215件中 101 - 110件表示
  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たタヴッリア

    バレンティーノ・ロッシはマルケ州ウルビーノで生まれる。家族は彼が子供の頃にタヴッリアに移り住む。父親のグラツィアーノ・ロッシはかつてスズキで活躍したグランプリレーサーで、ロッシは非常に幼くしてモータースポーツを始めた。初めて熱中したのはカートであった。これは母親のステファニアがロッシの身を案じたため、グラツィアーノがバイクの代用品として購入した物であった。しかしながら、絶えずより速くありたいと思う一家は、ロッシの将来計画を再び設計した。グラツィアーノは5歳の息子のために、60ccのカートに代えて100ccのナショナルカートを与えた。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た2008年のアメリカグランプリ (ロードレース)

    は前年にストーナーが独走する大きな要因のひとつとなったブリヂストンタイヤを自身のマシンに採用し、タイヤによるハンディの回復に努めた。序盤はチームメイトで250ccクラスからステップアップしたばかりの新人ホルヘ・ロレンソの驚異的パフォーマンスが話題となる中、ブリヂストンタイヤに慣れる時間を要したのか少々出遅れた感もあった。開幕戦カタールでは5位に終わったものの、第4戦上海でシーズン初勝利を挙げると続く2戦も勝利した。それ以降は第9戦のアッセンを除いて全戦で表彰台に上り、シーズン終盤には5連勝を記録。計9勝で3年ぶりとなるチャンピオンに返り咲いた。ラグナ・セカ(コークスクリューでストーナーにパスされたものの、その後挽回して勝利)と、雨で短縮されたインディアナポリスでの勝利は、ロッシが現在のサーキットではどのようなコースでも勝利できることを証明した。もてぎでの勝利は同コースにおけるMotoGPマシンの初の勝利であり、ホンダのホームコースにおけるヤマハ製マシンの初勝利でもあった。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たモトクロス

    この年は足の他にも、4月にエイヤフィヤトラヨークトルの噴火で日本グランプリが10月に延期された後に行ったモトクロストレーニング中に右肩を負傷している。終盤2戦でチームメイトのロレンソに敗れたロッシは肩の痛みを訴えていた。負傷は当初深刻な物とは見られず、数週間で回復すると予想されたが、予想通りに回復しなかったためシーズン終了後に手術を行い、2011年は回復具合を計りつつ始動することになった。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たレーサー

    バレンティーノ・ロッシ(, 1979年2月16日 - )は、イタリア、ウルビーノ出身のオートバイレーサー。ロードレース世界選手権参戦以来15年間で9回のワールドチャンピオンを獲得しており、「史上最強のライダー」との呼び声も高い。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たカートレーシング

    バレンティーノ・ロッシはマルケ州ウルビーノで生まれる。家族は彼が子供の頃にタヴッリアに移り住む。父親のグラツィアーノ・ロッシはかつてスズキで活躍したグランプリレーサーで、ロッシは非常に幼くしてモータースポーツを始めた。初めて熱中したのはカートであった。これは母親のステファニアがロッシの身を案じたため、グラツィアーノがバイクの代用品として購入した物であった。しかしながら、絶えずより速くありたいと思う一家は、ロッシの将来計画を再び設計した。グラツィアーノは5歳の息子のために、60ccのカートに代えて100ccのナショナルカートを与えた。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た2009年のサンマリノグランプリ (ロードレース)

    第7戦カタルーニャGPではチームメイトのロレンソが優勝、ロッシは2位となりポイント差が1と詰め寄られたが、次戦ダッチTTではポールポジションを獲得、決勝ではマルケスとの長いバトルを制して3勝目を挙げ、3位に入ったロレンソとのポイント差も10へと広がった。ポールトゥフィニッシュは2009年サンマリノGP以来のこととなった。第9戦のザクセンリンクでは3位に入賞しリードを広げ、続くインディアナポリス、チェコでも3位に入賞、連続表彰台の記録も継続した。ロレンソはブルノで勝利し、その時点で勝利数でロッシを上回ってタイトル争いでもリードを取った。次戦イギリスGPはウェットレースとなり、ロッシはマルケスとトップ争いを繰り広げたが、マルケスは転倒リタイア、ロッシがシーズン4勝目を挙げて再びチャンピオン争いでもトップに立った。このレースでロレンソは4位に入賞した。サンマリノGPでは5位となり連続表彰台の記録は16で途切れたが、ロレンソはリタイアしポイント差は23へと広がった。第14戦アラゴンGPではロレンソが優勝、ロッシは3位に入り残り4戦で14ポイント差となる。両者が順調にポイントを積み重ねたことで、ヤマハは以来のマニファクチャラーズタイトルを早々に決定した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た2002年のブラジルグランプリ (ロードレース)

    MotoGP初年度のは2ストローク500ccの参加も認められてはいたが、実際は4ストローク990ccのMotoGPマシンのみでタイトルが争われたシーズンであった。500ccのマシンは本質的には時代遅れであった。ライダー達は新型マシンを用いることで初期問題に苦しめられた。この年、ロッシはワークスのレプソル・ホンダに加入し、新たに投入した4ストロークマシン、RC211Vを駆った。ウェットレースとなった開幕戦の鈴鹿ではワイルドカード出場の地元ライダー達を打ち負かして優勝した。シーズン前半9戦の内8勝を挙げ、結局11勝を挙げる。ロッシは4戦を残してリオデジャネイロで2度目のタイトルを確定した。このシーズン、完走できなかったのは第10戦ブルノのみであった。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たブルノ・サーキット

    しかし、ホームグランプリの第4戦イタリアGPにおいてロッシは2回目のフリープラクティス、ビオンディッティ・コーナーで約の速度で転倒、右の脛骨を複雑骨折した。カットーリカの自宅そばの病院で外科治療を受けた後、今期絶望と診断される。ロッシがレースを欠場するのはそのキャリアにおいて初のことであった。しかしながら、イギリスGPに先だってデイリー・テレグラフ紙のスージー・ペリーはロッシがブルノでの復帰を計画していると伝えた。これは1週間後にロッシ自身によって確認された。7月7日、ロッシはミサノ・サーキットでスーパーバイク仕様のヤマハ・YZF-R1に乗り、脚の回復を確認した。彼は2回のセッションで26ラップを走り、ベストタイムは同サーキットにおける最近のスーパーバイクの最速タイムから2秒落ちであった。セッションを終えるとロッシは不快感を訴え、それは脚と肩の痛みによる物であった。7月12日にはブルノでもテストを行い、ロッシはよりハッピーだと語った。木曜日に医師の診断を受け、ロッシは予定よりも2戦早いドイツGPで松葉杖をつきながら復帰した。これは事故からわずか41日後のことであった。このレースではストーナーとの3位争いに負けて4位でフィニッシュした。続くアメリカGPでは3位表彰台に立った。本人はけがについて「サッカーをやるわけじゃない」と話した。その後も勝利こそ第15戦マレーシアGPのみにとどまったが、終盤5戦はいずれも表彰台に上るなど、安定した走りでシーズン3位の成績を残した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たスネーフェル・マウンテン・コース

    2009年6月8日、ロッシは有名なマン島TTコースで、伝説的存在のライダーであるジャコモ・アゴスチーニと共にエキシビション走行を行った。この周回は「神のラップ」と呼ばれた。この走行は悪天候のため予定より48時間遅れで行われた。彼はまた、2009年のマン島TTレースの表彰式で、表彰台に上ったジョン・マクギネス、スティーヴ・プラッター、ガイ・マーティンに花輪を送った。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た2009年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    序盤は2戦をともに2位で終え、第3戦スペインでシーズン初優勝を記録した。しかし第4戦ルマンではクラス唯一の転倒を喫し、得意にしていた第5戦ムジェロでウェットコンディションによるフラッグtoフラッグの影響もあり3位になるなど若干低迷した。ムジェロで勝利を逃したのはのことであった。しかし、そこからは一気に巻き返し2009年ダッチTTではGP100勝目を挙げる。ロッシはGPで100勝を達成した2人目のライダーとなった。第10戦ドニントンで一度転倒して5位、第12戦インディアナポリスでは転倒リタイヤとなるが、年間通して安定した成績を残していたため大事にならず、ウェットコンディションとなった第16戦のセパンで1戦を残してタイトルを決める。シーズン6勝というのはロッシがタイトルを獲得したシーズンの中で最少の勝利数であった。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

215件中 101 - 110件表示