111件中 21 - 30件表示
  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た宇川徹

    、250ccクラスにステップアップ。同じアプリリアの先輩である原田哲也とロリス・カピロッシが展開するチャンピオン争いに割って入り、ランキング2位。原田とカピロッシの抜けた翌はホンダの宇川徹を下してチャンピオンを獲得した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たグラツィアーノ・ロッシ

    かつてスズキで活躍したGPライダー、グラツィアーノ・ロッシの子として生まれる。父親が強制したわけではないが、幼少のころよりポケバイ・カートに興じ、当時からライディング感覚は優れていたという。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たオリビエ・ジャック

    その一方で近年までは雨には弱く、著しく成績が下がるか転倒といったパターンであった。目立つところでは2001年イタリアGP、本来得意なムジェロで最終ラップで転倒し雨に弱いイメージの一因となっている。しかしここ数年ほどの間に雨を克服したようで、2005年の中国GPでは雨のレースでオリビエ・ジャックを抑え優勝を飾っている。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たホルヘ・ロレンソ

    は前年にストーナーが独走する大きな要因のひとつとなったブリヂストンタイヤを自身のマシンに採用、タイヤによるハンディの回復に努めた。序盤はチームメイトで250ccクラスからステップアップしたばかりの新人ホルヘ・ロレンソの驚異的パフォーマンスが話題となる中、ブリヂストンタイヤに慣れる時間を要したのか少々出遅れた感もあった。第4戦中国GPでシーズン初勝利をあげるとシーズン終盤には5連勝を記録。計9勝で3年ぶりとなるチャンピオンに返り咲いた。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たマイケル・ドゥーハン

    もロッシは11勝でチャンピオンを獲得。これで2001年から続く最高峰クラス連覇を「5」とし、からにかけて500ccクラスを5連覇したマイケル・ドゥーハンの記録に並んだ。はこの記録を「6」に伸ばすべく同じくヤマハで戦ったが、開幕戦スペインGPでスタート直後に後続車に追突されるというアクシデントを皮切りに例年にない苦しいシーズン運びを強いられる。第16戦ポルトガルGPでようやくランキングトップに躍り出たものの、続く最終戦バレンシアGPで転倒。ホンダのニッキー・ヘイデンにタイトルを奪われ6年連続チャンピオン獲得とはならなかった。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たニッキー・ヘイデン

    もロッシは11勝でチャンピオンを獲得。これで2001年から続く最高峰クラス連覇を「5」とし、からにかけて500ccクラスを5連覇したマイケル・ドゥーハンの記録に並んだ。はこの記録を「6」に伸ばすべく同じくヤマハで戦ったが、開幕戦スペインGPでスタート直後に後続車に追突されるというアクシデントを皮切りに例年にない苦しいシーズン運びを強いられる。第16戦ポルトガルGPでようやくランキングトップに躍り出たものの、続く最終戦バレンシアGPで転倒。ホンダのニッキー・ヘイデンにタイトルを奪われ6年連続チャンピオン獲得とはならなかった。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た上田昇

    、イタリア選手権チャンピオンとしてロードレース世界選手権125ccクラスにアプリリアを駆ってデビュー。チェコGPで初優勝を遂げる。この頃は当時125ccクラスを席巻していた日本人ライダーら(青木治親・坂田和人・上田昇など)に親しく接し、現役チャンピオンだった青木はロッシによくアドバイスを与えていたという(後に青木は「あんなに強くなるんなら教えるんじゃなかった」といった旨のコメントをしている)。翌には11勝を挙げ初のチャンピオンに輝いた。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た原田哲也

    、250ccクラスにステップアップ。同じアプリリアの先輩である原田哲也とロリス・カピロッシが展開するチャンピオン争いに割って入り、ランキング2位。原田とカピロッシの抜けた翌はホンダの宇川徹を下してチャンピオンを獲得した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たジェレミー・バージェス

    最高峰の500ccクラスにステップアップするにあたり、ホンダに移籍した。ホンダは、実質ワークス格のチーム、ナストロ・アズーロ・ホンダを結成し、エンジニアにGP界で数々のチャンピオンを生み出したジェレミー・バージェスを起用するという、500ccルーキーとしては破格の待遇でロッシを迎えた。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たマルコ・メランドリ

    その後もロッシはホンダ時代と変わらない強さを見せ、9勝でチャンピオンを獲得。優勝請負人としての仕事を果たしてみせた。ファンや関係者からは「ホンダやヤマハが強いのではなく、ロッシとバージェスのコンビがいるところが強いのだ」といった感想さえ聞こえた。この年のヤマハはロッシの他にカルロス・チェカ、阿部典史、マルコ・メランドリの3人のライダーにも同年式のYZR-M1を与えたが、優勝経験のあるチェカ、阿部も含め、ロッシ以外には誰も勝利を挙げることがなかった。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

111件中 21 - 30件表示

「バレンティーノ・ロッシ」のニューストピックワード