261件中 131 - 140件表示
  • マイケル・ドゥーハン

    マイケル・ドゥーハンから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    しかし、タイトル6連覇のかかる1999年シーズン、第3戦スペインGP(ヘレス)の予選走行中に高速の左コーナーで激しく転倒し、右鎖骨、左手首、右膝を骨折する大怪我を負い、残る全てのレースをキャンセル。その後も翌シーズンからの復帰を目指したが、体の状態は事故前までには回復せず、2000年シーズン開幕を前に引退を表明した。引退後はホンダ・レーシングのGPアドバイザーなどを務め、バレンティーノ・ロッシ、加藤大治郎らをサポートした。マイケル・ドゥーハン フレッシュアイペディアより)

  • 1996年のロードレース世界選手権

    1996年のロードレース世界選手権から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    250ccクラスではアプリリアのマックス・ビアッジが3年連続クラスチャンピオンとなり、125ccクラスでもホンダの青木治親が2年連続タイトルを獲得した。この年、500ccクラスの阿部典史、250ccクラスのオリビエ・ジャック、そして125ccクラスのバレンティーノ・ロッシがグランプリ初勝利を挙げた。1996年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川和多留

    吉川和多留から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    シーズンには、第4戦イタリアGPで脛骨開放骨折の重傷を負い長期欠場することになったバレンティーノ・ロッシの代役として、フィアット・ヤマハチームより第7戦カタルーニャGPに出場し15位となる。なお当初3戦の出場予定であったが、ロッシの回復が早まったため第7戦のみとなった。吉川和多留 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・GSV-R

    スズキ・GSV-Rから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    雨となった開幕戦の日本GPではワイルドカード参戦の梁明が中盤までトップを走り、最終的にホンダのバレンティーノ・ロッシに逆転されるものの2位を獲得する活躍を見せた。しかし、それ以降の成績は振るわず、コンストラクターズランキングでホンダ、ヤマハに大きく水をあけられて3位に終わった。その後もエンジンのVアングルの変更や不等間隔爆発の採用など、シーズン毎に仕様の変更を繰り返したがMotoGPでの勝利を得ることができずに低迷が続いた。スズキ・GSV-R フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のパシフィックグランプリ (ロードレース)

    2003年のパシフィックグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    日曜日の決勝レースでは、序盤はマックス・ビアッジをバレンティーノ・ロッシが僅差で追う展開となっていたが、7周目にロッシがコースアウトを喫して9位に落ちたあとはビアッジが独走状態となり、シーズン2勝目を挙げた。ロッシは猛烈な追い上げを見せ、最後は2位でフィニッシュを果たした。玉田誠は2戦連続で3番手でチェッカーを受け、地元ファンの前で表彰台に立った。ところがその後、ファイナルラップにセテ・ジベルナウと接触していた玉田には「危険行為」として失格処分が下され、3位はルーキーのニッキー・ヘイデン(レプソル・ホンダ)、4位は玉田との接触でコースアウトを喫したジベルナウが繰り上がった。2003年のパシフィックグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のロードレース世界選手権

    2004年のロードレース世界選手権から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    2003年のシーズン終了後、バレンティーノ・ロッシはHRCとの契約を延長しないことを決断し、HRCは契約が切れる2003年12月31日まではロッシが他メーカーのマシンに乗ることを認めないと通達した。テスト不足に加えてもう10年以上ヤマハのマシンに乗るライダーがチャンピオンになっていないということもあり、ロッシのヤマハへの移籍は大きな賭けだと見る者が多かった。しかしシーズンが開幕するとロッシはビアッジとの大バトルの末に開幕戦を制し、その強さはシーズン終盤まで衰えることなく、グランプリの最高峰クラスで異なるメーカーのマシンでの連続チャンピオンというエディ・ローソン以来の偉業を成し遂げた。2003年のホンダ、2004年のヤマハという異なるマシンでの連続タイトルは、「ロッシの速さは(ホンダの)マシンのおかげではないのか?」という一部の疑念を実力で一蹴したのである。2004年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のロードレース世界選手権

    2008年のロードレース世界選手権から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    週末を通して雨となった第4戦中国GPではバレンティーノ・ロッシがシーズン初勝利。続くフランスGP、イタリアGPも制して3連勝を遂げた。対してストーナーも第8戦イギリスGPからダッチTT、ドイツGPと3連勝を果たす。3戦ともポールポジションからスタートし、ファステストラップも記録する完全な勝利だった。 シリーズチャンピオンはこの2人によって争われることになった。2008年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ヘイルウッド

    マイク・ヘイルウッドから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    1950年代から1960年代のモーターサイクルロードレースのロードレース世界選手権(世界GP)で活躍し9回のタイトルを獲得。1962年に22歳という最年少記録で500ccクラスのタイトルを獲得。これは1983年にフレディ・スペンサーが21歳という記録を達成するまで破られなかった。世界GPで3クラス(250/350/500cc)にわたりタイトルを獲得した初のライダーで、以後3クラス以上のタイトルを獲得しているのは現在のところフィル・リードとバレンティーノ・ロッシとマルク・マルケスを加えた計4人だけ。2000年にMotoGP殿堂入り。マイク・ヘイルウッド フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2004年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでも、ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシが独走でシーズン5勝目を挙げた。2位にはテレフォニカ・モビスター・ホンダのコーリン・エドワーズが入り、自身グランプリ初となる表彰台に立った。ポイントランキングでは、今回精彩を欠いて12位に終わったマックス・ビアッジは3位に転落、代わってセテ・ジベルナウ(今回3位)がロッシから22ポイント差の2位となった。2004年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のドイツグランプリ (ロードレース)

    2003年のドイツグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、バレンティーノ・ロッシをファイナルラップの最終コーナーでオーバーテイクしたセテ・ジベルナウがシーズン4勝目を挙げた。この結果ポイントランキングではロッシがトップの座を維持、ジベルナウが29ポイントに差を詰めた。ランキング3位のマックス・ビアッジはシーズン初の転倒リタイヤを喫し、ロッシから57ポイント差となりタイトル争いから大きく後退した。2003年のドイツグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

261件中 131 - 140件表示