261件中 51 - 60件表示
  • 2009年のインディアナポリスグランプリ

    2009年のインディアナポリスグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではキャプテン・アメリカを模したスペシャルヘルメット・スーツに身を包んだホルヘ・ロレンソが独走でシーズン3勝目を遂げた。ランキングトップのバレンティーノ・ロッシは転倒リタイアを喫し、2人のポイント差は50ポイントから25ポイントに一気に詰まった。2位にはアレックス・デ・アンジェリスが入り、自身クラス初の表彰台を獲得した。2009年のインディアナポリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のチェコグランプリ

    2009年のチェコグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、ポールポジションからスタートしたバレンティーノ・ロッシがシーズン5勝目を挙げた。これでロッシのGP通算表彰台獲得回数は160となり、ジャコモ・アゴスチーニを抜いて単独史上最多記録を樹立した。2戦連続の転倒リタイヤに終わったホルヘ・ロレンソに対し、ランキングトップのロッシは50ポイントのマージンを築き、チャンピオン獲得に大きく近づいた。2009年のチェコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2009年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは今回フィアット・ヤマハチームはプント・エボカラーのスペシャルデザインのマシンで出場し、宇宙飛行士をイメージしたスーツ・ヘルメットを身につけたホルヘ・ロレンソがシーズン4勝目を挙げた。続いて3戦の療養欠場から復帰したケーシー・ストーナーが2位に入る活躍を見せた。不明だった体調不良の原因は、乳糖不耐症と判明していた。3位にはダニ・ペドロサ、ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシは4位に終わり、ロッシとロレンソのポイント差は30から18に詰まった。2009年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2009年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    250cc決勝終了後にセパンはスコールに見舞われ、MotoGPクラス決勝は36分遅れでウェットコンディションでのスタートとなった。療養欠場から復帰後、絶好調を維持しているケーシー・ストーナーが2連勝でシーズン4勝目を挙げた。ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシは3位に入り、ランキング2位のホルヘ・ロレンソとのポイント差を41に広げたことから、自身通算9度目のワールドチャンピオンを確定させた。2009年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のイタリアグランプリ (ロードレース)

    2008年のイタリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、ホームグランプリのバレンティーノ・ロッシが例年どおりスペシャルデザインのヘルメットで登場。今回はロッシ自身のビックリしたような顔が頭頂部にペイントされている奇抜なデザインだった。決勝ではそのロッシがレースを支配して3連勝、7年連続でムジェロでの勝利を挙げた。一方チームメイトのホルヘ・ロレンソはMotoGPクラスデビュー以来初となる転倒リタイヤを喫した。またこのレースにはホンダ・RC212Vの新型ニューマチックバルブエンジンの実戦での検証のため、テストライダーを務める41歳の岡田忠之がワイルドカード枠で出場。決勝は14位で完走を果たした。2008年のイタリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のカタルーニャグランプリ

    2008年のカタルーニャグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは金曜日のフリー走行でホルヘ・ロレンソが転倒時に頭部を強打。ドクターストップがかかって予選・決勝を欠場することになった。決勝では地元カタルーニャ州出身のダニ・ペドロサが独走し、シーズン2勝目を挙げた。バレンティーノ・ロッシはケーシー・ストーナーとのバトルを制して2位でフィニッシュし、ポイントリーダーのロッシとランキング2位のペドロサのポイント差は7に詰まった。2008年のカタルーニャグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2008年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、ポールポジションから飛び出したケーシー・ストーナーが独走し、開幕戦以来となるシーズン2勝目を挙げた。ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシは2位に入り、3位となったダニ・ペドロサとのポイント差を広げた。またこのレースでは、前戦負傷したリズラ・スズキチームのロリス・カピロッシの代役としてAMAスーパーバイクチャンピオンのベン・スピーズがデビューし、決勝は14位で完走を果たした。2008年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のインディアナポリスグランプリ

    2008年のインディアナポリスグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    その後天候が少し回復し、15時には予定どおりMotoGPクラスの決勝がスタートとなった。小雨だがヘビーウェットの路面状況の中、これまで苦戦が続いていたニッキー・ヘイデンがレースをリードしていたが、14周目にはポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシがトップに立った。その後風雨が強くなったため、21周目に赤旗が掲示、20周目の順位をもってレース成立となり、ロッシが4連勝・シーズン7勝目を挙げ、2位ヘイデン、3位ホルヘ・ロレンソと続いた。ランキング2位のケーシー・ストーナーは4位に終わり、ロッシとのポイント差は87に広がった。グランプリ3回目のスポット参戦となったベン・スピーズは6位に入賞、このレースからタイヤをブリヂストンに変更したダニ・ペドロサは8位に終わった。2008年のインディアナポリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2008年のスペイングランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝では、ダニ・ペドロサが最高峰クラス3年目にして初のヘレス優勝を果たした。2番手に付けていたバレンティーノ・ロッシは周回数を勘違いしてファイナルラップにスローダウンしたが、すぐ間違いに気付いてなんとか2位をキープした。3位にはデビューから2連続表彰台となるホルヘ・ロレンソが入った。2008年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2008年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではホルヘ・ロレンソがデビュー3戦目にして初優勝を成し遂げた。2位にダニ・ペドロサ、3位にバレンティーノ・ロッシが入り、シリーズランキングも今回の表彰台の通りの並びとなった。2008年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

261件中 51 - 60件表示