252件中 81 - 90件表示
  • 2008年のサンマリノグランプリ (ロードレース)

    2008年のサンマリノグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝は、7戦連続のポールポジションからレースをリードしていたケーシー・ストーナーが前戦に続いてまたも転倒リタイヤに終わり、代わってトップに立ったバレンティーノ・ロッシが3連勝・シーズン6勝目を挙げた。これによりロッシとストーナーのポイント差は75に広がった。2008年のサンマリノグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • オランダグランプリ (ロードレース)

    オランダグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシ - 2009年のオランダGPでGP通算100勝を達成した。オランダグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のイタリアグランプリ (ロードレース)

    2009年のイタリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、金曜日のフリープラクティス1回目のセッションで、ダニ・ペドロサが最高速349.3km/hを出し、990cc時代のに玉田誠が記録した343.7km/hを上回り、グランプリマシン史上最高速を記録した。またこのセッションではバレンティーノ・ロッシとミカ・カリオも玉田の記録を上回っている。2009年のイタリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のカタルーニャグランプリ

    2009年のカタルーニャグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスはフィアット・ヤマハの二人、バレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソのマッチレースとなった。結果はファイナルラップの最終コーナーでロレンソをオーバーテイクしたロッシが0.095秒差でシーズン2勝目を挙げた。3位にはアンドレア・ドヴィツィオーゾとのバトルを制したケーシー・ストーナーが入った。この表彰台に立った3人が、ポイントランキングでは同じ106ポイントで並ぶこととなった。2009年のカタルーニャグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のアメリカグランプリ (ロードレース)

    2009年のアメリカグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    例年どおり、カリフォルニア州の大気汚染防止法で2ストロークエンジンの使用が禁止されているため、MotoGPクラスのみの開催となった。決勝では予選4番手のダニ・ペドロサがホールショットを奪うとそのままレースをリード。終盤にはバレンティーノ・ロッシが迫るものの抑えきってシーズン初勝利を遂げた。3位にはホルヘ・ロレンソ、4位には2戦ほど前から悩まされている原因不明の体調不良に苦しみ、満足なレースができなかったケーシー・ストーナーが入った。2009年のアメリカグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のドイツグランプリ (ロードレース)

    2009年のドイツグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではケーシー・ストーナー、ホルヘ・ロレンソ、ダニ・ペドロサとのタフなバトルを制したバレンティーノ・ロッシがシーズン4勝目を挙げた。この勝利でロッシのGP通算表彰台獲得数は159回となり、ジャコモ・アゴスチーニの持つ史上最多記録に並んだ。2009年のドイツグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のサンマリノグランプリ (ロードレース)

    2009年のサンマリノグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシがポールポジションからシーズン6勝目を挙げた。2位にはホルヘ・ロレンソが入り、両者のポイント差は30に広がった。3位にダニ・ペドロサ、4位にはこのレースからサスペンションをショーワからオーリンズに変更したアンドレア・ドヴィツィオーゾが入った。2009年のサンマリノグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のカタルーニャグランプリ

    2008年のカタルーニャグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは金曜日のフリー走行でホルヘ・ロレンソが転倒時に頭部を強打。ドクターストップがかかって予選・決勝を欠場することになった。決勝では地元カタルーニャ州出身のダニ・ペドロサが独走し、シーズン2勝目を挙げた。バレンティーノ・ロッシはケーシー・ストーナーとのバトルを制して2位でフィニッシュし、ポイントリーダーのロッシとランキング2位のペドロサのポイント差は7に詰まった。2008年のカタルーニャグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のドイツグランプリ (ロードレース)

    2008年のドイツグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝もレインレースとなった。独走していたダニ・ペドロサが転倒後、ポールポジションからスタートしたケーシー・ストーナーがトップに立ちそのまま3連勝、シーズン4勝目を挙げた。続いてバレンティーノ・ロッシが2位でフィニッシュし、ポイントリーダーの座をペドロサから取り戻した。2008年のドイツグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のカタールグランプリ

    2010年のカタールグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、今回ベテランのロリス・カピロッシがグランプリ参戦通算300戦目を迎えた。予選では開幕前テストでの好調を維持したドゥカティ・マルボロのケーシー・ストーナーがポールポジションを獲得、続いてフィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソが2番手・3番手となった。4番手にはホンダ勢最上位となるLCRのランディ・ド・プニエが入った。このレースがMotoGPデビュー戦となるインターウェッテン・ホンダの青山博一は、ルーキーの中では最上位となる10番手からのスタートとなった。2010年のカタールグランプリ フレッシュアイペディアより)

252件中 81 - 90件表示

「バレンティーノ・ロッシ」のニューストピックワード