードレース)

    2008年のアメリカグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    決勝はドライコンディションでおこなわれた。1周目にはホルヘ・ロレンソがハイサイドを起こし、またも骨折の重傷を負ってしまった。2周目には5戦連続となるポールポジションからスタートしたケーシー・ストーナーをかわしてバレンティーノ・ロッシが先頭に立った。レースはこの二人のマッチレースとなり、コーナーごとにトップが入れ替わる激しいバトルが展開された。ラグナ・セカ名物のコークスクリューで、ロッシは縁石よりさらにイン側のダートにまではみ出ながらストーナーをオーバーテイクする荒技を見せた。このバトルの決着が付いたのは24周目の最終コーナー、ブレーキングを遅らせすぎたストーナーがコースアウトし転倒、2位でレースに復帰することはできたがロッシとの差は取り返しのつかないものになっていた。ロッシはシーズン4勝目を挙げポイントリーダーの座を維持、欠場のペドロサに代わり25ポイント差のランキング2位にはストーナーが浮上した。AMA勢はスピーズが8位、ハッキングが12位で完走を果たした。2008年のアメリカグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のチェコグランプリ

    2008年のチェコグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスは6戦連続のポールポジションからスタートしリードを築いていたケーシー・ストーナーが7周目に転倒リタイヤ、代わってトップに立ったバレンティーノ・ロッシが2連勝・シーズン5勝目を挙げた。2位にはアリーチェ・チームのトニ・エリアス、3位にはスズキ移籍後初表彰台となるロリス・カピロッシが入った。ランキングトップのロッシはストーナーに50ポイントの大差を付け、チャンピオンに近づいた。2008年のチェコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)

    2008年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    すでにバレンティーノ・ロッシのチャンピオンが確定しているMotoGPクラスでは、ポールポジションからスタートしたケーシー・ストーナーがシーズン5勝目、2年連続となる地元優勝を遂げた。予選での転倒で頭部を強打し、シーズン自己ワーストの12番グリッドからのスタートとなったロッシは、ジェームス・トスランド、ニッキー・ヘイデンらとのバトルを制し2位に入った。2008年のオーストラリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のアメリカグランプリ (ロードレース)

    2007年のアメリカグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    日曜日の決勝は、ポールポジションからスタートしたポイントリーダーのケーシー・ストーナーが他を寄せ付けず、独走でシーズン6勝目を遂げた。以下ブリヂストンタイヤ勢が強さを見せ、2位にクリス・バーミューレン、3位にマルコ・メランドリと続いた。AMA勢の最高位はトップ10入りを果たしたロジャー・リー・ヘイデンだった。ランキング2位のバレンティーノ・ロッシは4位に終わり、ストーナーとの差は47ポイントに広がった。レース後インタビューに答えたロッシは、グリップしないミシュランタイヤに失望した旨のコメントを残した。2007年のアメリカグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2011年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス予選ではケーシー・ストーナーがシーズン3度目のポールポジションを獲得、マルコ・シモンチェリ、ホルヘ・ロレンソがフロントロウに並んだ。ドゥカティワークスのバレンティーノ・ロッシが13番グリッドに沈む中、カルディオンABチームのルーキー、カレル・アブラハムがドゥカティ勢最上位となる2列目6番グリッドを獲得する活躍を見せた。もう一人のルーキー、モンスター・ヤマハ・テック3のカル・クラッチローはセッション序盤に転倒を喫し左鎖骨を骨折、地元レースを欠場することとなった。2011年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

252件中 91 - 100件表示

「バレンティーノ・ロッシ」のニューストピックワード