252件中 51 - 60件表示
  • 2004年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)

    2004年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではバレンティーノ・ロッシが今回タイトルを獲得するには、ランキング2位のセテ・ジベルナウに5ポイント以上差を詰められないことが条件となっていた。決勝レースでは、僅かな逆転の可能性に賭けてポールポジションからスタートしたジベルナウとロッシの熾烈なバトルが展開された。最後は僅か0.097秒差でロッシが抑えきり、シーズン8勝目でチャンピオンを確定させた。これはロッシ自身にとって、ホンダでの3連覇に続いて4年連続となる最高峰クラスタイトル獲得となった。異なるメーカーで連覇を遂げたのは、のエディ・ローソン(ヤマハ→ホンダ)以来の快挙となった。またヤマハにとっては、のウェイン・レイニー以来のライダーズタイトルとなった。2004年のオーストラリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ドゥーハン

    マイケル・ドゥーハンから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    しかし、タイトル6連覇のかかる1999年シーズンの第3戦スペインGP(ヘレス)の予選走行中に高速の左コーナーで激しく転倒し、右鎖骨、左手首、右膝を骨折する大怪我を負い、このレースを最後に引退を表明した。引退後はホンダ・レーシングのGPアドバイザーなどを務め、バレンティーノ・ロッシ、加藤大治郎らをサポートした。マイケル・ドゥーハン フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の南アフリカグランプリ (ロードレース)

    2002年の南アフリカグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    初のドライコンディションでの決勝となったMotoGPクラスでは、レプソル・ホンダの宇川徹がチームメイトのバレンティーノ・ロッシとの激しいバトルを制し、自身初の最高峰クラス優勝、日本人初のMotoGPウィナーに輝いた。3位には2ストロークのホンダ・NSR500を駆るロリス・カピロッシが入った。2002年の南アフリカグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2002年のスペイングランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝ではバレンティーノ・ロッシが序盤出遅れたものの、その後巻き返しを見せてシーズン2勝目を挙げた。続いて前年の250ccクラスチャンピオン、フォルツナ・ホンダチームでNSR500を駆るルーキーの加藤大治郎が2位表彰台に立つ活躍を見せた。3位にはアレックス・バロスとのバトルを制した宇川徹が続いた。2002年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のイタリアグランプリ (ロードレース)

    2002年のイタリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではバレンティーノ・ロッシがマックス・ビアッジとのバトルを制し3連勝、自身にとって最高峰クラスでの地元グランプリ初制覇となるシーズン4勝目を挙げた。これでポイントラインキングトップのロッシと2位宇川徹との差は43ポイントに広がった。2002年のイタリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のカタルーニャグランプリ

    2002年のカタルーニャグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、レース序盤をリードしていた地元カルロス・チェカをレプソル・ホンダの2人がかわし、バレンティーノ・ロッシが4連勝・シーズン5勝目、宇川徹が5戦連続表彰台となる2位に入った。ポイントランキングでは、1位ロッシと2位宇川との差は48ポイントとなった。2002年のカタルーニャグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のドイツグランプリ (ロードレース)

    2002年のドイツグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝では、トップを争っていたオリビエ・ジャックとアレックス・バロスがレース残り3周となったときに接触・両者リタイヤとなり、その直後につけていたバレンティーノ・ロッシが破竹の7連勝・シーズン8勝目を挙げることとなった。これでロッシと宇川徹のポイント差は96にまで広がった。2002年のドイツグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のチェコグランプリ

    2002年のチェコグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、マールボロ・ヤマハのマックス・ビアッジが独走を遂げ、YZR-M1に初勝利をもたらした。2位には、今回から4ストロークマシンのホンダ・RC211Vを与えられた加藤大治郎が入った。バレンティーノ・ロッシはリヤタイヤのトラブルからピットイン、このシーズン初のリタイヤに終わった。しかしポイントランキングでは、ロッシと2番手の宇川徹との間には依然80ポイントの大差が残った。2002年のチェコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2002年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、序盤からテレフォニカ・モビスター・スズキのセテ・ジベルナウが後続を引き離してレースをリードしていたが、残り3周時点で転倒リタイヤ。2番手につけていたバレンティーノ・ロッシがシーズン9勝目を挙げることとなった。ロッシはポイントランキング2位の宇川徹との差を再び広げて89ポイントとした。2002年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のブラジルグランプリ (ロードレース)

    2002年のブラジルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝でもウェットレースが宣言された。序盤はケニー・ロバーツJr.、マックス・ビアッジ、バレンティーノ・ロッシの3台がトップ集団を形成していた。やがて、スタートに失敗して最後尾に落ちていたカルロス・チェカが猛烈な追い上げを見せて17周目にはトップに立ったが、その直後に転倒リタイヤとなった。その後はロッシがビアッジを抑えきり、2連勝・シーズン10勝目を挙げた。ポイントランキング2位だった宇川徹が序盤に転倒リタイヤとなっていたため、ロッシが100ポイントを超えるリードを築くこととなり、4戦を残して最高峰クラス2連覇、新MotoGPクラス初代チャンピオンの栄誉に輝いた。またビアッジが宇川を逆転し、ランキング2位に浮上した。2002年のブラジルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

252件中 51 - 60件表示

「バレンティーノ・ロッシ」のニューストピックワード