252件中 71 - 80件表示
  • 2010年のインディアナポリスグランプリ

    2010年のインディアナポリスグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは金曜日に、テック3・ヤマハのベン・スピーズが2011年シーズンよりバレンティーノ・ロッシの後釜としてヤマハ・ファクトリーチームに移籍することが発表された。そして土曜日の予選ではそのスピーズが自身初のポールポジションを獲得した。サテライトチーム勢のポール獲得は2008年の中国GPでのコーリン・エドワーズ以来の出来事となった。2010年のインディアナポリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のチェコグランプリ

    2009年のチェコグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、ポールポジションからスタートしたバレンティーノ・ロッシがシーズン5勝目を挙げた。これでロッシのGP通算表彰台獲得回数は160となり、ジャコモ・アゴスチーニを抜いて単独史上最多記録を樹立した。2戦連続の転倒リタイヤに終わったホルヘ・ロレンソに対し、ランキングトップのロッシは50ポイントのマージンを築き、チャンピオン獲得に大きく近づいた。2009年のチェコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2008年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではホルヘ・ロレンソがデビュー3戦目にして初優勝を成し遂げた。2位にダニ・ペドロサ、3位にバレンティーノ・ロッシが入り、シリーズランキングも今回の表彰台の通りの並びとなった。2008年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のイタリアグランプリ (ロードレース)

    2008年のイタリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、ホームグランプリのバレンティーノ・ロッシが例年どおりスペシャルデザインのヘルメットで登場。今回はロッシ自身のビックリしたような顔が頭頂部にペイントされている奇抜なデザインだった。決勝ではそのロッシがレースを支配して3連勝、7年連続でムジェロでの勝利を挙げた。一方チームメイトのホルヘ・ロレンソはMotoGPクラスデビュー以来初となる転倒リタイヤを喫した。またこのレースにはホンダ・RC212Vの新型ニューマチックバルブエンジンの実戦での検証のため、テストライダーを務める41歳の岡田忠之がワイルドカード枠で出場。決勝は14位で完走を果たした。2008年のイタリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2008年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、ポールポジションから飛び出したケーシー・ストーナーが独走し、開幕戦以来となるシーズン2勝目を挙げた。ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシは2位に入り、3位となったダニ・ペドロサとのポイント差を広げた。またこのレースでは、前戦負傷したリズラ・スズキチームのロリス・カピロッシの代役としてAMAスーパーバイクチャンピオンのベン・スピーズがデビューし、決勝は14位で完走を果たした。2008年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のアメリカグランプリ (ロードレース)

    2010年のアメリカグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    日曜日の決勝レースは、4番グリッドからスタートしたダニ・ペドロサがトップに立ちレースをリードしていたが、12周目に転倒を喫してしまう。その後はロレンソが独走態勢を築き、シーズン6勝目を挙げた。2位にはストーナー、3位にはドヴィツィオーゾとのバトルを制したバレンティーノ・ロッシが入り、欠場明け2戦目にして表彰台に立った。2010年のアメリカグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2009年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスもウェットレースが宣言されたが、多くのライダーはスリックタイヤでスタートした。トップを走行中のホルヘ・ロレンソ、続いてバレンティーノ・ロッシが次々と転倒する中、レプソル・ホンダのアンドレア・ドヴィツィオーゾがクラス初優勝を遂げた。2009年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2008年のスペイングランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝では、ダニ・ペドロサが最高峰クラス3年目にして初のヘレス優勝を果たした。2番手に付けていたバレンティーノ・ロッシは周回数を勘違いしてファイナルラップにスローダウンしたが、すぐ間違いに気付いてなんとか2位をキープした。3位にはデビューから2連続表彰台となるホルヘ・ロレンソが入った。2008年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2010年のスペイングランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝では、ポールポジションからスタートしたレプソル・ホンダのダニ・ペドロサが2番手のバレンティーノ・ロッシ以下を引き離しリードを築いていたが、レース終盤にかけてペースを上げたホルヘ・ロレンソが22周目にチームメイトのロッシを抜き2位に浮上。ロレンソはその後ペドロサにも追いつき激しいトップ争いを展開、ファイナルラップにペドロサをオーバーテイクし、自身クラス初となる地元GP優勝を遂げた。これで今回のグランプリは、全てのクラスで地元スペイン人ライダーが勝者となった。2010年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2011年のスペイングランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    レース序盤はストーナーがトップを維持していたが、5番グリッドからスタートしたマルコ・シモンチェリが6周目にトップに浮上する。12番グリッドからのスタートになったバレンティーノ・ロッシもウェットでの速さを見せ、8周目には2位のストーナーのインを差してオーバーテイクを仕掛けるが転倒。ストーナーを巻き込んでリタイヤに追いやるが、ロッシ自身は最下位ながらレースに復帰した。このときコースマーシャルがロッシへの手助けを優先したことに、ストーナーは怒りをあらわにした。2011年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

252件中 71 - 80件表示

「バレンティーノ・ロッシ」のニューストピックワード