261件中 41 - 50件表示
  • 2011年のカタールグランプリ

    2011年のカタールグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    土曜日の予選では、このシーズンよりレプソル・ホンダチームに移籍したケーシー・ストーナーが開幕前テストでの好調を維持し、ポールポジションを獲得した。チームメイトのダニ・ペドロサ、ディフェンディングチャンピオンのホルヘ・ロレンソ(ヤマハファクトリー)がフロントロウに並んだ。ドゥカティに移籍したバレンティーノ・ロッシはグリッド3列目9番手からのスタートとなった。2011年のカタールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2011年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    3番手には終始単独走行となったケーシー・ストーナー、4番手にはフィニッシュライン直前でバレンティーノ・ロッシを差したアンドレア・ドヴィツィオーゾが続いた。青山博一はカル・クラッチローとのバトルを制し、サテライト勢2番手となる7位でフィニッシュを果たした。2011年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のカタールグランプリ

    2010年のカタールグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、今回ベテランのロリス・カピロッシがグランプリ参戦通算300戦目を迎えた。予選では開幕前テストでの好調を維持したドゥカティ・マルボロのケーシー・ストーナーがポールポジションを獲得、続いてフィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソが2番手・3番手となった。4番手にはホンダ勢最上位となるLCRのランディ・ド・プニエが入った。このレースがMotoGPデビュー戦となるインターウェッテン・ホンダの青山博一は、ルーキーの中では最上位となる10番手からのスタートとなった。2010年のカタールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のチェコグランプリ

    2010年のチェコグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    レース終了後、バレンティーノ・ロッシが7年間在籍したヤマハ・チームをシーズン終了をもって去り、シーズンからはドゥカティ・ワークスに移籍するという大きな発表があった。2010年のチェコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のインディアナポリスグランプリ

    2010年のインディアナポリスグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは金曜日に、テック3・ヤマハのベン・スピーズが2011年シーズンよりバレンティーノ・ロッシの後釜としてヤマハ・ファクトリーチームに移籍することが発表された。そして土曜日の予選ではそのスピーズが自身初のポールポジションを獲得した。サテライトチーム勢のポール獲得は2008年の中国GPでのコーリン・エドワーズ以来の出来事となった。2010年のインディアナポリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本グランプリ (ロードレース)

    2010年の日本グランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    土曜日の予選ではそのペドロサのチームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾが、自身クラス初となるポールポジションを獲得した。日曜の決勝レースでは前戦に引き続いてドゥカティ・マルボロのケーシー・ストーナーが速さを見せ、独走で2連勝・シーズン2勝目を遂げた。2位にはドヴィツィオーゾ、3位にはファイナルラップまで続いたチームメイトのホルヘ・ロレンソとの激しいバトルを制した、フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシが入った。初の地元MotoGPレースとなった青山博一は、ここまでの自己ベストタイとなる10位で完走を果たした。2010年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2010年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    日曜日の決勝レースはロレンソ、バレンティーノ・ロッシ、アンドレア・ドヴィツィオーゾの3台によるトップ争いが展開された。序盤はロレンソが先頭をキープしていたが、9周目にはドヴィツィオーゾがトップに立つ。ロッシはスタートに失敗し9番手で1周目を終えたがそこから追い上げを見せ、10周目には2位ロレンソをオーバーテイク、次の周にはドヴィツィオーゾを抜いてトップに立ち、開幕戦カタールGP以来となるシーズン2勝目を挙げた。これはロッシにとって、ヤマハ・チームでの46勝目となった。2010年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2010年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    レースはフィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソとバレンティーノ・ロッシの二人が他を大きく離し、マッチレースが展開された。4周目にロレンソからトップを奪ったロッシが徐々に差を広げ、一時は2秒近い差を築いていたが、17周目にはロレンソが再逆転。そのまま逃げ切ってシーズン8勝目を果たした。3位にはクラス初表彰台獲得を狙っていたマルコ・シモンチェリとのバトルを僅差で制したアンドレア・ドヴィツィオーゾが入った。また今回より、カルロス・チェカがミカ・カリオの後任としてプラマック・レーシングからMotoGP復帰を果たしたが、ウェットセッション続きでドライコンディション時のライディングポジションが決められなかったことから右腕にひどい痛みを抱えることとなり、レース半ばにしてピットイン・棄権となった。2010年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・シモンチェリ

    マルコ・シモンチェリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    ところが転倒したシモンチェリは、マシンのコントロールを失っていたものの体勢を立て直そうとしたのか、左足がステップから離れながらも右半身を路面に擦り付けながら右旋回し、コース中央に戻ってくる。ヘイデンの後続にいたコーリン・エドワーズとバレンティーノ・ロッシの2人は、コース中央に急角度で戻ってきたシモンチェリを避けようとするものの、すでに回避不可能な位置と速度であった。エドワーズはシモンチェリの身体とマシンに激突し、その後ろにいたロッシもシモンチェリの頭部に衝突してしまい、共に右外側へコースアウトする。衝突されたシモンチェリは衝撃でマシンの前に弾き出され、ヘルメットが外れた状態でコース上に横たわった。なお、エドワーズは接触の衝撃で転倒して左上腕部骨折と肩の脱臼の怪我を負ったが、ロッシは転倒を免れてコースに復帰することができた。マルコ・シモンチェリ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のロードレース世界選手権

    2000年のロードレース世界選手権から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    ケニー・ロバーツ・ジュニアがランキング2位に終わった前年の屈辱を晴らし、2戦を残した第14戦ブラジルGPで早々にチャンピオンを決めた。また、この年はバレンティーノ・ロッシの最高峰クラスデビューも注目を集めた。ロッシは開幕戦から2戦立て続けにクラッシュし、バレンシアでもシーズン3度目の転倒を喫したが、それでも2勝を含む8度の表彰台を獲得し、終わってみればルーキーイヤーにランキング2位と非凡さを見せ付けた。2000年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

261件中 41 - 50件表示