252件中 41 - 50件表示
  • 2003年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2003年のスペイングランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、バレンティーノ・ロッシが独走でシーズン2勝目を挙げた。2位はマックス・ビアッジ、3位にはドゥカティのトロイ・ベイリスが入り、MotoGP3戦目にして初表彰台を獲得した。前戦の勝者セテ・ジベルナウは6周目に転倒リタイヤに終わった。ポイントランキングではロッシがトップを維持、2位のビアッジは14ポイント差となった。2003年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のイタリアグランプリ (ロードレース)

    2003年のイタリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝では、バレンティーノ・ロッシ、ロリス・カピロッシ、マックス・ビアッジの地元イタリア人ライダー3名によるトップ争いが展開された。終盤はカピロッシとビアッジによる激しい2位争いを尻目にロッシがリードを広げ、シーズン3勝目を挙げた。ポイントランキングでは、トップのロッシが2位ビアッジに32ポイント、3位セテ・ジベルナウに43ポイントとアドバンテージを広げた。2003年のイタリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のカタルーニャグランプリ

    2003年のカタルーニャグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝では、序盤からバレンティーノ・ロッシとロリス・カピロッシによるトップ争いが展開されていた。ロッシが17周目にコースアウトを喫し6位に沈んだあとはカピロッシが後続を抑えきり、MotoGP参戦6戦目のドゥカティにクラス初優勝、に125ccクラスでアルベルト・ガンドッシが2勝、ブルーノ・スパッジャーリが1勝を挙げて以来、実に45年ぶりとなるグランプリ4勝目をもたらした。ロッシは驚異的なリカバリを見せて最終的には2位でフィニッシュを果たした。ポイントランキングではトップのロッシがリードを広げ、2番手のセテ・ジベルナウに47ポイント、3番手のマックス・ビアッジに50ポイント差とした。2003年のカタルーニャグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2003年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、バレンティーノ・ロッシがマックス・ビアッジとのバトルを制してトップでチェッカーを受けた。ところがレース後、ロッシはスタート直後の宇川徹のクラッシュにより黄旗が振られていた区間で追い抜きをおこなっていたことが判明。10秒のタイムペナルティが課せられ、最終的なリザルトはビアッジがシーズン初優勝、セテ・ジベルナウが2位、ロッシは3位に終わった。ポイントランキングではロッシがトップを維持、ジベルナウとの差は34ポイント、ビアッジとは37ポイントとなった。2003年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2003年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシが独走で2連勝、シーズン5勝目を挙げた。ポイントランキング2位のセテ・ジベルナウは4位に終わり、ロッシとの差は46ポイントに広がった。2003年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のドイツグランプリ (ロードレース)

    2003年のドイツグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、バレンティーノ・ロッシをファイナルラップの最終コーナーでオーバーテイクしたセテ・ジベルナウがシーズン4勝目を挙げた。この結果ポイントランキングではロッシがトップの座を維持、ジベルナウが29ポイントに差を詰めた。ランキング3位のマックス・ビアッジはシーズン初の転倒リタイヤを喫し、ロッシから57ポイント差となりタイトル争いから大きく後退した。2003年のドイツグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のブラジルグランプリ (ロードレース)

    2003年のブラジルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシが独走で3連勝・シーズン6勝目を挙げた。今回2位となったセテ・ジベルナウとのポイント差は51ポイントまで広がり、ロッシが連覇に大きく近づいた。3位にはルーキーの玉田誠が入り、グランプリ初の表彰台に立った。2003年のブラジルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2003年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシのタイトル獲得を阻止しようとランキング2位のセテ・ジベルナウがレース序盤をリードするが、8周目にトップに立ったロッシがその後のレースを支配。シーズン7勝目を挙げて、最高峰クラス3年連続となるチャンピオンに輝いた。2003年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)

    2003年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝はドライコンディションとなった。前戦でチャンピオンを決めたバレンティーノ・ロッシは5周目にトップに立ったが、11周目に黄旗無視による10秒のタイムペナルティを課せられてしまう。これをピットボードで知ったロッシは猛烈なスパートを見せ、見た目上2番手のロリス・カピロッシを突き放しに掛かった。最後はペナルティ分を帳消しにして、さらに5秒のリードを築いてシーズン8勝目を挙げた。ウィニングランでロッシはゼッケン「7」の旗を掲げ、この年の3月に癌で亡くなったオーストラリア在住の元チャンピオンライダー、バリー・シーンにこの勝利を捧げた。2003年のオーストラリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2004年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝ではポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシが独走でシーズン7勝目を挙げた。ランキング2位のセテ・ジベルナウは調子が上がらず7位に終わり、両者のポイント差は30ポイントに拡大。ロッシがタイトル連覇に王手を掛けることとなった。2004年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

252件中 41 - 50件表示

「バレンティーノ・ロッシ」のニューストピックワード