252件中 21 - 30件表示
  • 2005年のカタルーニャグランプリ

    2005年のカタルーニャグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではバレンティーノ・ロッシがセテ・ジベルナウとのマッチレースを制し、4連勝・シーズン5勝目を遂げた。チャンピオンシップでもロッシが2番手のマルコ・メランドリに対し58ポイントと大きなリードを築いた。2005年のカタルーニャグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のオランダグランプリ (ロードレース)

    2005年のオランダグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝ではポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシがランキング2位のマルコ・メランドリとのバトルを制し5連勝・シーズン6勝目を挙げた。この結果両者のポイント差は63に広がった。2005年のオランダグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2005年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスもウェットコンディションとなり、21台中10台が転倒リタイヤするサバイバルレースとなった。バレンティーノ・ロッシがケニー・ロバーツJr.、アレックス・バロスとのバトルを制してシーズン7勝目を挙げた。2位に入ったロバーツJr.はのブラジルGP以来の表彰台獲得となった。この結果ポイントランキングではロッシがランキング2位のマルコ・メランドリ(今回ノーポイント)との差を104ポイントにまで広げた。2005年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のドイツグランプリ (ロードレース)

    2005年のドイツグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは6周目にジョン・ホプキンスの転倒クラッシュにより赤旗中断、5周目終了時点の順位を元にスターティンググリッドを組み、25周の再レースがおこなわれた。セテ・ジベルナウが序盤からトップをキープしていたが、ファイナルラップの1コーナーでミス、バレンティーノ・ロッシが逆転でシーズン8勝目を飾った。この結果ロッシのグランプリ通算勝利数は76に到達、ジャコモ・アゴスチーニ(122勝)、アンヘル・ニエト(90勝)に次ぎ、マイク・ヘイルウッドに並ぶ歴代3位タイとなった。2005年のドイツグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のチェコグランプリ

    2005年のチェコグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではバレンティーノ・ロッシとセテ・ジベルナウのマッチレースとなった。決着はファイナルラップ、燃料噴射装置のトラブルによりガス欠症状に見舞われたジベルナウがリタイヤとなり、ロッシがシーズン8勝目を挙げることとなった。この結果ポイントランキングではロッシがマックス・ビアッジに対し132ポイント、マルコ・メランドリに135ポイント、コーリン・エドワーズに138ポイントの大差を築き、6戦を残して早くもチャンピオン獲得に王手をかけた。2005年のチェコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2005年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    今回バレンティーノ・ロッシのタイトル獲得が懸かっていたMotoGPクラスでは、ロリス・カピロッシがポール・トゥ・フィニッシュで2戦連続となる勝利を遂げた。ロッシは2位に入ってチャンプ確定、最高峰クラス5年連続制覇の偉業を達成した。125cc、250ccクラスも含めると7度目の世界タイトル獲得となったロッシはウィニングラップ中にマシンを止め、白雪姫と7人の小人たちの格好をしたファンクラブメンバーたちと喜びを分かち合った。2005年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)

    2005年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、既にチャンピオンを確定させているバレンティーノ・ロッシがニッキー・ヘイデンとのバトルを制し、シーズン11勝目を挙げた。年間ランキング2位争いでは、ヘイデンとマルコ・メランドリが170ポイントで並び、コーリン・エドワーズが162ポイント、マックス・ビアッジが159ポイントで追う展開となった。2005年のオーストラリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • ドゥカティ・コルセ

    ドゥカティ・コルセから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    シーズン、ストーナーはホンダワークスに移籍し、代わってバレンティーノ・ロッシがヘイデンのチームメイトを務めることとなった。ドゥカティ・コルセ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のトルコグランプリ (ロードレース)

    2005年のトルコグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、グレシーニ・ホンダのマルコ・メランドリがチャンピオンのバレンティーノ・ロッシを抑え、最高峰クラス初優勝を遂げた。これで年間ランキングではメランドリが195ポイントで単独2位に浮上、ニッキー・ヘイデンが186ポイントで追う状況となった。2005年のトルコグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の南アフリカグランプリ (ロードレース)

    2004年の南アフリカグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、ヤマハ移籍後初のレースとなるバレンティーノ・ロッシがマックス・ビアッジ(キャメル・ホンダ・ポンス)とのマッチレースを制し、ヤマハに2002年のマレーシアGP以来となる勝利をもたらした。ウィニングラップ中にコース脇にマシンを停めたロッシはヘルメット越しにYZR-M1にキスをし、この特別な勝利に対する喜びを表した。2004年の南アフリカグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

252件中 21 - 30件表示

「バレンティーノ・ロッシ」のニューストピックワード