261件中 31 - 40件表示
  • 1999年のロードレース世界選手権

    1999年のロードレース世界選手権から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    アプリリアのバレンティーノ・ロッシは劇的なレースを続けながら9勝を挙げ、125ccクラスに続いて250ccクラスのタイトルも手に入れた。125ccクラスのエミリオ・アルサモラは、それぞれ5勝ずつを挙げたマルコ・メランドリと東雅雄を抑え、同クラス史上初めて「シーズン1勝も挙げなかったチャンピオン」となった。1999年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のロードレース世界選手権

    1998年のロードレース世界選手権から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    その一方で250ccクラスのタイトル争いは波乱の幕切れとなった。アプリリアのチームメイトである原田哲也、ロリス・カピロッシ、そしてバレンティーノ・ロッシの3人にタイトルのチャンスがあるという大接戦で迎えた最終戦アルゼンチンGPのファイナルラップ、トップで最終コーナーに入った原田にカピロッシのマシンが激突し、両者ともコースアウトしてしまう。このアクシデントによりレースはロッシが優勝し、コースに復帰して2位に入ったカピロッシがタイトルを獲得した。その後、カピロッシのこの行為はアプリリアの怒りを買い、チャンピオンにもかかわらず契約を解除されてチームを放出されてしまった。1998年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • カルロ・ウビアリ

    カルロ・ウビアリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    125ccと250ccのダブルタイトルを獲得したシーズン終了後、ウビアリはまだ30歳の若さで引退した。彼の9回の世界チャンピオンという記録は、マイク・ヘイルウッド、バレンティーノ・ロッシの2人と並んでアゴスチーニの15回とアンヘル・ニエトの13回に次ぐ歴代3位の記録である(2014年現在)。カルロ・ウビアリ フレッシュアイペディアより)

  • 東雅雄

    東雅雄から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    前年の最終戦における東の勝利によって、ホンダのグランプリ通算勝利数は497となっており、の開幕戦日本GPでホンダが全クラスで勝利を挙げれば500勝を達成できる計算だった。そんな状況の下、125ccクラスの決勝では同じホンダの上田昇がレースをリードしていたが15周目に転倒、トップグループでホンダを駆るのは東ひとりとなってしまった。3番手でファイナルラップに突入した東はスプーンカーブでアプリリアのルーチョ・チェッキネロを、130R手前のバックストレートでデルビの宇井陽一をオーバーテイク、そのまま抑えきってホンダに498勝目をもたらした。そして続く250ccクラス決勝ではNSR250を駆る加藤大治郎が制し、500ccクラスではNSR500のバレンティーノ・ロッシが勝利を収めて500勝を達成。東はホンダの地元での500勝達成に貢献することとなった。東雅雄 フレッシュアイペディアより)

  • レプソル・ホンダ

    レプソル・ホンダから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    はクリビーレ、岡田、ジベルナウが残留し、NSR500の3台体制を継続することになった。この年チームは大苦戦し、エースのクリビーレはわずか1勝でシリーズ9位に終わる。岡田はシリーズ11位、ジベルナウは15位に沈んだ。一方、1983年よりチームに在籍し続けたチーフエンジニアのジェレミー・バージェスは、バレンティーノ・ロッシの500ccクラスデビューのために作られた新チーム “ナストロ・アズーロ・ホンダ”に移籍し、ロッシのデビューイヤー・シリーズ2位獲得に貢献した。レプソル・ホンダ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・RC211V

    ホンダ・RC211Vから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    随所に最新のメカニズムを搭載したこの車両は、投入直後から圧倒的な強さを見せつけている。デビューイヤーの2002年、翌年の2003年、バレンティーノ・ロッシにより勝者となった。その後2年間はヤマハへ移籍したロッシが駆るYZR-M1の後塵を拝するが、2006年にはニッキー・ヘイデンの手によりチャンピオンを奪還した。ホンダ・RC211V フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・VTR1000 SP-1/2

    ホンダ・VTR1000 SP-1/2から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    2001年 バレンティーノ・ロッシ/コーリン・エドワーズ(チーム・キャビン・ホンダ)ホンダ・VTR1000 SP-1/2 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2007年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではバレンティーノ・ロッシがダニ・ペドロサとのバトルを0.175秒の僅差で制し、シーズン4勝目を挙げた。ポイントリーダーのケーシー・ストーナーは今回ロッシとのポイント差を広げられればタイトル獲得の可能性もあったが、3位に終わったため決着は次戦日本GPに持ち越された。またプラマック・ダンティーンのアレックス・ホフマンは、レース中にモチベーションを失ってピットイン・リタイヤしたことを理由にチームを解雇された。2007年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のバレンシアグランプリ

    2007年のバレンシアグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、年間ランキング2位を巡っての争いが展開された。バレンティーノ・ロッシがランキング3位のダニ・ペドロサに対し24ポイントの大差を築いており、1ポイントでも獲得すればいい有利な位置にいた。しかしロッシは予選で転倒し右手を骨折、決勝には痛みに耐えて出場し下位ながらポイント圏内を走行していたが、19周目にエンジントラブルが発生しリタイヤとなった。一方ペドロサはポールポジションを獲得し、決勝でも新王者のケーシー・ストーナーを抑えてシーズン2勝目を挙げた。これでペドロサがロッシを逆転し、1ポイント差でシリーズランキング2位の座を勝ち取った。2007年のバレンシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥカティ・コルセ

    ドゥカティ・コルセから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    シーズン、ストーナーはホンダワークスに移籍し、代わってバレンティーノ・ロッシがヘイデンのチームメイトを務めることとなった。ドゥカティ・コルセ フレッシュアイペディアより)

261件中 31 - 40件表示