261件中 61 - 70件表示
  • 2008年のフランスグランプリ (ロードレース)

    2008年のフランスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝はドライでのスタートとなった。バレンティーノ・ロッシがレースを支配し2連勝を果たした。。2位には前戦に負った怪我がまだ癒えていないホルヘ・ロレンソが、3位にはコーリン・エドワーズが入り、ヤマハ勢が表彰台を独占した。これでロッシはポイントリーダーとなり、またグランプリ通算90勝を果たし、最多勝記録でアンヘル・ニエトと並ぶ史上2位となった。2008年のフランスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のドイツグランプリ (ロードレース)

    2008年のドイツグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝もレインレースとなった。独走していたダニ・ペドロサが転倒後、ポールポジションからスタートしたケーシー・ストーナーがトップに立ちそのまま3連勝、シーズン4勝目を挙げた。続いてバレンティーノ・ロッシが2位でフィニッシュし、ポイントリーダーの座をペドロサから取り戻した。2008年のドイツグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本グランプリ (ロードレース)

    2008年の日本グランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは今回バレンティーノ・ロッシのタイトル獲得が懸かっていた(表彰台に立てば無条件でチャンプ決定)。4番グリッドからスタートしたロッシはホルヘ・ロレンソ、ダニ・ペドロサ、ケーシー・ストーナーを次々にかわしてトップに立ち、5連勝・シーズン8勝目で以来となるチャンピオン獲得を飾った。地元勢では中野真矢が8位でフィニッシュ、リズラ・スズキからワイルドカード参戦の秋吉耕佑は1周目に転倒リタイヤに終わった。2008年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2008年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、王者バレンティーノ・ロッシがダニ・ペドロサとのバトルを制してシーズン9勝目を挙げた。3位にはクラス初の表彰台となるアンドレア・ドヴィツィオーゾが入った。2008年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のバレンシアグランプリ

    2008年のバレンシアグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスは、年間ランキング2位を確定させているケーシー・ストーナーが独走でシーズン6勝目を挙げた。同じくランキング3位が確定済のダニ・ペドロサが2位、新王者のバレンティーノ・ロッシが3位に入った。このレースが最後のグランプリとなった中野真矢は7位で完走した。2008年のバレンシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2005年のスペイングランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではディフェンディング・チャンピオンのバレンティーノ・ロッシ(ゴロワーズ・ヤマハ)と前年度ランキング2位のセテ・ジベルナウ(テレフォニカ・モビスター・ホンダ)が序盤から激しいバトルを展開。ファイナルラップには最終コーナーで両者が接触しジベルナウがコースアウト、ロッシが5年連続で開幕戦を制することとなった。2005年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のイタリアグランプリ (ロードレース)

    2005年のイタリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではバレンティーノ・ロッシがマックス・ビアッジとのバトルを制し、4年連続のホームグランプリ制覇となるシーズン4勝目・3連勝を遂げた。3位にはロリス・カピロッシ、4位にマルコ・メランドリが続き、地元イタリア人ライダーがトップ4を独占した。ポイントランキングではロッシが2番手のメランドリに49ポイントの大差を築いた。、とロッシとチャンピオンを争ったセテ・ジベルナウは今回シーズン2度目の転倒リタイヤに終わり、ロッシに67ポイント差を付けられタイトル争いから脱落することとなった。2005年のイタリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のカタルーニャグランプリ

    2005年のカタルーニャグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではバレンティーノ・ロッシがセテ・ジベルナウとのマッチレースを制し、4連勝・シーズン5勝目を遂げた。チャンピオンシップでもロッシが2番手のマルコ・メランドリに対し58ポイントと大きなリードを築いた。2005年のカタルーニャグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2005年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスもウェットコンディションとなり、21台中10台が転倒リタイヤするサバイバルレースとなった。バレンティーノ・ロッシがケニー・ロバーツJr.、アレックス・バロスとのバトルを制してシーズン7勝目を挙げた。2位に入ったロバーツJr.はのブラジルGP以来の表彰台獲得となった。この結果ポイントランキングではロッシがランキング2位のマルコ・メランドリ(今回ノーポイント)との差を104ポイントにまで広げた。2005年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のチェコグランプリ

    2005年のチェコグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではバレンティーノ・ロッシとセテ・ジベルナウのマッチレースとなった。決着はファイナルラップ、燃料噴射装置のトラブルによりガス欠症状に見舞われたジベルナウがリタイヤとなり、ロッシがシーズン8勝目を挙げることとなった。この結果ポイントランキングではロッシがマックス・ビアッジに対し132ポイント、マルコ・メランドリに135ポイント、コーリン・エドワーズに138ポイントの大差を築き、6戦を残して早くもチャンピオン獲得に王手をかけた。2005年のチェコグランプリ フレッシュアイペディアより)

261件中 61 - 70件表示