252件中 11 - 20件表示
  • ケーシー・ストーナー

    ケーシー・ストーナーから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    はドゥカティワークス・チームに移籍し、同チームのエース、ロリス・カピロッシのチームメイトとしてMotoGPクラスに継続参戦。移籍後初レースとなった開幕戦カタールGPでは、7度の世界チャンピオン・バレンティーノ・ロッシを下して初優勝を達成、ポイントリーダーとしてシーズンをスタートした。これをきっかけに怒涛の勢いで優勝を重ね、ツインリンクもてぎで開催された第15戦日本GPで6位に入り、遂に年間王者を獲得。2007年はシーズン10勝を挙げ、最低成績が日本GPの6位(棄権ゼロ)と抜群の安定感で文句なしのタイトル獲得となった(ランキング2位のペドロサとの差は125点)。ケーシー・ストーナー フレッシュアイペディアより)

  • マックス・ビアッジ

    マックス・ビアッジから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    からはヤマハ・ワークスに移籍、YZR500にマシンを乗り換えた。1999年は年間1勝でシリーズ4位、は2勝でシリーズ3位を記録した。そして500ccクラスの最終年度となったには3勝を挙げ、ナストロ・アズーロ・ホンダチームのバレンティーノ・ロッシに次ぐシリーズ2位となった。マックス・ビアッジ フレッシュアイペディアより)

  • ヴァレンティーノ・ロッシ

    ヴァレンティーノ・ロッシから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    ヴァレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • 東雅雄

    東雅雄から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    前年の最終戦における東の勝利によって、ホンダのグランプリ通算勝利数は497となっており、の開幕戦日本GPでホンダが全クラスで勝利を挙げれば500勝を達成できる計算だった。そんな状況の下、125ccクラスの決勝では同じホンダの上田昇がレースをリードしていたが15周目に転倒、トップグループでホンダを駆るのは東ひとりとなってしまった。3番手でファイナルラップに突入した東はスプーンカーブでアプリリアのルーチョ・チェッキネロを、130R手前のバックストレートでデルビの宇井陽一をオーバーテイク、そのまま抑えきってホンダに498勝目をもたらした。そして続く250ccクラス決勝ではNSR250を駆る加藤大治郎が制し、500ccクラスではNSR500のバレンティーノ・ロッシが勝利を収めて500勝を達成。東はホンダの地元での500勝達成に貢献することとなった。東雅雄 フレッシュアイペディアより)

  • 上田昇

    上田昇から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    には元世界チャンピオンのパオロ・ピレリ率いるチーム・ピレリに移籍、にはGiviレーシングに移籍しアプリリアを駆る坂田和人らとタイトル争いを展開し、年間3勝でシリーズランキング2位を記録した。にはクラス2年目のバレンティーノ・ロッシに次ぐ、自身2度目のシリーズ2位となった。には当時現役ライダーだった友人のルーチョ・チェッキネロが立ち上げたチーム・LCRに移籍し、チームの共同運営にも携わるが、第5戦フランスGPでエンジン焼き付きで転倒、後続のライダーに右腕を轢かれて重傷を負い、6戦の欠場を強いられることとなった。上田昇 フレッシュアイペディアより)

  • グラツィアーノ・ロッシ

    グラツィアーノ・ロッシから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    グラツィアーノ・ロッシ ( Graziano Rossi, 1954年3月14日 - ) は、イタリア・ペーザロ出身の元モーターサイクル・ロードレーサー。ロードレース世界チャンピオン、バレンティーノ・ロッシの父。グラツィアーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • イヴァン・ゴイ

    イヴァン・ゴイから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    、ロードレース世界選手権125ccクラスにデビュー。第7戦ダッチTTで初表彰台となる2位に入り、エステルライヒリンクで開催された第10戦オーストリアGPで初優勝を果たした。このときゴイの年齢は16歳と157日であり、これは当時の最年少優勝記録となった。同年にデビューしたバレンティーノ・ロッシ(第11戦チェコGPで初優勝)と共に、ゴイは将来が有望なイタリア人ライダーと評価された。この年のシリーズランキングでは、ロッシが111ポイントで9位、ゴイが110ポイントで10位と並んだ。イヴァン・ゴイ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2005年のスペイングランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではディフェンディング・チャンピオンのバレンティーノ・ロッシ(ゴロワーズ・ヤマハ)と前年度ランキング2位のセテ・ジベルナウ(テレフォニカ・モビスター・ホンダ)が序盤から激しいバトルを展開。ファイナルラップには最終コーナーで両者が接触しジベルナウがコースアウト、ロッシが5年連続で開幕戦を制することとなった。2005年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2005年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    レースはスタートでトップに立ったセテ・ジベルナウがリードしていたが、雨が強くなった17周目に転倒してしまう。代わってトップに立った34歳のベテラン、アレックス・バロス(キャメル・ホンダ・ポンス)が逃げ切って、のマレーシアGP以来となる勝利を遂げた。2番手にはバレンティーノ・ロッシ、3番手にはこのシーズンレプソル・ホンダに移籍したマックス・ビアッジが続いた。2005年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のイタリアグランプリ (ロードレース)

    2005年のイタリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではバレンティーノ・ロッシがマックス・ビアッジとのバトルを制し、4年連続のホームグランプリ制覇となるシーズン4勝目・3連勝を遂げた。3位にはロリス・カピロッシ、4位にマルコ・メランドリが続き、地元イタリア人ライダーがトップ4を独占した。ポイントランキングではロッシが2番手のメランドリに49ポイントの大差を築いた。、とロッシとチャンピオンを争ったセテ・ジベルナウは今回シーズン2度目の転倒リタイヤに終わり、ロッシに67ポイント差を付けられタイトル争いから脱落することとなった。2005年のイタリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

252件中 11 - 20件表示

「バレンティーノ・ロッシ」のニューストピックワード