261件中 71 - 80件表示
  • 2005年のカタールグランプリ

    2005年のカタールグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、前戦にタイトル防衛を確定させたバレンティーノ・ロッシがマルコ・メランドリとのバトルを制し、シーズン10勝目を挙げた。ポイントランキング2位を巡る争いは、今回マシントラブルでリタイヤとなったマックス・ビアッジが159ポイントのまま、メランドリが157ポイント、コーリン・エドワーズが152ポイント、ニッキー・ヘイデンが150ポイント、ロリス・カピロッシが148ポイントと、接戦の度合いが強まる結果となった。2005年のカタールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2005年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    レースはスタートでトップに立ったセテ・ジベルナウがリードしていたが、雨が強くなった17周目に転倒してしまう。代わってトップに立った34歳のベテラン、アレックス・バロス(キャメル・ホンダ・ポンス)が逃げ切って、のマレーシアGP以来となる勝利を遂げた。2番手にはバレンティーノ・ロッシ、3番手にはこのシーズンレプソル・ホンダに移籍したマックス・ビアッジが続いた。2005年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のフランスグランプリ (ロードレース)

    2005年のフランスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではバレンティーノ・ロッシがセテ・ジベルナウとのバトルを制して2連勝・シーズン3勝目を挙げた。この結果ポイントリーダーのロッシは2番手のマルコ・メランドリに25ポイント差、3番手のジベルナウに42ポイント差を築いた。2005年のフランスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のドイツグランプリ (ロードレース)

    2005年のドイツグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは6周目にジョン・ホプキンスの転倒クラッシュにより赤旗中断、5周目終了時点の順位を元にスターティンググリッドを組み、25周の再レースがおこなわれた。セテ・ジベルナウが序盤からトップをキープしていたが、ファイナルラップの1コーナーでミス、バレンティーノ・ロッシが逆転でシーズン8勝目を飾った。この結果ロッシのグランプリ通算勝利数は76に到達、ジャコモ・アゴスチーニ(122勝)、アンヘル・ニエト(90勝)に次ぎ、マイク・ヘイルウッドに並ぶ歴代3位タイとなった。2005年のドイツグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本グランプリ (ロードレース)

    2005年の日本グランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではドゥカティのロリス・カピロッシがマックス・ビアッジとのバトルを制し、シーズン初優勝を遂げた。3位には地元玉田誠(コニカミノルタ・ホンダ)が入り、シーズン初となる表彰台に立った。バレンティーノ・ロッシは今回チャンプ獲得が懸かっていたが、13周目にマルコ・メランドリと絡んでシーズン初となるリタイヤを喫し、タイトル決定は次戦に持ち越しとなった。2005年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2005年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    今回バレンティーノ・ロッシのタイトル獲得が懸かっていたMotoGPクラスでは、ロリス・カピロッシがポール・トゥ・フィニッシュで2戦連続となる勝利を遂げた。ロッシは2位に入ってチャンプ確定、最高峰クラス5年連続制覇の偉業を達成した。125cc、250ccクラスも含めると7度目の世界タイトル獲得となったロッシはウィニングラップ中にマシンを止め、白雪姫と7人の小人たちの格好をしたファンクラブメンバーたちと喜びを分かち合った。2005年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2004年のスペイングランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、セテ・ジベルナウ(テレフォニカ・モビスター・ホンダ)がマックス・ビアッジとのバトルを制し、地元グランプリ初制覇を果たした。3位にはレプソル・ホンダのアレックス・バロスが入り、ホンダ勢が表彰台を独占した。バレンティーノ・ロッシは4位に終わり、2002年の第11戦ポルトガルGP以来続いていた連続表彰台獲得記録は23でストップすることとなった。2004年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のフランスグランプリ (ロードレース)

    2004年のフランスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、レース中盤にカルロス・チェカからトップを奪ったセテ・ジベルナウが逃げ切り、2連勝を遂げた。3位にはマックス・ビアッジ、バレンティーノ・ロッシは2戦連続の4位となった。2004年のフランスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のイタリアグランプリ (ロードレース)

    2004年のイタリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    レース序盤は、7番グリッドからスタートしたキャメル・ホンダ・プラマックの玉田誠が徐々に順位を上げ、6周目にトップに浮上した。しかし玉田は14周目にマシントラブルでリタイヤとなってしまう。またカワサキの中野真矢は13周目のストレートエンドでリアタイヤのトラブルから約300km/hでの高速クラッシュを喫したが、奇跡的にも大きな怪我は免れた。その後はバレンティーノ・ロッシとセテ・ジベルナウによるトップ争いが展開されていたが、雨が降り始めたために赤旗が掲示されてレース中断となった。2004年のイタリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のブラジルグランプリ (ロードレース)

    2004年のブラジルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、玉田誠がマックス・ビアッジ、ニッキー・ヘイデンとのバトルを制して自身グランプリ初優勝、宇川徹以来史上2人目の日本人MotoGPウィナーとなった。ポイントランキングでは、バレンティーノ・ロッシとセテ・ジベルナウは今回転倒リタイヤに終わって両者の同点首位は変わらず、ビアッジが13ポイント差に迫ることとなった。2004年のブラジルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

261件中 71 - 80件表示