252件中 61 - 70件表示
  • 2002年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)

    2002年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    日曜日の決勝レースでは4ストローク勢が強さを取り戻し、チャンピオンバレンティーノ・ロッシがアレックス・バロスとのバトルを制してシーズン11勝目、3位には宇川徹、4位には加藤大治郎が続いてRC211Vが上位を占めた。今回よりYZR-M1に乗り換えた阿部典史(アンテナ3・ヤマハ・ダンティーン)は土曜朝のフリー走行での転倒で怪我を負い、決勝は欠場となった。2002年のオーストラリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 吉川和多留

    吉川和多留から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    シーズンには、第4戦イタリアGPで脛骨開放骨折の重傷を負い長期欠場することになったバレンティーノ・ロッシの代役として、フィアット・ヤマハチームより第7戦カタルーニャGPに出場し15位となる。なお当初3戦の出場予定であったが、ロッシの回復が早まったため第7戦のみとなった。吉川和多留 フレッシュアイペディアより)

  • モータースポーツ板

    モータースポーツ板から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    ろっしふみ - バレンティーノ・ロッシを参照モータースポーツ板 フレッシュアイペディアより)

  • ロードレース世界選手権の歴史

    ロードレース世界選手権の歴史から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    ミック・ドゥーハン引退後に開発された型NSR500は、以前のようにHRCの技術者はダイナモメーター(動力計)が示す値に基づいてエンジンを設計し、より高出力なV4エンジンを開発した。2000年シーズン第1戦南アフリカGP(パキサ)では、ディフェンディング・チャンピオン アレックス・クリビーレには2000年型NSR500が与えられたが、型V4エンジンを搭載したNSR500を駆るロリス・カピロッシの方が予選タイムは早く、また決勝レースでもカピロッシは3位で表彰台に上がり、クリビーレは5位だった。第4戦スペインGP(ヘレス)ではHRCの契約ライダーであるクリビーレと岡田忠之、セテ・ジベルナウは1999年型NSR500か、あるいは1999年型の部品を組み込んだV4エンジンを搭載したマシンで走った。2000年シーズンのHRC契約ライダーの成績は、クリビーレがランキング9位、岡田が11位、ジベルナウが15位だった。ホンダのライダーで一番良い結果を出したライダーは2000年シーズンから500ccクラスに参戦した1999年シーズンの250ccクラス世界チャンピオン バレンティーノ・ロッシで、ランキング2位であった。ロードレース世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のアメリカグランプリ (ロードレース)

    2005年のアメリカグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    決勝レースでは、初のポールポジションからスタートしたレプソル・ホンダのニッキー・ヘイデンがトップのまま逃げ切り、初優勝を地元GPで遂げた。続いて2位にはコーリン・エドワーズ、3位にバレンティーノ・ロッシと、今回ヤマハ創立50周年記念のスペシャルデザインのマシンで出場した2人が続いた。ポイントランキング2位のマルコ・メランドリは転倒リタイヤに終わり、ロッシとの差は79ポイントに広がった。2005年のアメリカグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のアメリカグランプリ (ロードレース)

    2006年のアメリカグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    決勝レースではニッキー・ヘイデンが速さを見せ、地元GP2年連続優勝となるシーズン2勝目を遂げた。2位にチームメイトのダニ・ペドロサ、3位にマルコ・メランドリと続きホンダ勢が表彰台を独占した。バレンティーノ・ロッシはエンジントラブルでリタイヤに終わった。2006年のアメリカグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のチェコグランプリ

    2003年のチェコグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、バレンティーノ・ロッシ、セテ・ジベルナウ、トロイ・ベイリス、ロリス・カピロッシの4台が何度も順位を入れ替える激しいトップ争いが展開された。決着はファイナルラップ、ジベルナウがミスを犯した隙をついたロッシがトップを奪い、シーズン4勝目を挙げることとなった。この結果ポイントランキングでは、トップのロッシと2番手のジベルナウとの差は34に広がった。2003年のチェコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2010年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    レースはフィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソとバレンティーノ・ロッシの二人が他を大きく離し、マッチレースが展開された。4周目にロレンソからトップを奪ったロッシが徐々に差を広げ、一時は2秒近い差を築いていたが、17周目にはロレンソが再逆転。そのまま逃げ切ってシーズン8勝目を果たした。3位にはクラス初表彰台獲得を狙っていたマルコ・シモンチェリとのバトルを僅差で制したアンドレア・ドヴィツィオーゾが入った。また今回より、カルロス・チェカがミカ・カリオの後任としてプラマック・レーシングからMotoGP復帰を果たしたが、ウェットセッション続きでドライコンディション時のライディングポジションが決められなかったことから右腕にひどい痛みを抱えることとなり、レース半ばにしてピットイン・棄権となった。2010年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)

    2010年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    日曜日の決勝でもストーナーが圧倒的な速さを見せ、独走でシーズン3勝目・4年連続となる地元GP制覇を果たした。2位にはロレンソ、3位にはニッキー・ヘイデンとのバトルを制したバレンティーノ・ロッシが入った。これで年間ランキング2位争いでは、欠場が続くペドロサに対しストーナーが23ポイント、ロッシが31ポイント差に近づいた。2010年のオーストラリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2009年のスペイングランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスのレースではバレンティーノ・ロッシがこのシーズン初の勝利を挙げ、シリーズランキングのトップに立った。2位には地元のダニ・ペドロサ、3位にはケーシー・ストーナーと続いた。2009年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

252件中 61 - 70件表示

「バレンティーノ・ロッシ」のニューストピックワード