261件中 21 - 30件表示
  • マルシン工業 (ヘルメットメーカー)

    マルシン工業 (ヘルメットメーカー)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    2010年3月から、ロッシが愛用するイタリア製ヘルメットAGVを日本に輸入・販売する総代理店となった。マルシン工業 (ヘルメットメーカー) フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ロバーツ・ジュニア

    ケニー・ロバーツ・ジュニアから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    250ccからチーム・ロバーツの時代は特別目立つ成績は挙げられなかったが、1999年スズキへ移籍するとマレーシアGP、日本GPと開幕2連勝。RGV-γと自分のライディングの相性の良さもあいまって4勝を挙げ、年間ランキングも2位と躍進しトップライダーの仲間入りをする。翌2000年は4勝、表彰台9回と安定した走りを見せ、リタイアの多いロッシ、ビアッジ、マッコイらを押さえ年間王者に輝く。親子2代の王者はGP史上初。ケニー・ロバーツ・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • イヴァン・ゴイ

    イヴァン・ゴイから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    、ロードレース世界選手権125ccクラスにデビュー。第7戦ダッチTTで初表彰台となる2位に入り、エステルライヒリンクで開催された第10戦オーストリアGPで初優勝を果たした。このときゴイの年齢は16歳と157日であり、これは当時の最年少優勝記録となった。同年にデビューしたバレンティーノ・ロッシ(第11戦チェコGPで初優勝)と共に、ゴイは将来が有望なイタリア人ライダーと評価された。この年のシリーズランキングでは、ロッシが111ポイントで9位、ゴイが110ポイントで10位と並んだ。イヴァン・ゴイ フレッシュアイペディアより)

  • 1986年のロードレース世界選手権

    1986年のロードレース世界選手権から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    250ccクラスではベネズエラのカルロス・ラバードがヤマハのマシンで安定した成績を残し、2回目のチャンピオンを獲得した。ガレリのチームメイトであるファウスト・グレシーニとルカ・カダローラはそれぞれ4勝ずつ挙げて125ccクラスタイトルを最後まで争ったが、結局カダローラがチャンピオンを獲得した。80ccクラスではスペインのホルヘ・マルチネスがステファン・ドルフリンガーの連続タイトルを4回で終わらせた。アンヘル・ニエトは23年目のシーズンを最後に引退を発表した。彼はイタリアGPでの125ccクラス、スペインGPでの80ccクラスでそれぞれ2位に入るなど、最後まで勝負強さを発揮した。彼のグランプリ90勝はジャコモ・アゴスチーニに次ぐ歴代2位の記録であった(1986年当時。2009年現在ではアゴスチーニ、バレンティーノ・ロッシに次ぐ歴代3位)。1986年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のロードレース世界選手権

    2005年のロードレース世界選手権から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではヤマハ2年目のバレンティーノ・ロッシが17戦中11勝、16戦で表彰台に立つ圧倒的な強さを見せ、2番手のマルコ・メランドリに147ポイントもの大差を築いてチャンピオンに輝いた。これによりロッシは、最高峰クラス(500cc時代も含む)5連覇の偉業を達成することとなった。2005年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のロードレース世界選手権

    2006年のロードレース世界選手権から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスのタイトル争いは希に見る接戦となった。シーズン終盤までレプソル・ホンダのニッキー・ヘイデンがチャンピオンシップをリードし、第11戦アメリカGP終了時点ではキャメル・ヤマハのバレンティーノ・ロッシに対し51ポイントもの大差を築いていた。しかしそこからロッシが猛烈な追い上げを見せ、第16戦ポルトガルGPではヘイデンがチームメイトのダニ・ペドロサの無理な追い抜きに巻き込まれシーズン初のリタイヤに終わった一方、ロッシはトニ・エリアスと激しいトップ争いを展開。1000分の2秒の僅差で敗れたものの2位を獲得したことで、このシーズン初めてのポイントリーダー(ヘイデンに5ポイント差)に立った。2006年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のロードレース世界選手権

    1985年のロードレース世界選手権から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    長年チャンピオンを独占してきたアンヘル・ニエトが80ccクラスに移ったことによりチャンピオン不在となった125ccクラスのタイトルは、彼のガレリでのチームメイトであったファウスト・グレシーニがしっかりと引継ぎ、このイタリアン・チームに4年連続のタイトルをもたらした。スイス人のステファン・ドルフリンガーは80ccクラスで連続4回目のタイトルを獲得した。アンヘル・ニエトはフランスGPの80ccクラスで彼のグランプリ最後の勝利となる通算90勝目を挙げたが、これはジャコモ・アゴスチーニに次ぐ歴代2位の記録であった(1985年当時。2009年現在ではアゴスチーニ、バレンティーノ・ロッシに次ぐ歴代3位)。1985年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • クリニカ・モバイル

    クリニカ・モバイルから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    1982年4月、イモラでおこなわれた200マイル耐久レースでクラッシュし、一時心肺停止状態に陥ったグラツィアーノ・ロッシの命を救う。この日母親に連れられてパドックを訪れていた息子のバレンティーノ(当時3歳)も十数年後グランプリにデビューし、何度もクリニカ・モバイルの世話になることになる。クリニカ・モバイル フレッシュアイペディアより)

  • AGV (ヘルメットメーカー)

    AGV (ヘルメットメーカー)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    AGV のヘルメットを着用した著名なライダーは多数存在するが、代表的なライダーとしてMotoGPチャンピオンのバレンティーノ・ロッシや、世界GPチャンピオンのジャコモ・アゴスチーニ、ケニー・ロバーツ、バリー・シーンなどが挙げられる。また、F1レーサーのニキ・ラウダやエマーソン・フィッティパルディ、ネルソン・ピケなども同社の製品を着用した。AGV (ヘルメットメーカー) フレッシュアイペディアより)

  • オランダグランプリ (ロードレース)

    オランダグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシ - 2009年のオランダGPでGP通算100勝を達成した。オランダグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

261件中 21 - 30件表示