261件中 81 - 90件表示
  • 2004年のドイツグランプリ (ロードレース)

    2004年のドイツグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、マックス・ビアッジがバレンティーノ・ロッシ、アレックス・バロスらとのバトルを制してシーズン初優勝を遂げた。この結果、今回4位に終わったポイントリーダーのロッシに対しビアッジが僅か1ポイント差の2位に迫ることとなった。ロッシと同ポイントで並んでいたセテ・ジベルナウは2戦連続の転倒リタイヤに終わり、13ポイント差の3位に転落した。2004年のドイツグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のチェコグランプリ

    2004年のチェコグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、セテ・ジベルナウがバレンティーノ・ロッシ、マックス・ビアッジらとのバトルを制し、シーズン3勝目を挙げた。この結果ポイントランキングでは、トップのロッシと2位ジベルナウとの差は17ポイント、3位ビアッジとの差は26ポイントとなった。2004年のチェコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2004年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス予選では、玉田誠が自身初のポールポジションを獲得した。決勝ではバレンティーノ・ロッシが独走でシーズン6勝目を挙げ、玉田はロッシから5秒差の2位となった。これでポイントランキングでは、トップのロッシが2位ジベルナウに29ポイントに差を広げた。ランキング3位のマックス・ビアッジはロリス・カピロッシと接触・リタイヤに終わり、ロッシから51ポイント差となりチャンプ争いから脱落した。2004年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のカタールグランプリ

    2004年のカタールグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、予選8番手のバレンティーノ・ロッシのチームスタッフが、決勝前夜にロッシのスタート位置でスクーターをスピンさせて路面のグリップを上げた行為を咎められ、予選タイムに6秒のペナルティを課せられて最後列からのスタートとなってしまった。ロッシ側の行為を主催者にクレームとして伝えたのは、タイトルを争うライバルのセテ・ジベルナウが所属するグレシーニ・レーシングであり、この事件をきっかけにロッシとジベルナウの間に確執が生まれることとなった。また予選12番手のマックス・ビアッジも同様の行為でペナルティを受けている。2004年のカタールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2004年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝ではポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシが独走でシーズン7勝目を挙げた。ランキング2位のセテ・ジベルナウは調子が上がらず7位に終わり、両者のポイント差は30ポイントに拡大。ロッシがタイトル連覇に王手を掛けることとなった。2004年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)

    2004年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスではバレンティーノ・ロッシが今回タイトルを獲得するには、ランキング2位のセテ・ジベルナウに5ポイント以上差を詰められないことが条件となっていた。決勝レースでは、僅かな逆転の可能性に賭けてポールポジションからスタートしたジベルナウとロッシの熾烈なバトルが展開された。最後は僅か0.097秒差でロッシが抑えきり、シーズン8勝目でチャンピオンを確定させた。これはロッシ自身にとって、ホンダでの3連覇に続いて4年連続となる最高峰クラスタイトル獲得となった。異なるメーカーで連覇を遂げたのは、のエディ・ローソン(ヤマハ→ホンダ)以来の快挙となった。またヤマハにとっては、のウェイン・レイニー以来のライダーズタイトルとなった。2004年のオーストラリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のバレンシアグランプリ

    2004年のバレンシアグランプリから見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでも前戦に4連覇を決めた王者バレンティーノ・ロッシが強さを見せ、シーズン9勝目で2004年を締めくくった。2位には年間ランキング3位のマックス・ビアッジ、3位にはシーズン初の表彰台となったトロイ・ベイリス(ドゥカティ・マルボロ)が続いた。2004年のバレンシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の南アフリカグランプリ (ロードレース)

    2004年の南アフリカグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、ヤマハ移籍後初のレースとなるバレンティーノ・ロッシがマックス・ビアッジ(キャメル・ホンダ・ポンス)とのマッチレースを制し、ヤマハに2002年のマレーシアGP以来となる勝利をもたらした。ウィニングラップ中にコース脇にマシンを停めたロッシはヘルメット越しにYZR-M1にキスをし、この特別な勝利に対する喜びを表した。2004年の南アフリカグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2003年のスペイングランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラスでは、バレンティーノ・ロッシが独走でシーズン2勝目を挙げた。2位はマックス・ビアッジ、3位にはドゥカティのトロイ・ベイリスが入り、MotoGP3戦目にして初表彰台を獲得した。前戦の勝者セテ・ジベルナウは6周目に転倒リタイヤに終わった。ポイントランキングではロッシがトップを維持、2位のビアッジは14ポイント差となった。2003年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のイタリアグランプリ (ロードレース)

    2003年のイタリアグランプリ (ロードレース)から見たバレンティーノ・ロッシバレンティーノ・ロッシ

    MotoGPクラス決勝では、バレンティーノ・ロッシ、ロリス・カピロッシ、マックス・ビアッジの地元イタリア人ライダー3名によるトップ争いが展開された。終盤はカピロッシとビアッジによる激しい2位争いを尻目にロッシがリードを広げ、シーズン3勝目を挙げた。ポイントランキングでは、トップのロッシが2位ビアッジに32ポイント、3位セテ・ジベルナウに43ポイントとアドバンテージを広げた。2003年のイタリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

261件中 81 - 90件表示