111件中 51 - 60件表示
  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た2003年のバレンシアグランプリ

    最高峰クラスが500ccクラスからMotoGPクラスに移行した、ロッシはワークスのレプソル・ホンダに加入した。ホンダが新たに投入した4ストロークマシン、RC211Vを駆ったロッシはまたしても11勝を記録し、チャンピオンとなった。翌はヤマハからライバルのマックス・ビアッジ、スズキからセテ・ジベルナウが同じホンダ(サテライトチーム)に移籍し、苦しいシーズンになるかと思われたものの、9勝を挙げチャンピオン獲得した。最終戦バレンシアGPでからのヤマハへの移籍を発表した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たポールポジション

    そして挑んだ開幕戦南アフリカGP、ロッシは予選でポールポジションを獲得、決勝でもホンダのエース格・ビアッジとの激しい優勝争いを展開。激闘の末、見事ロッシは移籍初戦を優勝で飾り、ウィニングラップで感動のあまり号泣しマシンにキスをした(自叙伝では「メットの中で大笑いしていたのさ!」と語っている)。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た2010年のフランスグランプリ (ロードレース)

    は開幕戦から1勝を含む3戦連続表彰台を、フランスGPではポールポジションを獲得する走りを見せる。しかし、第4戦イタリアGPのフリー走行での転倒で右足を骨折した。今期絶望といわれたが、ドイツGPから松葉杖をつきながら復帰し、アメリカGPでは3位表彰台に立った。本人はけがについて「サッカーをやるわけじゃない」と話した。その後も勝利こそ第15戦マレーシアGPのみにとどまったが安定した走りでシーズン3位の成績を残した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た2009年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    は最初2戦をともに2位で終え、第3戦スペインでシーズン初優勝を記録した。しかし第4戦ルマンではクラス唯一の転倒を喫する、庭と化していた第5戦ムジェロでウェットコンディションによるフラッグtoフラッグの影響もあり3位になるなど若干低迷、そこからは一気に巻き返し第9戦ドイツで自身GP100勝目を飾り、第10戦ドニントンで一度転倒して5位、第12戦インディアナポリスでは転倒リタイヤとなるが、年間通して安定した成績を残していたため大事にならず(特にドニントンは2位ロレンソが転倒リタイヤ、3位ストーナーはレインタイヤを履くギャンブルに失敗し14位で、逆にポイント差を離す展開になっていた)、1戦残しの第16戦セパンにてチャンピオンを決定した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たホンダ・NSR500

    500cc参戦初年度の、ロッシは最新型ホンダNSR500を駆り大いに注目を集めたが、シーズン序盤は転倒が目立った。シーズンが進むにつれ安定感が現れ、中盤のイギリスGPで初優勝。終盤のリオGPでも優勝し2勝でランキング2位を獲得した。また、日本メーカーであるホンダに移籍したことから、ロッシが出場を望んでいた鈴鹿8耐にも参戦した。コーリン・エドワーズとのペアで挑んだがリタイアに終わった。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た2009年のイタリアグランプリ (ロードレース)

    は最初2戦をともに2位で終え、第3戦スペインでシーズン初優勝を記録した。しかし第4戦ルマンではクラス唯一の転倒を喫する、庭と化していた第5戦ムジェロでウェットコンディションによるフラッグtoフラッグの影響もあり3位になるなど若干低迷、そこからは一気に巻き返し第9戦ドイツで自身GP100勝目を飾り、第10戦ドニントンで一度転倒して5位、第12戦インディアナポリスでは転倒リタイヤとなるが、年間通して安定した成績を残していたため大事にならず(特にドニントンは2位ロレンソが転倒リタイヤ、3位ストーナーはレインタイヤを履くギャンブルに失敗し14位で、逆にポイント差を離す展開になっていた)、1戦残しの第16戦セパンにてチャンピオンを決定した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た2006年のバレンシアグランプリ

    もロッシは11勝でチャンピオンを獲得。これで2001年から続く最高峰クラス連覇を「5」とし、からにかけて500ccクラスを5連覇したマイケル・ドゥーハンの記録に並んだ。はこの記録を「6」に伸ばすべく同じくヤマハで戦ったが、開幕戦スペインGPでスタート直後に後続車に追突されるというアクシデントを皮切りに例年にない苦しいシーズン運びを強いられる。第16戦ポルトガルGPでようやくランキングトップに躍り出たものの、続く最終戦バレンシアGPで転倒。ホンダのニッキー・ヘイデンにタイトルを奪われ6年連続チャンピオン獲得とはならなかった。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見た2007年の日本グランプリ (ロードレース)

    はMotoGPのマシンレギュレーションが変更となり、排気量が800ccに引き下げられエンジン出力が低下した。そのため前年までのマシンに求められた有り余るパワーのコントロールよりも、コーナリングスピードを高め限られたパワーを使い切るスタイルが求められるようになった。このようなスタイルは比較的250ccクラスのそれに似ており、2004年・2005年と250ccクラスを連覇したダニ・ペドロサがロッシの強力なライバルとして予想されていた。しかし開幕してみるとペドロサと同じく250cc出身でMotoGPクラス2年目のケーシー・ストーナー(ドゥカティ)が圧倒的な強さで勝利を重ね選手権をリードした。ロッシも4勝し何とか食らいついたが敵わず、終盤の日本GPでチャンピオンを逃した。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たワークス・チーム

    最高峰の500ccクラスにステップアップするにあたり、ホンダに移籍した。ホンダは、実質ワークス格のチーム、ナストロ・アズーロ・ホンダを結成し、エンジニアにGP界で数々のチャンピオンを生み出したジェレミー・バージェスを起用するという、500ccルーキーとしては破格の待遇でロッシを迎えた。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • バレンティーノ・ロッシ

    バレンティーノ・ロッシから見たワイルドカード (スポーツ)

    若手時代、日本人GPライダー阿部典史の大ファンだったことで知られ(阿部がワイルドカード参戦した日本GPの走りを見て憧れたという)、阿部への尊敬から自らにろっしふみ(ロッシ+のりふみ)というニックネームを付けたほどだった。また、阿部のニックネーム「ノリック」にならい、Valentinic(バレンティニック)と書いたロゴをマシンに貼ったこともある。それ故2007年10月阿部の交通事故死に対し、ロッシは大きなショックを受け、直後に行われたオーストラリアGPで「ノリックは僕のアイドル。唯一サインを求めたライダーだ」と阿部への追悼コメントを述べ、決勝には喪章を付けて臨んだ。バレンティーノ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

111件中 51 - 60件表示

「バレンティーノ・ロッシ」のニューストピックワード