252件中 31 - 40件表示
  • 2004年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2004年のスペイングランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、セテ・ジベルナウ(テレフォニカ・モビスター・ホンダ)がマックス・ビアッジとのバトルを制し、地元グランプリ初制覇を果たした。3位にはレプソル・ホンダのアレックス・バロスが入り、ホンダ勢が表彰台を独占した。バレンティーノ・ロッシは4位に終わり、2002年の第11戦ポルトガルGP以来続いていた連続表彰台獲得記録は23でストップすることとなった。2004年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のイタリアグランプリ (ロードレース)

    2004年のイタリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    レース序盤は、7番グリッドからスタートしたキャメル・ホンダ・プラマックの玉田誠が徐々に順位を上げ、6周目にトップに浮上した。しかし玉田は14周目にマシントラブルでリタイヤとなってしまう。またカワサキの中野真矢は13周目のストレートエンドでリアタイヤのトラブルから約300km/hでの高速クラッシュを喫したが、奇跡的にも大きな怪我は免れた。その後はバレンティーノ・ロッシとセテ・ジベルナウによるトップ争いが展開されていたが、雨が降り始めたために赤旗が掲示されてレース中断となった。2004年のイタリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のカタルーニャグランプリ

    2004年のカタルーニャグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、バレンティーノ・ロッシがセテ・ジベルナウとの一騎打ちを制して2連勝・シーズン3勝目を挙げた。3位にはフォルツナ・ヤマハ・テック3のマルコ・メランドリが入り、自身クラス初の表彰台に立った。ポイントランキングではジベルナウが何とかトップを維持、ロッシが5ポイント差に迫ることとなった。2004年のカタルーニャグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のブラジルグランプリ (ロードレース)

    2004年のブラジルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、玉田誠がマックス・ビアッジ、ニッキー・ヘイデンとのバトルを制して自身グランプリ初優勝、宇川徹以来史上2人目の日本人MotoGPウィナーとなった。ポイントランキングでは、バレンティーノ・ロッシとセテ・ジベルナウは今回転倒リタイヤに終わって両者の同点首位は変わらず、ビアッジが13ポイント差に迫ることとなった。2004年のブラジルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のドイツグランプリ (ロードレース)

    2004年のドイツグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、マックス・ビアッジがバレンティーノ・ロッシ、アレックス・バロスらとのバトルを制してシーズン初優勝を遂げた。この結果、今回4位に終わったポイントリーダーのロッシに対しビアッジが僅か1ポイント差の2位に迫ることとなった。ロッシと同ポイントで並んでいたセテ・ジベルナウは2戦連続の転倒リタイヤに終わり、13ポイント差の3位に転落した。2004年のドイツグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2004年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでも、ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシが独走でシーズン5勝目を挙げた。2位にはテレフォニカ・モビスター・ホンダのコーリン・エドワーズが入り、自身グランプリ初となる表彰台に立った。ポイントランキングでは、今回精彩を欠いて12位に終わったマックス・ビアッジは3位に転落、代わってセテ・ジベルナウ(今回3位)がロッシから22ポイント差の2位となった。2004年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のチェコグランプリ

    2004年のチェコグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、セテ・ジベルナウがバレンティーノ・ロッシ、マックス・ビアッジらとのバトルを制し、シーズン3勝目を挙げた。この結果ポイントランキングでは、トップのロッシと2位ジベルナウとの差は17ポイント、3位ビアッジとの差は26ポイントとなった。2004年のチェコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2004年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス予選では、玉田誠が自身初のポールポジションを獲得した。決勝ではバレンティーノ・ロッシが独走でシーズン6勝目を挙げ、玉田はロッシから5秒差の2位となった。これでポイントランキングでは、トップのロッシが2位ジベルナウに29ポイントに差を広げた。ランキング3位のマックス・ビアッジはロリス・カピロッシと接触・リタイヤに終わり、ロッシから51ポイント差となりチャンプ争いから脱落した。2004年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のカタールグランプリ

    2004年のカタールグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、予選8番手のバレンティーノ・ロッシのチームスタッフが、決勝前夜にロッシのスタート位置でスクーターをスピンさせて路面のグリップを上げた行為を咎められ、予選タイムに6秒のペナルティを課せられて最後列からのスタートとなってしまった。ロッシ側の行為を主催者にクレームとして伝えたのは、タイトルを争うライバルのセテ・ジベルナウが所属するグレシーニ・レーシングであり、この事件をきっかけにロッシとジベルナウの間に確執が生まれることとなった。また予選12番手のマックス・ビアッジも同様の行為でペナルティを受けている。2004年のカタールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の南アフリカグランプリ (ロードレース)

    2003年の南アフリカグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスの決勝前、前戦日本GPでの事故により4月20日に息を引き取った加藤大治郎を悼み、全ライダー・チームスタッフらが1分間の黙祷を捧げた。レース序盤はMotoGP2戦目のトロイ・ベイリス(ドゥカティ)がレースをリードしていたが、ポールポジションからスタートした大治郎のチームメイト、セテ・ジベルナウが15周目にトップを奪還する。その後ジベルナウはバレンティーノ・ロッシの猛烈な追撃を抑えきり、シーズン初優勝・最高峰クラス自身2勝目を遂げた。表彰台の中央でジベルナウは胸に貼った「74(大治郎のゼッケン)」のワッペンに手を当て天を仰ぎ、勝利を大治郎に捧げた。2003年の南アフリカグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

252件中 31 - 40件表示

「バレンティーノ・ロッシ」のニューストピックワード