261件中 91 - 100件表示
  • 2003年のカタルーニャグランプリ

    2003年のカタルーニャグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝では、序盤からバレンティーノ・ロッシとロリス・カピロッシによるトップ争いが展開されていた。ロッシが17周目にコースアウトを喫し6位に沈んだあとはカピロッシが後続を抑えきり、MotoGP参戦6戦目のドゥカティにクラス初優勝、に125ccクラスでアルベルト・ガンドッシが2勝、ブルーノ・スパッジャーリが1勝を挙げて以来、実に45年ぶりとなるグランプリ4勝目をもたらした。ロッシは驚異的なリカバリを見せて最終的には2位でフィニッシュを果たした。ポイントランキングではトップのロッシがリードを広げ、2番手のセテ・ジベルナウに47ポイント、3番手のマックス・ビアッジに50ポイント差とした。2003年のカタルーニャグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2003年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、バレンティーノ・ロッシがマックス・ビアッジとのバトルを制してトップでチェッカーを受けた。ところがレース後、ロッシはスタート直後の宇川徹のクラッシュにより黄旗が振られていた区間で追い抜きをおこなっていたことが判明。10秒のタイムペナルティが課せられ、最終的なリザルトはビアッジがシーズン初優勝、セテ・ジベルナウが2位、ロッシは3位に終わった。ポイントランキングではロッシがトップを維持、ジベルナウとの差は34ポイント、ビアッジとは37ポイントとなった。2003年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本グランプリ (ロードレース)

    2003年の日本グランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    2年目のシーズン開幕戦となったMotoGPクラスの予選では、ディフェンディングチャンピオンのバレンティーノ・ロッシ(レプソル・ホンダ)がポールポジションを獲得、2番手にマックス・ビアッジ(キャメル・ホンダ・ポンス)が続いた。地元勢最上位は3番グリッドの宇川徹(キャメル・ホンダ・ポンス)、5番手にルーキーの玉田誠(プラマック・ホンダ)、10番手に中野真矢(ダンティーン・ヤマハ)、11番手に加藤大治郎(テレフォニカ・モビスター・ホンダ)が続いた。このシーズンヤマハ・YZR-M1の開発ライダーを務めることになった阿部典史は当初ワイルドカード枠での出場予定だったが、マルコ・メランドリの負傷代役として急きょワークスのフォルツナ・ヤマハからエントリー、14番グリッドからのスタートとなった。2003年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の南アフリカグランプリ (ロードレース)

    2003年の南アフリカグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスの決勝前、前戦日本GPでの事故により4月20日に息を引き取った加藤大治郎を悼み、全ライダー・チームスタッフらが1分間の黙祷を捧げた。レース序盤はMotoGP2戦目のトロイ・ベイリス(ドゥカティ)がレースをリードしていたが、ポールポジションからスタートした大治郎のチームメイト、セテ・ジベルナウが15周目にトップを奪還する。その後ジベルナウはバレンティーノ・ロッシの猛烈な追撃を抑えきり、シーズン初優勝・最高峰クラス自身2勝目を遂げた。表彰台の中央でジベルナウは胸に貼った「74(大治郎のゼッケン)」のワッペンに手を当て天を仰ぎ、勝利を大治郎に捧げた。2003年の南アフリカグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のフランスグランプリ (ロードレース)

    2003年のフランスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    決勝レースでは、7周目にトップに立ったバレンティーノ・ロッシが後続を引き離しにかかっていたが、雨が激しく降り始めたため15周目終了時点をもって一旦レース中断となった。このような場合、前シーズンまでは2ヒート制のタイム合算で順位が争われていたが、このシーズンからはレギュレーションが変更され、中断時点の順位を元にスターティンググリッドを組んだ第2レース(今回は残り周回数である13周)の結果のみで順位が決まることとなった。2003年のフランスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のチェコグランプリ

    2003年のチェコグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、バレンティーノ・ロッシ、セテ・ジベルナウ、トロイ・ベイリス、ロリス・カピロッシの4台が何度も順位を入れ替える激しいトップ争いが展開された。決着はファイナルラップ、ジベルナウがミスを犯した隙をついたロッシがトップを奪い、シーズン4勝目を挙げることとなった。この結果ポイントランキングでは、トップのロッシと2番手のジベルナウとの差は34に広がった。2003年のチェコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2003年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシが独走で2連勝、シーズン5勝目を挙げた。ポイントランキング2位のセテ・ジベルナウは4位に終わり、ロッシとの差は46ポイントに広がった。2003年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2003年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシのタイトル獲得を阻止しようとランキング2位のセテ・ジベルナウがレース序盤をリードするが、8周目にトップに立ったロッシがその後のレースを支配。シーズン7勝目を挙げて、最高峰クラス3年連続となるチャンピオンに輝いた。2003年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のバレンシアグランプリ

    2003年のバレンシアグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、チャンピオンのバレンティーノ・ロッシがセテ・ジベルナウとのバトルを制して3連勝・シーズン9勝目でシーズンを締めくくった。レース後、ロッシは4シーズンを共にしたホンダからの離脱を発表。今回挙げた最高峰クラス33勝目が、ホンダでの最後の勝利となった。また同じホンダ陣営の宇川徹は、このシーズン限りでのMotoGPからの引退を発表した。2003年のバレンシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の日本グランプリ (ロードレース)

    2002年の日本グランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス初レースとなった今回の鈴鹿だったが、最新の4ストローク990ccマシンを与えられたのは4メーカーのワークスチームの7名と、ワイルドカード参戦の開発ライダー2名だけであり、残りのサテライトチーム勢は全て従来の2ストローク500ccマシンでの参戦となった。予選初日のセッションこそNSR500を駆るロリス・カピロッシが制したものの、土曜日のセッションではRC211Vを駆る前年度の500ccクラスチャンピオン、バレンティーノ・ロッシ(レプソル・ホンダ)が速さを見せ、ポールポジションを獲得した。2002年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

261件中 91 - 100件表示