261件中 11 - 20件表示
  • 四強 (モータースポーツ)

    四強 (モータースポーツ)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    4輪レースではF1におけるネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセル、アラン・プロスト、アイルトン・セナ、2輪レースではWGPにおけるエディ・ローソン、ワイン・ガードナー、ウェイン・レイニー、ケビン・シュワンツが、四強としてよく知られており、共に1980年代から1990年代前半に活躍した。2000年代終盤にバレンティーノ・ロッシ、ケーシー・ストーナー、ホルヘ・ロレンソ、ダニ・ペドロサが新たな四強としてそう呼ばれている。四強 (モータースポーツ) フレッシュアイペディアより)

  • ロードレース世界選手権の沿革

    ロードレース世界選手権の沿革から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    ホンダは第1戦日本GP(鈴鹿)でロードレース世界選手権通算500勝を達成した。記念すべき500勝目は、125ccクラス世界チャンピオンで250ccクラス世界チャンピオンのバレンティーノ・ロッシ(ホンダNSR500)によってホンダに齎された。またロッシは今シーズンをもって廃止される500ccクラスの世界タイトルを獲得し、500ccクラス最後の世界チャンピオンとなった。ロードレース世界選手権の沿革 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部典史

    阿部典史から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    1994年にはロードレース世界選手権(WGP)日本GPでケビン・シュワンツ、マイケル・ドゥーハン等と苛烈なトップ争いを繰り広げながらも残り3周で転倒リタイアしてしまうという、センセーショナルなデビューを飾る。阿部のパフォーマンスのインパクトは、バレンティーノ・ロッシがこの阿部の勇姿に憧れ自らを「ろっしふみ」と名乗ったエピソードが物語っている。阿部典史 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本グランプリ (ロードレース)

    2011年の日本グランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    地震により損壊したツインリンクもてぎのロードコース部分の復旧作業は6月には終わり受け入れ態勢は整ったものの、バレンティーノ・ロッシやホルヘ・ロレンソなど多くのライダーが福島第一原発事故による放射線の影響を警戒し開催が不安視されていた。しかしFIMがイタリアの第三者機関に委託した調査の結果、茂木町の放射能の危険は無視できる程度であると報告され、最終的にはほぼ全てのライダーが出場することになった。2011年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のロードレース世界選手権

    2013年のロードレース世界選手権から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    シーズンは3クラス全てがスペイン人ライダーによって制覇された。MotoGPはマルケス、Moto2はポル・エスパルガロ、Moto3はマーベリック・ビニャーレスがタイトルを獲得した。3クラス合計で52レースの内、47レースでスペイン人ライダーが優勝した。スペイン人以外の5勝はMoto2ランキング2位となったスコット・レディングの3勝、ミカ・カリオの1勝、MotoGPクラスでバレンティーノ・ロッシが3年ぶりに挙げた1勝であった。2013年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・NSR500

    ホンダ・NSR500から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    1999年のドゥーハン引退に伴い、一時期開発の方向性を失い低迷しかけるが、2001年に大幅な設計変更を受け、イタリアの新鋭バレンティーノ・ロッシがシーズン11勝を挙げチャンピオンを獲得し、再び圧倒的な速さと輝きを取り戻す。2002年、加藤大治郎により最後の活躍を果たし、次世代のニューマシン・4ストローク990ccV型5気筒エンジン搭載のホンダ・RC211Vへと主力の座を明け渡した。ホンダ・NSR500 フレッシュアイペディアより)

  • ドゥカティ・デスモセディチ

    ドゥカティ・デスモセディチから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    2011年はストーナーの移籍によりバレンティーノ・ロッシを迎えてシーズンに挑んだが、来期からのレギュレーション変更を見据えてマシンを製作したため車体のセッティングが全く噛み合わず、フレームの素材を変更するなど試行錯誤を続けたが苦戦から抜け出せず、2004年以来のシーズン未勝利に終わった。ドゥカティ・デスモセディチ フレッシュアイペディアより)

  • マルク・マルケス

    マルク・マルケスから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    2009年をもってKTMがグランプリから撤退したため、スポンサーのレッドブルと共にアジョ・モータースポーツチームに移籍。サンドロ・コルテセをチームメイトに、新たにデルビのマシンを駆ってシーズンを戦うこととなった。マルケスは合同テストでトップタイムを出すなど開幕前から好調さを見せ、第4戦イタリアGPでグランプリ初優勝を遂げた。その後第8戦ドイツGPまで、のバレンティーノ・ロッシ以来となる5連勝を果たす快進撃を見せてチャンピオン争いをリード。第13戦アラゴンGPではランディ・クルメナッハの転倒に巻き込まれてリタイヤを喫し、ニコラス・テロルとポル・エスパルガロに逆転されて一時ランキング3位に落ちるが、第14戦日本GPから4連勝を遂げてポイントリーダーに返り咲き、最終戦バレンシアGPでチャンピオンに輝いた。この時点でのマルケスの年齢は17歳と263日、これはロリス・カピロッシ()に次ぐ史上2番目の若さでのタイトル獲得となった。マルク・マルケス フレッシュアイペディアより)

  • ヴァレンティーノ・ロッシ

    ヴァレンティーノ・ロッシから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    ヴァレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • モータースポーツ板

    モータースポーツ板から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    ろっしふみ - バレンティーノ・ロッシを参照モータースポーツ板 フレッシュアイペディアより)

261件中 11 - 20件表示