261件中 121 - 130件表示
  • 2010年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2010年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    の最終戦以来となる、バレンティーノ・ロッシがいないグランプリとなった今回、MotoGPクラスの予選ではフィアット・ヤマハチーム唯一のライダーとなったホルヘ・ロレンソがシーズン初のポールポジションを獲得した。続いてホンダのサテライトチームであるLCRのランディ・ド・プニエが2番手に入る健闘を見せた。2010年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2011年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス予選ではケーシー・ストーナーがシーズン3度目のポールポジションを獲得、マルコ・シモンチェリ、ホルヘ・ロレンソがフロントロウに並んだ。ドゥカティワークスのバレンティーノ・ロッシが13番グリッドに沈む中、カルディオンABチームのルーキー、カレル・アブラハムがドゥカティ勢最上位となる2列目6番グリッドを獲得する活躍を見せた。もう一人のルーキー、モンスター・ヤマハ・テック3のカル・クラッチローはセッション序盤に転倒を喫し左鎖骨を骨折、地元レースを欠場することとなった。2011年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のロードレース世界選手権

    2007年のロードレース世界選手権から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    排気量縮小に加えて、MotoGPクラスでは1回のグランプリに1人のライダーが使えるタイヤの総数が31本に制限されることになった。この制限は1つのタイヤの路面温度・トラック状況への適応範囲がミシュランより広いブリヂストン勢にとってアドバンテージとなった。ミシュランを履くバレンティーノ・ロッシを始めとしたトップライダー勢からの不満、TV中継の視聴率低下を受けて、MotoGPを主催するドルナCEOのカルメロ・エスペレータはタイヤのワンメイク化を提案することになった。結果としては使用可能タイヤ本数が9本追加され、ロッシは翌シーズンよりブリヂストンにスイッチすることになった。(タイヤのワンメイク化は2年後のに、ミシュランの撤退によって実現することとなる。)2007年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)

    2003年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝はドライコンディションとなった。前戦でチャンピオンを決めたバレンティーノ・ロッシは5周目にトップに立ったが、11周目に黄旗無視による10秒のタイムペナルティを課せられてしまう。これをピットボードで知ったロッシは猛烈なスパートを見せ、見た目上2番手のロリス・カピロッシを突き放しに掛かった。最後はペナルティ分を帳消しにして、さらに5秒のリードを築いてシーズン8勝目を挙げた。ウィニングランでロッシはゼッケン「7」の旗を掲げ、この年の3月に癌で亡くなったオーストラリア在住の元チャンピオンライダー、バリー・シーンにこの勝利を捧げた。2003年のオーストラリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • ルカ・カダローラ

    ルカ・カダローラから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    以後はGP500やMotoGPへの参戦を継続し勝利を挙げ安定したバイプレイヤーとして1999年まで活躍。バレンティーノ・ロッシ以前にグランドスラム(125cc、250cc、500ccの3クラス制覇)の可能性を持っていたライダーでもあった。ルカ・カダローラ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のパシフィックグランプリ (ロードレース)

    2002年のパシフィックグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、今回より4ストロークのRC211Vを与えられたウェスト・ホンダ・ポンスのアレックス・バロスが、前戦でチャンピオンを決めたバレンティーノ・ロッシとのバトルを制してシーズン初優勝を果たした。地元加藤大治郎もトップ争いに加わっていたが、8周目にマシントラブルが発生しリタイヤとなった。また今回のレースでは、翌シーズンよりフル参戦を開始するカワサキ・レーシングチームが柳川明をライダーにZX-RRで出場。しかしエンジンブローが原因で転倒、柳川が怪我を負う苦いデビュー戦となってしまった。2002年のパシフィックグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 中野真矢

    中野真矢から見たヴァレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    2008年はコニカミノルタ・ホンダを離れ、有力プライベーターチームのグレシーニ・レーシングへ移籍。2年目のホンダ・RC212Vに、カワサキレーシング時代に使用していたブリヂストンタイヤを履き、新天地での巻き返しを図った。前年の不調から脱出しシーズン最高位はチェコGPの4位。最終的に年間ランキング9位でシーズンを終えた。全18戦中、17戦でポイントを獲得し、全戦でポイントを獲得してチャンピオンとなったV.ロッシに次ぐ安定感を見せた。中野真矢 フレッシュアイペディアより)

  • コーリン・エドワーズ

    コーリン・エドワーズから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    にホンダに移籍。着実に成績を伸ばしていったエドワーズは、ホンダの投入したニューマシンVTR1000SPWを駆り、古巣ヤマハの芳賀を下して初の世界チャンピオンに輝く。はドゥカティのトロイ・ベイリスにタイトルを奪われるも、バレンティーノ・ロッシとのペアで臨んだ鈴鹿8耐では優勝、2勝目を飾る。コーリン・エドワーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロリス・カピロッシ

    ロリス・カピロッシから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    はファウスト・グレシーニ率いるElf Axo ホンダチームに移籍。NSR250を駆りシーズン3勝を挙げたものの、9勝のバレンティーノ・ロッシには歯が立たずに年間ランキング3位に終わった。ロリス・カピロッシ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のカタルーニャグランプリ

    2002年のカタルーニャグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、レース序盤をリードしていた地元カルロス・チェカをレプソル・ホンダの2人がかわし、バレンティーノ・ロッシが4連勝・シーズン5勝目、宇川徹が5戦連続表彰台となる2位に入った。ポイントランキングでは、1位ロッシと2位宇川との差は48ポイントとなった。2002年のカタルーニャグランプリ フレッシュアイペディアより)

261件中 121 - 130件表示