261件中 111 - 120件表示
  • 2002年のバレンシアグランプリ

    2002年のバレンシアグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、第13戦でRC211Vに乗り換えて以降毎戦表彰台に立つ活躍を見せているアレックス・バロスがチャンピオンのバレンティーノ・ロッシとのマッチレースを制してシーズン2勝目を挙げた。2002年のバレンシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の中国グランプリ (ロードレース)

    2005年の中国グランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    ヘビーウェットとなったMotoGPクラス決勝は、バレンティーノ・ロッシが逃げ切ってシーズン2勝目を挙げた。2位には今回アレックス・ホフマンの負傷代役としてカワサキより出場したオリビエ・ジャックが続いた。これはジャックにとって最高峰クラス初の表彰台、カワサキにとってはクラスベストリザルトとなった。2005年の中国グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のオランダグランプリ (ロードレース)

    2002年のオランダグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではNSR500を駆るアレックス・バロスがレースをリードしていたが、僅差の2位につけて虎視眈々とタイミングを覗っていたバレンティーノ・ロッシが終盤にトップを奪い、5連勝・シーズン6勝目を挙げた。ポイントランキングトップのロッシと、今回転倒を喫して5位に終わった宇川徹との差は62ポイントに広がった。2002年のオランダグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のオランダグランプリ (ロードレース)

    2005年のオランダグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝ではポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシがランキング2位のマルコ・メランドリとのバトルを制し5連勝・シーズン6勝目を挙げた。この結果両者のポイント差は63に広がった。2005年のオランダグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のオランダグランプリ (ロードレース)

    2004年のオランダグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、3戦連続でバレンティーノ・ロッシとセテ・ジベルナウのマッチレースが展開されることとなった。ファイナルラップにロッシがジベルナウをオーバーテイク、その直後体勢を乱したロッシはジベルナウと接触するが、両者とも何とかこらえ、ロッシが3連勝・シーズン4勝目を挙げることとなった。この結果ポイントランキングではロッシがジベルナウに追いつき、同ポイントで並んだ。2004年のオランダグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のオランダグランプリ (ロードレース)

    2003年のオランダグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではセテ・ジベルナウが独走し、シーズン3勝目を挙げた。2位にはマックス・ビアッジ、3位にバレンティーノ・ロッシが入った。このシーズン、アプリリアの3気筒マシンに手を焼いて苦戦が続く芳賀紀行は雨の中好走を見せて4位に付けていたが、残り2周となったときに転倒リタイヤを喫してしまった。ポイントランキングではトップのロッシが差を詰められ、2番手のジベルナウに38ポイント差となった。2003年のオランダグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・バージェス

    ジェレミー・バージェスから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    ジェレミー・バージェス(Jeremy Burgess 、1953年生)はオーストラリアのアデレードヒルズ出身のモーターサイクルレース・エンジニア。チーフエンジニアとしてワイン・ガードナー、ミック・ドゥーハン、バレンティーノ・ロッシという3人の世界チャンピオンと共に働いたことで知られている。ジェレミー・バージェス フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のサンマリノグランプリ (ロードレース)

    2008年のサンマリノグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝は、7戦連続のポールポジションからレースをリードしていたケーシー・ストーナーが前戦に続いてまたも転倒リタイヤに終わり、代わってトップに立ったバレンティーノ・ロッシが3連勝・シーズン6勝目を挙げた。これによりロッシとストーナーのポイント差は75に広がった。2008年のサンマリノグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 上田昇

    上田昇から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    には元世界チャンピオンのパオロ・ピレリ率いるチーム・ピレリに移籍、にはGiviレーシングに移籍しアプリリアを駆る坂田和人らとタイトル争いを展開し、年間3勝でシリーズランキング2位を記録した。にはクラス2年目のバレンティーノ・ロッシに次ぐ、自身2度目のシリーズ2位となった。には当時現役ライダーだった友人のルーチョ・チェッキネロが立ち上げたチーム・LCRに移籍し、チームの共同運営にも携わるが、第5戦フランスGPでエンジン焼き付きで転倒、後続のライダーに右腕を轢かれて重傷を負い、6戦の欠場を強いられることとなった。上田昇 フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・トスランド

    ジェームス・トスランドから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    シーズン中盤以降、トスランドは10位前後の順位で苦闘することになった。第9戦ダッチTTと第11戦アメリカGPでは9位に入った。第12戦チェコGPではブリヂストン勢が優位に立つ中、チームメイトのエドワーズを上回りミシュラン勢で3番手となる13位でフィニッシュした。第16戦オーストラリアGPでは一時3位を走行していたが、バレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソ、ドヴィツィオーゾ、中野真矢らとの激しいバトルの結果、最後は6位でのフィニッシュとなった。ジェームス・トスランド フレッシュアイペディアより)

261件中 111 - 120件表示